FC2ブログ
僕の作るフィギュアの塗装って結構、雑だと思っています。
事、顔の塗装はそうじゃないかと感じています。

市販の商品など随分と綺麗な塗装で、中には義眼が入れてあって、動かして表情を作る事が出来るものなんてのもある訳なのですが、正直僕は好きじゃありません。
リアルと言うよりは、気持ち悪いんですよねぇ。

僕の作るフィギュアの場合、基本的に1/12スケールという、いわゆるドールハウスサイズのフィギュアなので、そこまで作り込めない(作り込まない)からでもあるのですが、眼がリアル過ぎると、逆にフィギュアに動きが演出できないからでもあるのです。

これは舞台芸術を切り取った絵を多く手掛けているロバート・ハインデルの作品などにも言える事だと思います。

彼の作品って、正直かなりラフな絵なんですよねぇ。

しかし、不思議な事に見る角度、見る位置によって、素晴らしい動きが生まれて、あたかも絵の中の人たちが動き出す様に見えてきます。

昔、フランス ル・アーブル美術館の作品を、大阪梅田のナビオ阪急にあったナビオ美術館で展示した小さな展覧会があったのですが、その時に見た小品の絵画にすっかり度肝を抜かれた事があります。

作者の名前を覚えておらず(たぶんブーダンの作品ではなかったかと思うのですが…)、すっかり感動してグッズの絵はがきも買ったのですが、それも行方不明なので今となっては確かめようがありません。


その絵は非常に小さな作品で、B5版くらいのサイズの絵でした。

そして、そこには川辺の草原で草を食む2頭の牛が描かれていました。

かなりラフなタッチで描かれた牛の絵なのですが、良く見ると牛の顔の眼も、口も荒っぽいタッチで、全くリアルじゃありません。
それどころか、その眼や口の形すら荒っぽい筆遣いのせいでハッキリしないのです。

しかし不思議な事に、ほんの少し離れた場所から眺めると、川辺で牛が草を食みくつろいでいます。
牛の表情までリアルに見えてくるのです。

正直、これは何なんだと困惑しました。

牛が動いて見える…。


ロバート・ハインデルの作品を見た時にも感じた事なのですが、これは人の眼の為せる業を逆利用した手法だと思っています。

人の眼は見たものをそのまま映し出すのではなく、脳内で処理されている映像を見ています。
従って、実際に見えているものと異なる映像が頭に浮かんでしまうと言う事が起こりえます。

よく斜線の沢山描かれた中にある長さの違う直線や、角度の違う机の絵で同じ形を選べなんてイジワルなクイズがあるでしょ。
あれと同じで、人は見たものを脳内処理して、それまでの経験則から近いものを割り出して判断している訳です。
従って、その経験則から外れてしまうと、判断を誤ったり、とても気持ちの悪い状態になってしまったりする訳です。
交通事故の良く起こる場所が、そうした視覚上のトリックがある場所だったりしますよね。

話を戻しますが、僕の場合、フィギュアの塗装に当たっては、かなりラフな仕上げをしていると思います。
眼の塗装も、綺麗に描きこむのではなく、意図的に視線をずらすと動きが出来る様なそんな塗装を心がけています。
だから、見る角度によって、動きが生まれれば、それで正解。
成功だと思っています。

絵画で言うと、古典派の画家の作品って、綺麗だけど、まるで精気を感じません。
写真とも違う、動きはないし、まるで魂そのものが抜け出した様な絵が多い気がします。

翻って、印象派の作品だとラフなタッチの筆遣いが好きかどうかは別として、比較的動きのある作品が多い様に感じます。
少なくとも古典派の絵画よりは生き生きしたイメージに繋がっている様なそんな気がしています。

出来る事ならば、ポーズは変えられないけど、だからこそ、そのワンカットのシーンを切り出して、動きのあるフィギュアにしたいと思っています。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2016/11/06 14:47】 | 模型製作
トラックバック(0) |
ACS222.jpg



