FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールドレンズについて、少しご説明を。

今のレンズとは違って、オールドレンズには特徴的なボケや描写をするものがあります。

そして、それこそがオールドレンズの魅力と言えます。

そもそも、オールドレンズと言うと、昔生産されていた古いレンズという意味ですが、厳密な定義はなく、一般にはマニュアルフォーカスの30年前くらいまでのレンズを指すと考えています。

今のレンズはコンピューターを使って、光路設計を行い、レンズの諸収差(描写に問題となる悪いクセ)を極力取り除く様にしています。
材料の光学ガラスも多種多様な改良が図られ、非球面レンズも一般化しつつあります。
また、マルチコーティングのおかげで透過率が高くなり、逆光にも強くなっています。

(コーティングとは光学レンズ表面に薬剤を蒸着させ、光の通過率を高め、色調を整える技術)

しかし、古いレンズはレンズ設計を手計算で行っており、その為、計算能力が充分とは言えず、レンズ設計技術者が、勘と経験を頼りに、レンズの組み合わせを考え、試行錯誤を繰り返した上で、作られたものが多く、設計者の個性や、考え方が如実に現れていると言えます。

また、時代によっては、使用している光学ガラスの性能が充分でなかったり、コーティングがされていないレンズもあります。

結果として、諸収差の補正が不充分だったり、逆光に弱かったりして、それが特徴的な描写に繋がっています。

その極端な例が、バブルボケ、ぐるぐるボケといったものです。

バブルボケだと、Meyer Optik Golritz のTrioplan、Domiplan、後継のPENTACON製のものなど。
ぐるぐるボケだと、Carl ZeissのBiotarや、そのソ連製改良版のHerios40/44と言ったレンズが有名です。


49368794_1230890560402202_178133785781469184_n.jpg

49321412_1230890657068859_4831165736380530688_n.jpg
バブルボケの一例 PENTACON AV 100mm F2.8使用

49209816_1230890610402197_3682354098864128000_n.jpg

49603470_1230890583735533_1478509579313610752_n.jpg
ぐるぐるボケの一例 Tair11 133mm F2.8使用


国産のレンズで、30年前くらいのものとなるとコンピューター設計となり、ガラス材の性能やコーティング技術も向上しており、現在のレンズとほぼ遜色ない性能で、オールドレンズらしさが無いものが多くあります。

ただ、ソ連製や東ドイツ製などのレンズの場合、コストダウンの為のモデルチェンジしか行われず、ソ連崩壊、東西ドイツ合併まで性能向上目的のモデルチェンジは殆ど行われませんでした。
その為、そのレンズ開発当時の特徴がそのまま残ったものも数多くあります。

オールドレンズの紹介では、これらの不思議な特徴を残したレンズが殊更強調されて紹介されています。

それじゃ、その他のオールドレンズでは出来ないのかと言うと、案外そうではなく、効果の差はあるものの、他のレンズでも作る事は出来ます。

こうした極端なクセのあるレンズも、遠景を絞りを絞って撮影すれば、それほど酷いクセは出ないのですが、近景を絞りを開けて撮影すると、そうしたクセが強調される場合が多くなります。

最近のオールドレンズブームで、バブルボケやら、ぐるぐるボケするレンズが人気となっており、中でも、M42マウントのレンズはユニバーサルマウントとして数多くのカメラメーカーに採用されていた為、比較的汎用性が高い事もあり、価格も上昇してきつつあります。
ただ、その中でもソ連製レンズや、東ドイツ製のMeyer Optik Golritz/PENTACONのレンズは50~30年程前に乱造されていた事もあり、余程拘らない限りはまだまだ安価に入手出来ます。
最も、後期には極端に安価に大量生産されていたものもあり、その状態をきちんと判断する必要はあります。

