FC2ブログ
この1週間で映画4本鑑賞。

いずれもナックス絡みだったけど、個人的感想を少し。



ネタバレなしにしようと気をつけましたが、もしかしたら内容に触れているかもしれません。

未見の方はご注意を…
『相棒 XDAY』

シゲさん出演。
事実上、伊丹刑事主演のスピンオフなんですよね。
杉下右京の名推理を予想していた身には、ちょっと肩透かしな作品でした。

面白かったけどね。

シゲさん演じる銀行員の転落殺人事件を巡るストーリーだけど、正義感の強い彼の行動が結果的に殺される結果になってしまう悲劇。

演技に関しては、気負った感じも無くてかなりな自然体。

シリーズものとしても好い作品だったんじゃないかな。




『HK 変態仮面』


同じ日に見るんじゃなかった。

相棒すっかり飛んじゃった。

それぐらい強烈なインパクト!

個人的な感想から言わせてもらうと、

めっちゃフィギュア作りてぇ~~~~~!!!!!

どうやら、主役の変態仮面は光学スキャナーを駆使した最新技術でフィギュアかされたみたいだし…

ここは安田さん演じた戸渡先生の世をしのぶ姿をぜひともフィギュア化したい!!

いでたちが、とにかく魅力的だもの。


公開館が少ないにもかかわらず、大ヒットらしくてネット配信が決定されました。

DVD化を待たずして資料画像が手に入るかな?

いやぁ、あのふたりの対決を机上に再現したくて堪らなくなってます。

主題曲、挿入曲ともにかっこいいしね。

結局、大阪と東京で2回観に行ってしまった。(笑)




『藁の盾』

個人的な感想だけど、とにかくストーリー…、否、演出がイマイチ…

役者はそれぞれに素晴しい演技だと思ったけど。


音尾さん演じる公安の男。

存在感がハンパ無い。

ある意味こうした役を彼にはして欲しかったんだ。

セリフも、出演シーンも決して多くは無いけど、後の余韻は一番だったと思うなぁ。

謎の男らしく、ドキリとさせる。


それと、新幹線のシーンが結構笑えた。

実際台湾新幹線だしね。

架空の小倉、相生、新神戸駅。

実際の駅を知ってるだけに笑えた。

台北から、高雄まで利用した事もあるし。




『らくごえいが』

音尾琢真、安田顕、戸次重幸。

ナックスの3人がそれぞれオムニバス3作品の重要ところの役で参加。

公開館が小さく芸術系の映画館での公開となって、なかなか一般に広がらない辛さはあるけど、面白い作品でした。

大阪で見逃したので、東京出張にかこつけて、シネマート新宿で延長公開していたので観に行きました。

古典落語を題材に、そのもののストーリーを現代に置き換えた話、ペーソスのみ生かした作品、落語のストーリーを借りて全く別の話に展開したもの。

監督の人柄もあった様ですが、それぞれに特徴のある作品で楽しめました。

最後になんとプロデューサー、監督の挨拶があったのにびっくり。

当初、2週間程度の公開予定だったものが、既に公開1ヶ月を突破してしまい、いつ止めるんだといいつつも続けてると笑いを取ってました。

実はこの映画最初と最後に本職の落語家さんたちのコメントが入るのですが、結構辛辣な事言ってます。

でも観ようによっては、この映画がきっかけで落語という文化に接してくれれば、それこそが成功じゃないのかな?

もともと、落語好きの身としては(言うほど沢山ネタは知らないけど…)そう思ってます。

音尾さんの抑えた演技も良かったし。

安田さん演じる死神。これはこれで…(笑)

でも、この作に関してはやっぱり戸次さんだな。個人的には加藤貴子さんとの掛け合いが最高に楽しかったし、あの畳み掛ける様なリハシーンが面白かった。

意外と言っちゃ失礼だろうけど、フルポン村上くん、なかなか良かったです。

けどハリセンボンは全くいらねぇ!




追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2013/05/08 23:33】 | 映画
トラックバック(0) |