完成した雷神丸フィギュア

ご覧ください。

こんな形で展示してもらいました。


ACS201A.jpg

ACS202A.jpg

ACS203.jpg

ACS204.jpg

ACS205.jpg

ACS206.jpg

ACS207.jpg

ACS209.jpg

ACS210.jpg

ACS212.jpg

ACS213.jpg

ACS211.jpg

ACS214.jpg

ACS215.jpg

ACS216.jpg

ACS218A.jpg

ACS219A.jpg


ACS217.jpg
最終的にスタンドを取り付けて完成。

ACS220.jpg
最初はこんな感じでした。

ACS221.jpg
実物の雷神丸のマスクと…

(最初から読む)


追記を閉じる▲

【2014/11/06 23:53】 | 模型製作
トラックバック(0) |
ACS211.jpg



最終回です。
なんだかんだで遅れついでに武器も製作する事にしました。
どうやらイラストを見る限り、ホーン(クラクション)にトリガーをつけて銃っぽくしたものの様なので、ホーン部と、その取り付け部分は旋盤加工して作り、銃はガンプラ用のパーツから流用しました。
これも、後で来た写真に小さく写っていたのですが…
やはり、違ってた。(笑)

6日に加工用のレジンのブロックを作って、7日にそれを旋盤加工して…、
端末は衣装には無かったものの、ロケットらしくする為にアルミの削り出しのバーニアを取り付けました。
これはヨドバシカメラのガンプラコーナーでいろいろ想像しながらいくつか購入したものなのですが、無駄にするのも惜しかったし、フィギュアならではの表現方法も有りかと考えての結果です。


ACS120.jpg
胴体部分は可動式にした上で内部の形が気に入らず、表に布を貼る事に。

ACS121.jpg
少々工夫が必要でしたが…

ACS122.jpg
いい感じで皺が入る様に工夫しました。

ACS124.jpg
胸のプロテクターを着けます。

ACS125.jpg
パンツも赤い布を貼ります。(笑)

ACS126.jpg
前は… 笑えますな。このままだと。

ACS127.jpg
こうだもの。

ACS128.jpg
塗装完成。そして組み立て。

ACS129.jpg
赤いライトパーツの取り付け。そしてデカール貼り付け。
いよいよ完成に近づいてきました。

ACS130.jpg
ほぼイラストイメージ通りだと思うのだけど…

ACS131.jpg
上半身のアップ

ACS132.jpg
脚部のアップ

ACS133.jpg
背面。

ACS134.jpg
アップ。

ACS135.jpg
頭部のほぼ完成状態。あとは透明パーツの取り付け。

ACS136.jpg
側面から

ACS141.jpg
兵器のイラスト。

ACS142.jpg
メインのパーツは旋盤からの削り出し。(こちらはロケットの製作中)

ACS143.jpg
パーツの完成。

ACS144.jpg
パーツの組み立て。

ACS145.jpg
別角度から

ACS146.jpg
サーフェーサーを吹いて塗装待ち。

結局完成できたのは10月8日。
直接10月10日にお持ちする事になりました。

かえすがえすも間に合ったのにって思うとそれだけが残念です。

とにかく、完成したフィギュアを10月10日に納品したのですが、劇団の方々には好評を持って迎えて頂けました。
それが最高の誇りです。

また、機会があれば挑戦したいですが、出来ればデザイナーの方と直接連絡取れる状況であれば、もっと早く完成できるかな…
そう感じています。


(完成写真集へ)
(最初から読む)



追記を閉じる▲

【2014/11/06 23:22】 | 模型製作
トラックバック(0) |
ACS213.jpg

少し間が空きましたが、続きです。




最後まで確たるデータがもらえず、色々悩んだ結果、組み合わせるカラーは、当初蛍光ピンクとメタリックパープルとしたのですが、蛍光ピンクにしたところ塗装面が割れるという問題が発生し、結局メタリックレッドに変更しました。

文字、及びイラスト(旭日マークと雷神図)はデカール仕上げ
ただし、イラストにある勘亭流のフォントが無く、イラストから拡大して手書きでトレースしたものをデカール処理しました。

体中についている赤いランプ状のものはちょうど大きさに見合うものが無く、バキュームフォームで透明塩ビ板から作り、それを切り出して、着色して透明ボンドで貼り付けてあります。