国産のレンズを含め、特徴的な描写をするものはコンピューター設計以前のものが多いのは先述した通り。

昔は、35mm版フィルム使用のレンズ交換式カメラでは、距離計連動式カメラのLeica(ライカ)マウント(φ39スクリューマウント、俗にL39マウント)や、Contax(コンタックス)マウント。
一眼レフカメラの時代になると、PRACTICA(プラクチカ)マウント(φ42スクリューマウント、俗に M42マウント)や、EXAKTA(エキザクタ)マウントといったレンズマウントがユニバーサルマウントとして、多くのカメラメーカーが採用し、また、多くのレンズメーカーがレンズを供給し、お互いに違うメーカーのカメラとレンズを組み合わせて使う事が出来ました。

特に、35mm映画用フィルムを使ったカメラのパイオニアであったLeicaスクリュー (L39) マウント、そして一眼レフカメラ時代の先鞭をつけたPRACTICA (M42) マウントはいずれもスクリューネジ式のマウントであり、工作が簡単であった事から多くのカメラメーカーに支持され、多数のレンズメーカーが、これらのカメラメーカーにレンズを供給しました。

ところが、カメラの性能が上がるにつれ、カメラとレンズ間の連携が必要となり、また、それぞれのカメラメーカーの思惑から、ユーザーの囲い込みを目指していった為、次第にレンズマウントの互換性が失われてしまいました。

あるメーカーのカメラを買うと、そのカメラメーカーのレンズを買わないと使えないという事になって行きました。

例えば、Nikon(ニコン)だとFマウント、Canon(キャノン)だとEFマウントやFD/FL/Rマウントと言った具合です。

マウントアダプターを使えば他社製の交換レンズを使えはするのですが、それは機能制限があって使い難くなります。

スクリューネジ式のM42マウントも例外ではなく、日本製のPENTAXとFUJICAではそれぞれに開放測光の方式が異なった為、同じM42スクリューマウントでも交換しては使えないなんて状況も生まれてしまいました。

ところが、デジタルカメラの中でも、ミラーレスレンズ交換式カメラの登場により、デジタルカメラで古いレンズがほぼ制限無く使用出来る様になりました。

当然、マウントアダプターは必要にはなるのですが、オートフォーカスを使わないのを厭わなければ、星の数ほどあるオールドレンズをマニュアルフォーカスで使う事が可能です。

特に SONY α7シリーズが登場してからは、35mm版オールドレンズが、そのままの画角で使える事から、ますますオールドレンズに嵌まる人が増えた様に感じます。
僕もそのひとりになるのでしょうが…
(更に2018年にはNikon、Canonも35mm版フルサイズのミラーレスカメラの発売を開始しました。)

なぜ、ミラーレスカメラの時代になって、昔のカメラの交換レンズが使える様になったのでしょうか?

秘密は、フランジバック。

一眼レフカメラの場合、レンズを通した光を反射鏡で跳ね上げ、さらにそれをペンタプリズムで2度折り曲げてファインダーで覗く事になります。

ミラーレスカメラの場合、レンズを通した光を直接センサーで捉えて、その画像を背面モニターか、ファインダーのモニターで確認出来ます。

一眼レフカメラと異なり、反射鏡や、ペンタプリズムの必要が無くなり、レンズマウントからセンサーまでの距離(これをフランジバックと言います。)が短く出来ます。

フランジバックが極端に短くなり、小型計量なカメラを作る事が出来、さらに多くのマニュアルフォーカス交換レンズが使える様になりました。

ですから、マニュアルフォーカスでのピント合わせさえ厭わなければ、昔のレンズが使える訳です。

カメラに依っては、ファインダーの拡大表示や、ピーキング機能がついており、一眼レフカメラでは出来なかったピント合わせのサポート機能もついています。

最新のデジカメを使って、時代を越えて、古のお気に入りのレンズを使って、じっくりピントを合わせて写真を撮る事が出来るのです。

フィルム代、現像代を気にせず撮影出来、また、そのレンズの特徴、クセ、仕上がりをモニターで確認しながら撮影出来る、そんな夢の様な時代がやって来ました。

49517047_1230894103735181_2831745888999702528_o.jpg
夢を拡げてくれるマウントアダプター各種
(これらは自作したものですけども…)


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2019/01/04 23:35】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |
VS8501.jpg



