FC2ブログ
良い映画でしたな。
『駆け込み女と駆け出し男』

江戸時代という、やや特殊な時代をきちんと把握しておかないと、理解は難しいかもしれないけど。

江戸時代、今より離婚率高かったと言うけれど…

今みたいに恋愛結婚して、性格合わないから、嫌いになったから離婚するのとは違う時代の話。


江戸時代
結婚は家系を繋ぐためのもの。

結婚して、子供が出来て一人前。

親の言いなりで結婚させられるのが当たり前だった時代。

恋愛だけで結婚できるのは庶民の極一部だけ

好きでもない異性と結婚させられる。
その為に、男には妾を囲う事が許されており、遊郭で遊ぶ事も大目に見られていた。

女性はもっと過酷で駆け込み寺に逃げ込み事だけが、その束縛からの逃げ道だった。



神の元の平等を説くキリスト教は幕府から弾圧され、キリシタン(キリスト教徒)たちは島原の乱以降、表向きは姿を消し、互いを監視する社会になっていた。

また、町奉行は寺社奉行に直接口出しは出来ず、それは越権行為だった…



映画を見つつ、テロップで出た西暦を見たら1842年ごろ、
映画の背景となった天保時代

大御所 徳川家斉の豪奢な生活が庶民にも浸透し、また度重なる外国船の出現に国防費が増大するなど幕府の財政は逼迫していた。

1841年、その家斉の死後、水野忠邦による天保の改革が行われ、倹約令と節約が奨励され、華美、豪奢な生活が否定された時代だった。

また、東北地方では大規模な飢饉(天保の大飢饉)が襲い、海外からは西洋各国が東洋への植民地化を進めつつあり、この映画の時代の直前、1840年に清はアヘン戦争でイギリスに敗れ、その魔の手は日本にも及ぶものと思われていた。

10年程後にペリーが浦賀に4隻の黒船を引き連れて現れ、開国を迫ったそんな時代。


と、まあ、これくらいの予備知識は要るのかな?



映画のセリフ廻しも、実に耳触りも良く、各シーンの映像の美しさも良かったです。

特にオープニングシーンの映像。
先日、舞台『イシノマキにいた時間』に出演されていた石倉良信さんが喜びそうな絵だなと心の中で思ってしまいました。


セリフや、内容が解り難いとの感想もちらほら聞きましたが、歴史好きな我が夫婦には違和感はないし、良かったですけどね。

戸田恵梨香さんの美しさと芝居の上手さ。

もちろん主役の大先生も素晴しかったし、印象的な風景の映像があれば、その映画好きになる者としては、もう一度じっくりと観てみたい作品です。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2015/05/30 18:01】 | 映画
トラックバック(0) |
ほんと、久々の更新です。

5月1日に映画三昧してきました。

もちろん毎月1日は映画の日。映画1本1100円で観られるという事もあって、まとめて観に行った訳です。

お目当てはやはりナックスのメンバー出演作品。
確か2年ほど前にも映画観まくった時ありましたけど…

あの時も出演作品多かったですしね。
今回は『ビリギャル』、『エイプリルフールズ』、そして『龍三と七人の子分たち』
安田顕さんと戸次重幸さんがそれぞれ出演してましたので。

最初は『ビリギャル』
正直あまり期待していなかったのですが、好い映画でした。
安田顕さんの悪役ぶりもなかなかで、素直に主人公を応援したくなるのが好いです。
先に観た森谷雄さん監督の『サムライフ』も今の教育制度に一石を投じる様な好い作品だったのですが、これも好い。
今の学校教育の問題点を違う角度から掘り起こしているのに好感が持てました。
幾つか印象に残るシーンがあったのが良かったですね。
特に名古屋の高層ビルを背景に河原を自転車で走るシーンとか、テスト最中にトイレに走るシーンはツボでしたね。
本作で、あくまで安田さんは悪役なんですが、ラストシーンは好いです!
国民さんはノリノリのエンドロール必見です。


『エイプリルフールズ』
舞台『趣味の部屋』や映画『探偵はBARにいる』シリーズや、ドラマ『リーガルハイ』、『デート』などの脚本を手掛けている 古沢良太さんの脚本と言えば…
とにかく、色々な伏線が複雑に張られていて、最後にそれが見事に絡め取られていくのが快感になります。
対人恐怖症の妊婦を戸田恵利香さんが好演してますし、それぞれの配役も見事。
残念な歌手に戸次重幸さん… やはり残念な役が好いです。
ヤクザの父親と娘の話。これも好いです。最後に連れ子の娘を母親以上に愛している義理の父親との関係も素敵。
観終わって何か心が優しくなれる素敵な映画でした。