また頭部のクリアパーツは3ミリ厚のアクリル板から切り出して形をヤスリとサンドペーパーで研磨して整え、それを#400、#600、#800、#1000、#2000と何度もサンドペーパーで研磨して行き、最後はコンパウンドで磨いてきちんとした透明パーツに仕上げています。

最後まで苦戦したのが背中のロケットで、これはアイデアは聞いていたものの、イラストに無く、実際に衣装が完成するまで手を付ける事が出来ませんでした。

最終の塗装決定とロケット部品の形状決定後の製作の為、9月29日に休みを取って連絡を待ったものの、音沙汰無し。
(恐らくは開幕直前でそんな余裕無かったと推察しています。)
やむなく、塗装は腹をくくって個人的な好みで塗る事にしたのですが、ロケットについてはさすがに資料が無い為、作る事が出来ず、さらに連絡ミスから10月5日も棒に振る事になりました。
連絡を取って衣装の写真が来たのは5日の深夜…
しかし、その写真を見て、正直ぶっ飛びましたね。
そう来たかと。

ACS101.jpg
本体色はイラストでは指定が無く、悩んだ末、勝手にシルバーにしてしまいました。

ACS102.jpg
当初は縁の色を蛍光ピンクにしようと思って塗装。

ACS103.jpg
ところがうまく行かず、メタリックレッドに変更することに。

ACS104.jpg
部分的に色分けも進行。

ACS105.jpg
パーツも塗装中。

ACS106.jpg
組み立ても進行。

ACS107.jpg
期待が高まります。

ACS108.jpg
頭部の塗り分け

ACS109.jpg
後から

ACS110.jpg
反対側から

ACS111.jpg
脚部の組み立て

ACS112.jpg
後から

ACS113.jpg
頭部の塗装完成。

ACS114.jpg
別角度から。

ACS115.jpg
側面。

ACS116.jpg
ボディの塗装完成。

ACS117.jpg

ACS119.jpg
デカールも完成。

ACS118.jpg
頭部につける透明パーツは3mm厚のアクリル板からの削り出し。
実はこれ結構大変でした。


(その6に続く)
(最初から読む)


追記を閉じる▲

【2014/11/06 22:50】 | 模型製作
トラックバック(0) |
ACS212.jpg


続きです。




ACS074.png

ACS075.png
アメリカンコミックシアター主宰ますもとたくやさんより使用許可が出ましたので掲載します。
雷神丸のデザインイラストです。
無断転載禁止。

ボディは厚紙で作った型紙を基にプラ板を切り出して貼り付け。
間はプラ板ではなく、ポリパテを流し込み、削り出し。
ただ、イラストの面構成が角度によって異なるので、かなり悩みましたが、結局、独自の判断で面構成を決めてしまいました。

イラストからは色の設定が不十分で、判らない為、何度かますもとさんに確認を取ろうとしたのですが果たせず、やむを得ずシルバーベースのカラーリングとしました。

ACS053.jpg
胸部のプロテクターの製作

ACS054.jpg
一部分解してパーツごとに調整します。

ACS055.jpg
ヘッド後部の加工完成。

ACS056.jpg
ほぼイラスト通りのイメージに仕上がりました。

ACS057.jpg
かなり悩みましたが、胸のプロテクターの製作。

ACS058.jpg
後ろ側の加工状況。

ACS059.jpg
さらにプロテクターの加工(実はこの時点でも設定判ってない…)

ACS060.jpg
雷神のイラストの付く腕のパーツの裏側。

ACS061.jpg
胸部のプロテクターの形も決まっての一枚。
実はバランスが気に入らなくて、二の腕のパーツを作り直したりしています。

ACS062.jpg
概ねイラスト通り?

ACS063.jpg
後部はこんな感じに…

ACS064.jpg
さらに製作した別パーツとの組み合わせ。

ACS066.jpg
パーツの完成。

ACS067.jpg
組み立ててバランスを確認します。

ACS068.jpg
ほぼ想定通り。

ACS070.jpg
あと、ここにロケットが付く予定。

ACS069.jpg
ほぼイラストのイメージかと…


(その5に続く)
(最初から読む)


追記を閉じる▲

【2014/10/31 00:05】 | 模型製作
トラックバック(0) |