購入して以来、お気に入りの1本といえば、このレンズ。

minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8

球面収差を自在に調整出来るのが特徴で、ソフトモードを変化させ、美しいハロを伴うソフトフォーカスを演出出来ます。

ソフトモードを解除するとシャープな85mm F2.8レンズとしても使用できます。
VS8502.jpg
シャープモード(SOFT=0 位置)

VS8503.jpg
ソフトモード(SOFT=3 位置)



購入したのは、今から四半世紀も昔の事。

当時、MINOLTA が発売したα7000/α9000という実用レベルのオートフォーカス一眼レフカメラの登場によるαショックから、多くのユーザーがマニュアルフォーカスのカメラレンズを手放し、オートフォーカスカメラシステムに乗り換えました。

特に MINOLTA のユーザーにとってはαシステムはレンズマウントも変更された為、多くの MINOLTA ユーザーがカメラだけではなく、交換レンズも売りに出されました。

そんな中、このレンズを見つけて、手に入れた訳です。


そうは言っても、それなりにプレミアもついていて、貧乏サラリーマンには決して安くは無かったんですけども。

minolta がそのレンズラインナップにおいて、注力していた特殊レンズのひとつであり、その価値が知りたかったから、どうしても欲しい1本だったのです。

当初、気に入って、盛んに取り出しては使っていたのですが、撮影した友人たちには、ボケてる、ぼやけてると云われ評判は散々でした。


さて、このレンズもそんなこんなで永い事、防湿庫の片隅に追いやられてしまっていたのですが、2013年に SONY が、35mm判フルサイズのミラーレスカメラとして、α7を発売して、マウントアダプターを介して、従来のマニュアルフォーカスレンズが使える様になったので、チャンスとばかり、いそいそとその年のルミナリエに持ち出しました。


その時の衝撃は忘れられません。


レンズを通した幻想的な明かりをソフトフォーカスモードにしてファインダーを覗いた途端、驚愕の世界が拡がったのですから。


このレンズの特徴は、芯は残しつつも、柔らかなソフトフォーカスを演出する描写にあります。

このレンズを購入した当時、使っていた一眼レフカメラのフォーカシングスクリーンは、明るくピント合わせがし易いと評判のアキュートマットスクリーンが装備されていました。

当然、一眼レフカメラですから、見えるものがそのまま写るものと思っていたのですが、このレンズの場合、少し違う工夫が必要だったのです。

アキュートマットスクリーンはピント合わせには非常に優れたフォーカシングスクリーンなのですが、意外とこうした特殊効果の効果は判り難いものなのでした。

そして、その事が本当に理解出来る様になるには、デジタルミラーレスカメラの登場まで待たないとダメだったという事なのです。



さて、minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8。

ソフトフォーカスモードにすると、明暗差の大きなものの場合、柔らかいベールが画面全体を覆って、美しいハロを作り出すのですが、実は適正露出だと、イマイチその効果は薄いのです。

またアキュートマットスクリーンでは、その効果が大きめに見えて、実際に作られる画像とは差が生じていました。

そもそもフィルムカメラの場合、撮影時と、写真の上がりに時差が生じる為に、その時の状況、イメージが再現出来ず、撮影したものと、出来上がった写真とのギャップには、常に悩まされていたのでした。

プロのカメラマンでも無いし、撮影するショットとフィルムの現像はそれほど多い訳でもないし。

何より、フィルムの現像、プリントには結構な費用を要しましたから、なかなかそのレンズの性能を吟味しつくすところまでは行き着きませんでした。


ところが、ミラーレスデジタルカメラなら、撮ったその場で確認が出来ますから、撮影したイメージと、出来上がった写真の差をその場で修正が出来ますし、設定を変えて効果の確認も出来ます。

