FC2ブログ
すっかり間が開いてしまいましたが、最終回。


15H401.jpg
赤平のクマゲラハウス


さて、最終日。

この日異様に早く5時半には目覚めてしまい、このまま、写真撮りに行こうかなと、しばし葛藤。

結局、寝られぬままに8時過ぎに家族全員揃って朝食を採ってから出発。
それでも、美瑛の青い池に観光客はほとんどおらず、快適に観光する事ができ、青い滝も朝の光の下見る事が出来て満足しました。

15H420.jpg
美瑛の青い池

15H402.jpg

15H421.jpg
白ひげの滝



その後、パッチワークの丘に移動。
ケンとメリーの木、マイルドセブンの丘、親子の木などを見て回りました。
前回とは違って、ちょうど干草ロールが幾つも畑に転がり、その姿がなかなか楽しいものでした。

15H403.jpg

15H405.jpg

15H404.jpg


15H406.jpg




さて、その後は女房の強い希望で赤平へ。

以前通って、大変な目にあった道道70号線をたどります。

この道の何が凄いかって?

水曜どうでしょうの四国八十八ヶ所巡りで、どうでしょう班はいつも車に酔っただの、道が酷い等と言っていますが、ここを数回通れば、そんなやわな考えは吹っ飛ぶはずです。
一応、四国八十八ヶ所は全て制覇しているので、断言できますが、四国の遍路道をも上回るくらいのとんでもない道です。

これを上回るのは、普通はロープウェイを使うので経験する事はない雲辺寺への自動車道くらいなものです。

何しろ20km近く未舗装路が続く上に、結構急カーブ。
砕石が散りばめられた道はともすればステアリングを持っていかれそうになり、ガードレールもほとんどありませんから、下手をすると崖下に転落しそうな恐怖に襲われます。
また一部には細くて狭く急カーブの続く森林の道もあります。
まさに冒険ラリーをするならばぴったりな道。

ここで、テンを見かけ、さらにキタキツネが挨拶にやってきました。
クルマに親しげに寄ってきたので、誰か餌でもやっていたのでしょうか?

最初、動画を録っていたのですが、カメラの調子が悪くなり、録れていなかったのが、とても残念です。

15H407.jpg
車載カメラ(単にレンズスタイルカメラを両面テープで貼っただけ…笑)



15H408.jpg

15H409.jpg
道道70号線制覇の後。クルマはご覧通り土ぼこりだらけ…



芦別へ抜け、道の駅でひと息入れ、ゆできびを買ったりして、更に走って赤平へ。

15H416.jpg

15H417.jpg
道の駅で買ったゆできび… 
残念ながら喜茂別で買ったものの方が美味しかった。



妻娘、待望の深夜ドラマ『不便な便利屋』のロケ地めぐり。
鈴井監督の作品でしたからね。
子虎は盛り上がる訳です。

15H410.jpg
世界記録の現場。
まだスノーマンの木切れが落ちていました。


まずは駅前の探索をして、AKABIRA BASEを訪ね、エルム高原リゾート方面に向かいクマゲラハウスを拝見し、町並みを拝見。
ロケ地の雰囲気を楽しみました。

15H411.jpg
駅前のお菓子屋さん

15H412.jpg
新しくオープンしたAKABIRABASEには不便な便利屋の展示がされていました。

15H413.jpg
便利屋の部屋

15H414.jpg
小物も結構丁寧に作りこまれてます。

15H415.jpg
看板

あちこち見て回って、満足したというので、そこから高速を走って、岩見沢へ、市川燻製屋本舗で燻製を幾つか追加購入し、更に高速を走って札幌へ戻りました。


15H424.jpg
お土産に買った燻製の数々。
枝豆が意外と美味しかったです。


既に16時を回っており、気が気じゃなかったのですが、出発前に同僚にうるさく言われていた土産を購入し、札幌駅前でレンタカーを返却しました。
そして札幌駅前の花まる寿司(回転寿司ではなく)でお寿司を堪能し、札幌を後にしました。

15H418.jpg

15H419.jpg
最後はお寿司。


新千歳空港には出発の1時間ほど前に到着し、会社へのお土産を買って、出発ゲートへ。
定番の空弁のたらばの押し寿司を買おうと手に取ったら、店員さんが、時知らずのお寿司どうですか?これで最後ですよと言ってきました。
さっき、時知らずのお寿司は寿司屋で凄く気になっていたのですが、スルーしたので、これも何かの縁だと購入しました。

そして出発。

短い時間の中、いろいろ波乱万丈の家族旅行でしたが、存分に楽しみました。


15H422.jpg

15H423.jpg
なぜか新千歳空港での定番。
タラバの押し寿司そして時知らず!
これは最高でした。


最初から読む


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2015/09/29 23:36】 | 旅行記
トラックバック(0) |