FC2ブログ
秀吉VS家康









小牧・長久手の戦い

賤ヶ岳の戦いの後、秀吉の勢力は増大し、これを織田家乗っ取りの企みと見た織田信長の次男 北畠信雄は抵抗します。
逆に秀吉によって安土城を退去させられ、これ以後信雄と秀吉の関係は険悪化します。
秀吉は信雄家臣の三家老を懐柔し傘下に組み込もうとしますが、信雄は1584年に親秀吉派の三家老を処刑し、徳川家康と同盟を結びます。
そして信雄は家康とともに挙兵するのですが、実質的には秀吉VS家康の戦いとなります。

この時期、秀吉は京都で政権奪取の為の政治活動に追われており、すぐに身動きの出来ない状況にありました。

3月家康が清洲城に到着したその日、織田家譜代の家臣 池田勝入斎(いけだ しょうにゅうさい=恒興 織田信長の乳兄弟)が突如、秀吉軍に寝返り犬山城を占拠しました。
家康はこれに対抗する為、翌々日には小牧山城に駆けつけます。
秀吉軍の森長可(池田勝入斎の女婿で本能寺の変で信長とともに戦死した森蘭丸の兄)も小牧山城を狙っていました。
長可は小牧山攻めの許可を求め、承認を得るとその夕方に出撃し、夜半には小牧山城の間近に臨む羽黒に着陣します。
しかし、この動きは直ぐに徳川軍に知られ、同日夜半、酒井忠次、榊原康政ら5千人の兵が羽黒へ向けて密かに出陣しました。
翌早朝、酒井勢は森勢を一気に奇襲します。
森勢は奮戦したものの酒井勢の猛攻に加えて戦術的な後退を敗走と勘違いし深追いしたところを反撃され、壊走しました。
これを羽黒の戦いまたは八幡林の戦いといいます。
敵襲の心配がなくなった家康は、小牧山城を占拠し、周囲に砦や土塁を築かせ秀吉軍に備えました。

対する秀吉はようやく政治活動を一段落させましたが、すべてが後手にまわった事を知ります。

小牧城を取り囲む様に砦を設けますが、政治的にも長期戦は出来ない状況でした。

その為、家康軍を挑発する様な文書を掲げたりしましたが、逆に侮蔑される始末。

腹を立てた秀吉は数人の部下を引き連れ、敵陣の真っ只中に馬で乗りつけ、馬を降り、近くの丘の上に駆け上がって大音声で徳川軍をからかった上に、自分の尻をからげて「我が尻食らえ!」と侮辱しました。
そして気づいた敵兵が鉄砲、弓を持ち出すよりも早く「そんなへろへろ弾が当たるかい!」と言い捨て逃げ去ったといわれています。

こう着状態となった戦線を打開すべく池田勝入斎は遠く三河の家康の本拠地 岡崎城を攻めようと提案します。
秀吉はこの意見には反対でしたが、信長と違って生粋の家来ではない彼らを止める事は容易ではなく、また緒戦の敗北により面目を失っていた池田勝入斎、森長可らにしてみれば起死回生の作戦だっただけに、その意見は強硬でした。
秀吉は甥の秀次を大将に実に2万もの兵を預け、この作戦を発動します。

しかし、この作戦は大失敗でした。
大兵力を投入したばかりに迅速さに欠け、しかも敵に作戦意図を察知され、追撃されてしまったのです。
この戦いで羽柴秀次は馬を失い、泥だらけで走って逃げ帰り、池田勝入斎、森長可は討ち死にしてしまいます。
そして、敵を叩くだけ叩いた家康は、また貝の様に自陣に引きこもってしまいました。

結局、この戦いは織田信雄と秀吉が単独講和をする事で決着してしまいます。
信雄は秀吉の提示した好条件を呑み、そもそも戦いのきっかけは自分であったにも関わらず、家康をほっぽり出してあっさり秀吉と和睦してしまったのです。

家康は戦う相手を失い帰陣するしかありませんでした。

この戦いの後日談ですが、池田勝入斎の子 輝政(いけだ てるまさ)は後に家康の婿になります。
その際、父勝入斎を討ち取った永井伝八郎との対面を望みます。
家康はやむなく対面させるのですが、輝政は「父の首を獲って禄をいかほどに加増されたか。」と問います。
永井は「5千石でございます。」と答えると、輝政は涙をうかべ、「父の首はわずかそれだけのものか。」といったといいます。
家康はそれを聞き、その場で万石の大名にのぼらせると約束し、のち下総古河で7万5千石に累進しました。

更に余談ですが、この池田輝政が姫路城を現在に残る大城郭にしたといわれています。

続く


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/06/16 19:34】 | ひとりごと
トラックバック(0) |