露出を適正から、ずらしたりして、いろいろ試してみると、明暗差が大きいほど、輝度差が大きいほど、美しいソフトフォーカスが得られる事が判ってきました。

更に試してみると、条件によっては、クリスマスツリーのガラスの玉の様な、美しい光の玉を作る事が出来る事も判ってきました。

単にソフトフォーカスを生み出すだけではなく、更にその場をより以上に幻想的な世界に創り替え、演出する事が出来るのです。

これこそ写真独特の世界、そのレンズでしかなし得ない世界だといえます。

LEICA のタンバールもそうしたレンズとの事なのですが、効果そのものは手探りだっただけに、なかなか浸透しない世界だったとも思います。

ましてや LEICA の場合、レンジファインダーカメラでレンズの効果の確認すら出来ない訳ですから…


ファインダー、もしくは背面液晶画面で見たままに、写せる、その効果を試せるのはミラーレスカメラならでは、一眼レフカメラでは望むべくも無い芸当だと思えてきます。

以来、このレンズ本当に手放せない一本になっています。


VS8504.jpg
神戸ルミナリエ2013にて

VS8505.jpg
神戸ルミナリエ2014にて

VS8518.jpg
神戸ルミナリエ2014にて
クリスマスツリーのオーナメントのガラスの玉の様な光の玉が見られます。

VS8506.jpg
神戸ルミナリエ2017にて

VS8507.jpg
神戸ルミナリエ2017にて

VS8508.jpg
神戸ルミナリエ2013にて

VS8509.jpg
神戸ルミナリエ2013にて

VS8510.jpg
神戸ルミナリエ2013にて

VS8511.jpg
JR大阪駅 時空の広場にて

VS8512.jpg
台湾 懇丁の夜

VS8513.jpg
台湾 懇丁の夜

VS8514.jpg
京都 紅葉

VS8515.jpg
京都 白河にて

VS8516.jpg
京都 先斗町にて

VS8517.jpg
京都 哲学の道 (これはシャープモード)


追記を閉じる▲

【2018/12/04 22:00】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |
所有していたものの、永らく防湿庫の肥やしになっていたレンズ。

結構あるものですが、これもそうしたレンズのひとつ。

minolta MC ROKKOR-PF 85mm F1.7

mc8501.jpg


購入した当時は、これの MD ROKKOR 版が欲しくて、探したものの見つからず、悔しい思いをしていました。

実は、その minolta MD ROKKOR 85mm F1.7 は確かに生産されたものの、生産開始後すぐに後継モデルの minolta MD ROKKOR 85mm F2にモデルチェンジしてしまい、生産本数がかなり少なかった様なのです。

折角、モデルチェンジしたにも関わらず、開放絞り値が半絞り暗くなった事から、各レビューでの描写性能の評価は高かったものの、僕の入手候補からは外れてしまいました。

その後、αシリーズの登場と共に MINOLTA AF 85mm F1.4 が登場したのですが、マニュアルフォーカスレンズのシリーズには、遂にこうした高性能レンズは出ませんでした。

minolta MD ROKKOR 85mm F1.7 を手に入れられなかった悔しさもあったのですが、それ以上に minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 を同時に持っていただけに、このレンズを取り出す必然性が低かったのも確かです。

VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 は開放F値ではやや劣るものの、シャープモードにすると、ソフトフォーカスと、通常描写の、それはそれは綺麗な描写をしますから、持ち出すのには2度美味しいレンズだったのです。


永い事、防湿庫の肥やしになっていたこのレンズですが、最近、minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 のあまりに妖しい描写に惹かれてから、そう言えば、これはどうなんだろうと、思い出したという訳です。

そもそも、minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 も SONY α7 と組み合わせて、初めてその魅力を再認識したぐらいですから、僕の評価基準なんて本当にあいまいですから…


試してみたところ、色合いはいかにも ROKKOR といった、濃厚な色が綺麗に出ます。

そして、ボケ味の柔らかさときたら…

心底惚れ直しました。


本当に良いレンズだと思います。


いつかは MINOLTA AF 85mm F1.4G をと思っていたのですが、このレンズの再評価が固まるまでは、手出しをすまいと思い始めました。

だから、まだしばらく購入は先回しになりそうです。


mc8502.jpg
京都 車折神社にて

mc8503.jpg
京都 車折神社にて

mc8504.jpg
京都 車折神社にて

mc8505.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて

mc8506.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて

mc8507.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて


追記を閉じる▲

【2018/12/03 23:18】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |
Schneider-Kreuznach Componar 75mm F4.5