『龍三と七人の子分たち』
北野映画は正直観た事が無く、あまり好きでもないのですが、他の作品を観た人からの感想だと物足りなかったとの事。
難しい事は考えず、あくまで娯楽作品として観る方が好い様です。
正直、内容もそうしたつくりで、難しい事抜きに楽しめるつくりになっています。
それにしても安田顕さんのヤクザというか暴力団のリーダーのセクシーでそのくせ軟派な感じが好いです。
部屋で銃撃されて、逃げる時の腰の引けっぷりが、なんとも言えない可愛らしさ。
あれだけで観に行ったかいありました。
それにしてもネジネジさんの痛々しい弄られ方。少々バカバカしいだけに大笑いできます。

参考になるとは思えませんが、プチ感想。
一日3本はやはりきつかったですけどね。

さあ、週末には『駆け込み女と駆け込み男』
女房と観に行きますか。
NACSづくしですな。(笑)


追記を閉じる▲

【2015/05/27 22:35】 | 映画
トラックバック(0) |
映画『RUSH』を観てきました。

いや、事実上3度目。

先日シンガポールに出張したのですが、機内で往復各1度。
往きは吹き替え、帰りは英語版で楽しんだのですが、やはり大画面で観たい。

出張の続く中、宇都宮の宿はちょうどTOHOシネマズのまん前、もしかしたらと調べたら、30分後に最終回がある。

急いで準備して映画館へ。

やはり、大画面。

この映画、映画館で観るべきです。

以下、ネタばれ含みます。





この映画、1976年のF1シーズンを描いた実話です。

1975年にチャンピオンとなったフェラーリのF1パイロット ニキ・ラウダ

そして、そのラウダと激闘を演じ、1976年のチャンピオンとなったマクラーレンのジェームス・ハント

1970年にともにF3を闘ったところからストーリーは始まります。


その後、生命保険で作った持参金を基にマーチ、のちにBRMに参加し、優れたセットアップ能力を発揮して頭角を現し、やがてフェラーリに参画するラウダ。

スポンサーであったアレクザンダー・ヘスケス卿のチームとともにF1にステップアップしたハント。

その二人はそれぞれライバルとして頭角を現し、F1で活躍するのですが、自由人のハントとレースの為に全てを捧げる様なラウダが実に好対照です。

それにしても、この映画、ラウダ、ハント、それにヘスケス卿、ラウダの妻のマルレーネ、エンツォ・フェラーリ、テディ・メイヤーなど、実にその人らしいのです。

ラウダの英語とそのしぐさや、ハントの自由人っぷりを始め、脇を固める俳優たちのかもし出す雰囲気が当時そのもの。

さらに、驚愕したのは登場するマシンの数々。

フェラーリ312T、312T2を始め、マクラーレンM23、ヘスケス308C、ティレルP34、ブラバム・アルファロメオBT45、マーチ761、ロータス77、BRMP160E… 全てが本物というもの凄さ。

これだけでこの映画を観に行って良かったと思いました。


小さな事だけど、富士のシーンでマクラーレンM23のサイドポッドの過冷却を防ぐ為のテープが貼られてないとか、ティレルP34のシェクターのマシンのリアウィングのサポートが異なるなんて突っ込みは無しって事で…(笑)


それにしても、レースシーンの暴力的な事。

最高です!


あのニュルブルクリンクの事故のシーンも、残された映像そっくりな出来映えで震えが来ました。


とにかく、F1が、レースが好きなら一度は観て欲しい。

そんな映画です。


追記を閉じる▲

【2014/02/25 20:27】 | 映画
トラックバック(0) |
この1週間で映画4本鑑賞。

いずれもナックス絡みだったけど、個人的感想を少し。



ネタバレなしにしようと気をつけましたが、もしかしたら内容に触れているかもしれません。

未見の方はご注意を…
『相棒 XDAY』

シゲさん出演。
事実上、伊丹刑事主演のスピンオフなんですよね。
杉下右京の名推理を予想していた身には、ちょっと肩透かしな作品でした。

面白かったけどね。

シゲさん演じる銀行員の転落殺人事件を巡るストーリーだけど、正義感の強い彼の行動が結果的に殺される結果になってしまう悲劇。

演技に関しては、気負った感じも無くてかなりな自然体。

シリーズものとしても好い作品だったんじゃないかな。




『HK 変態仮面』


同じ日に見るんじゃなかった。

相棒すっかり飛んじゃった。

それぐらい強烈なインパクト!

個人的な感想から言わせてもらうと、

めっちゃフィギュア作りてぇ~~~~~!!!!!

どうやら、主役の変態仮面は光学スキャナーを駆使した最新技術でフィギュアかされたみたいだし…

ここは安田さん演じた戸渡先生の世をしのぶ姿をぜひともフィギュア化したい!!

いでたちが、とにかく魅力的だもの。


公開館が少ないにもかかわらず、大ヒットらしくてネット配信が決定されました。

DVD化を待たずして資料画像が手に入るかな?