Componar002.jpg



引き伸ばし用レンズです。
75mmという事は、6×6版用の引き伸ばしレンズだと想像しています。

Schneider-Kreuznach (シュナイダー・クロイツナッハ)はドイツの光学メーカーで、あのライカにもレンズを供給していた名門です。

描写性能はかなりのものなのですが、このレンズ、絞りの形が特異で4枚羽根。

かっちりした正方形になります。
Wikipediaによると、こんな説明がされています。

3群3枚。極めて希な正方形絞りを採用しているので一般撮影に使用する場合はこの点に留意したい。
背景に光源ボケが入ると四角い白いパターンが入り極めて不快な画像になる。
但し、接写性能は非常に高い。

真四角な絞りって…

こういうのを知ると、溜まらず手を出してしまいます。
(困ったもんだ…)

ebayで入手して、送料込みで約5千円。

届いたレンズは曇りも、傷も無く、とても綺麗なものでした。

しかし、この小ささときたら…


Componar005.jpg
絞り開放 F4.5

Componar006.jpg
絞り F8 ご覧の様に、見事な正方形です。(笑)

Componar004.jpg
以前、手に入れた Konishiroku Konitor 50mm F4.5 よりも小さい…

Componar003.jpg
このCマウント→L39マウントの変換アダプターを見つけて、ようやくレンズとして組めました。




75mmという焦点距離で考えるとかなり小さいと思います。

しかもCマウント(25mm径)らしく、アダプターが作れない。

フィルター用のステップアップリングを購入して使おうとしたら、嵌まらない…

ネジのピッチが異なる様です。

そこで色々探して、Cマウントの変換アダプターを手に入れ、ようやく組み立て。

さて、その写りは?

絞り開放だと問題はありません。

一段絞ってF5.6に

しっかりと正方形の絞りになります。


ピントを合わせて撮影したら…


背景は独特のボケ味を発生させます。


まるで壁紙の様な独特のパターン。


これを不快と思うか、面白いと思うかで評価は二分されると思います。

個人的な感想としては…

有り


ですね。


まるで水彩画の筆のタッチの様に背景ボケが出る様に工夫すると、面白い絵が作れそうです。

ピントがシャープなだけに上手く背景とのバランスを保てば、かなり使えそうなレンズです。



DSC09790.jpg
キバナコスモス
背景が四角い絞りの影響で、まるでパターンのついた壁紙みたいになっています。

DSC09796.jpg

DSC09795.jpg

DSC09322.jpg

DSC09321.jpg

DSC09318.jpg

DSC09302.jpg
シジミチョウ
背景の硬いボケは好みの分かれるところでしょうが、対象物によっては有りなのではないかと思っています。

DSC09323.jpg
トンボ
ピントの芯は素晴らしいと思います。

DSC09325.jpg
絞り開放でも解像度はかなりのもの

DSC09301.jpg
猫の置物
四角い背景のボケのせいでより造型物の様に見える気がしています。


追記を閉じる▲

【2018/11/13 22:57】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |
飛び飛びになってしまいましたが、最終回。


CDJ2018501.jpg
ホテルからの風景



7月30日(月)

旅行最終日。


函館観光です。


まずは、朝ご飯。

函館駅横の朝市へ行き、豚一家も訪れた『一花亭 たびじ』へ。

あまりお腹が空いていないという妻娘。

僕は、活いか踊り丼にして、女房はカニクリームコロッケ、娘は活いか刺し。

僕の料理が届いた時に、隣に座った外国人のカップルが「おおっ??」

写真を撮っても好いですか?

と聞いてきたので、「どうぞ、どうぞ…」

タイの添乗員さんだそう。

美味しい活いかを堪能しました。

CDJ2018508.jpg
一花亭たびじ

CDJ2018509.jpg
活いか丼

CDJ2018510.jpg
活いか刺し
お醤油をかけまわすと驚きの展開に…(笑)


CDJ2018502.jpg

CDJ2018503.jpg

CDJ2018504.jpg

CDJ2018505.jpg

CDJ2018506.jpg

CDJ2018507.jpg
函館朝市
(先日の地震で随分客足が遠のいたと聞いていますが…少しは戻ったのかなぁ?)

CDJ2018511.jpg
名前に惹かれて…


朝市をぶらぶら。

イカ釣りしているのを見物し、摩周丸を遠望。

CDJ2018512.jpg
青函連絡船 摩周丸

CDJ2018513.jpg
昨夜こうだったらねぇ…(残念!)


しかし、いずれにしても前日までと打って変って、この日は暑く、そうそうに切り上げて、五稜郭へ。

移動途中に、土方歳三最期の地の碑があるのを知って、そこを見物。

CDJ2018514.jpg

CDJ2018515.jpg

CDJ2018516.jpg

CDJ2018517.jpg
新撰組(当時は新撰隊)副長 土方歳三最期の地。



そして五稜郭。

日本でほぼ完全な形で残された近代城郭です。

もっとも、想定よりも大砲の性能が良くなっており、完成当時に既に旧式化していたのは、いかにも日本らしいミス。

五稜郭タワーに上り、上からの景色を眺め、今度は降りて、実際に五稜郭へ。

CDJ2018518.jpg
五稜郭タワー

CDJ2018519.jpg
当時の大砲
(これを見て、前日に見せてもらったポン菓子機の出来の素晴らしさが娘にも理解出来た様子。)

CDJ2018520.jpg
土方歳三像


石組みやら、土塁の具合を見て楽しみました。

そして、中の函館奉行所へ

本丸御殿などに匹敵する建物であり、当時そのままの再現をしているのですが、例えば、名古屋城の本丸御殿などに比べると遥かに簡素です。

襖絵も無く、天井も簡素そのもの。

でも、奉行の座の後の床の間と違い棚の木材はケヤキの一枚板の素晴らしいもので、今これだけの材木手に入れるだけで大変だったろうなと感心しました。

CDJ2018521.jpg
五稜郭タワーから見た、五稜郭全景

CDJ2018522.jpg

CDJ2018523.jpg

CDJ2018524.jpg
前日、函館山を覆っていた雲がまたしても生成されていく様子が見られました。

CDJ2018525.jpg
野外劇の会場。
この上空のワイヤーを使って上野山さん作のB-29が登場したハズ。

CDJ2018526.jpg

CDJ2018527.jpg

CDJ2018528.jpg

CDJ2018529.jpg
木造再建された函館奉行所

CDJ2018530.jpg

CDJ2018531.jpg

CDJ2018532.jpg

CDJ2018533.jpg

CDJ2018534.jpg
函館奉行所の内部



少し早かったのですが、五稜郭タワー下の土産物店で土産を物色し、移動。


昼ご飯は『ラッキーピエロ 戸倉店』。

豚一家も訪れた店です。

またしても、妻娘はお腹空いてない状態だと言うので、ひとりで2品。

人気№ワンセット(人気のチャイニーズチキンバーガーのセット)と肉食べようハンバーガー。

これを3人で。

肉食べようハンバーガー、びっくりだったのはハンバーグでチーズを挟んであった事。

正直美味しかったです。これ。

CDJ2018535.jpg

CDJ2018536.jpg
ラッキーピエロ 『戸倉店』

CDJ2018537.jpg

CDJ2018538.jpg
人気のチャイニーズチキンバーガー

CDJ2018539.jpg
仰天!
肉食べようハンバーガー



そして、最後の経由地

『コーヒールームきくち』

『水曜どうでしょう~対決列島』で緒戦の場となった場所です。

番組中では200m離れたところが決戦の場と言っていますが、正直100mくらいしか無いです。

ミックスとモカを買って、3人で食べました。

CDJ2018542.jpg
コーヒールーム『きくち』

CDJ2018544.jpg

CDJ2018543.jpg

CDJ2018545.jpg

CDJ2018546.jpg
モカ(左)とミックス(右)
溶け易いので、早く!!

CDJ2018547.jpg



レンタカーを返し、函館空港へ

荷物を整理し直して、預け。

無事旅行終了。

楽しい旅でした。

お会い出来た方々、本当にありがとうございました。

CDJ2018540.jpg
函館空港からの風景
函館山が見えました。

CDJ2018541.jpg
無事、伊丹空港到着。

最初から読む


追記を閉じる▲

【2018/09/24 18:48】 | 旅行記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。