いやぁ、あのふたりの対決を机上に再現したくて堪らなくなってます。

主題曲、挿入曲ともにかっこいいしね。

結局、大阪と東京で2回観に行ってしまった。(笑)




『藁の盾』

個人的な感想だけど、とにかくストーリー…、否、演出がイマイチ…

役者はそれぞれに素晴しい演技だと思ったけど。


音尾さん演じる公安の男。

存在感がハンパ無い。

ある意味こうした役を彼にはして欲しかったんだ。

セリフも、出演シーンも決して多くは無いけど、後の余韻は一番だったと思うなぁ。

謎の男らしく、ドキリとさせる。


それと、新幹線のシーンが結構笑えた。

実際台湾新幹線だしね。

架空の小倉、相生、新神戸駅。

実際の駅を知ってるだけに笑えた。

台北から、高雄まで利用した事もあるし。




『らくごえいが』

音尾琢真、安田顕、戸次重幸。

ナックスの3人がそれぞれオムニバス3作品の重要ところの役で参加。

公開館が小さく芸術系の映画館での公開となって、なかなか一般に広がらない辛さはあるけど、面白い作品でした。

大阪で見逃したので、東京出張にかこつけて、シネマート新宿で延長公開していたので観に行きました。

古典落語を題材に、そのもののストーリーを現代に置き換えた話、ペーソスのみ生かした作品、落語のストーリーを借りて全く別の話に展開したもの。

監督の人柄もあった様ですが、それぞれに特徴のある作品で楽しめました。

最後になんとプロデューサー、監督の挨拶があったのにびっくり。

当初、2週間程度の公開予定だったものが、既に公開1ヶ月を突破してしまい、いつ止めるんだといいつつも続けてると笑いを取ってました。

実はこの映画最初と最後に本職の落語家さんたちのコメントが入るのですが、結構辛辣な事言ってます。

でも観ようによっては、この映画がきっかけで落語という文化に接してくれれば、それこそが成功じゃないのかな?

もともと、落語好きの身としては(言うほど沢山ネタは知らないけど…)そう思ってます。

音尾さんの抑えた演技も良かったし。

安田さん演じる死神。これはこれで…(笑)

でも、この作に関してはやっぱり戸次さんだな。個人的には加藤貴子さんとの掛け合いが最高に楽しかったし、あの畳み掛ける様なリハシーンが面白かった。

意外と言っちゃ失礼だろうけど、フルポン村上くん、なかなか良かったです。

けどハリセンボンは全くいらねぇ!




追記を閉じる▲

【2013/05/08 23:33】 | 映画
トラックバック(0) |
2月2日に観てきました。
その日、仕事を休み、持病の検診で病院へ。

先月調子の悪くなったプリンターも引き取りに行けず、スタートが遅れ難航しているCDJ2010のフィギュアの製作の事もあって少々荒れました。

挙句、女房にたしなめられる始末。
すっかり凹んでしまいました。

どうせ翌週から忙しい出張が続くし、気分を変えようと思い、この際観に行かないかと誘いました。

彼女は既に前売り券を手に入れており、問題は僕の方。

調べたところ、近くのシネコンで調度良いくらいの時間に上映があります。
早速、大阪日本橋に出掛け、プリンターを引き取り、とんぼ返りで戻ると、充分時間がある。
家にクルマを停め、歩いてシネコンへ。

平日午後という事も手伝って、館内はガラガラ。
大ヒット上映中が嘘の様に客がいない。

僕らの回は10人くらいしかいませんでした。


さて、映画の話。

以下、ネタバレしているのでネタバレ厳禁の方はお気をつけください。

















洞爺湖畔、月浦にある水縞夫妻の経営するカフェ・マーニ。

そこにやってくる夏、秋、冬 それぞれの客。

それぞれに悩みをかかえている客なのですが…。
そんな客と、水縞夫妻と、マーニを取り巻く人たちの物語。

個人的にはやはりと言うべきか、秋編の娘と父親、冬編の老夫婦の話がじ~んときました。

特に冬編。
あの時経験したあの災害と、失ったもの、失った家族。

その震災の前年に結婚した僕たち夫婦は、幸いにも大した被害にあわずに済みましたが、妻は友人を亡くしました。
幸い借家の建物は無事、離れた駐車場の買ったばかりのクルマも無事。
水を手に入れ、建物にシートを被せ、クルマに寝具を持ち込んで過ごした日々。
自分達の生活を立て直す事に必死でした。

引越しして間もない頃でしたから、周りの人にも、会社にも誰にも助けてもらえない。
結婚したばかりの女房をどうやって守ろうと必死に考えていました。
後から考えるとあまりその必要は無かった様ですが…

あの震災の事が思い出され、50手前の年を迎える身としては、老いの厳しさも何となく感じているこの頃。
決して人事には思えませんでした。

見終わった後、女房と話しながら家に帰りましたが、登場人物の中で、あえて自分達に近い存在となると誰だろうとなりました。

「やはり水縞夫妻かな…?」

あそこまでかっこいい夫婦じゃないし、始終バカばっかり言い合っている夫婦です。

しかし、彼女の事を一番理解しようとはいつも思っている。
そうありたいと改めて思えた心温まる映画でした。


追記を閉じる▲

【2012/02/18 00:01】 | 映画
トラックバック(0) |