FC2ブログ
往年のカメラメーカーMINOLTAが作っていたバリソフト85mmF2.8というレンズ。
球面収差を自在に操る事のできる魔法のレンズです。
古いレンズですが、過去形でないのはいまだ僕の手元で現役なので…
難しい言い方ですが、簡単に言うとソフトフォーカス自在レンズ。

女性のポートレートにはぴったりなレンズとカタログに書いてあったので、飛びついたものの…
評価は散々でした。

いや、撮った本人はいい写真だなぁ…
と悦にいってましたが、やれ「ピンボケ」だの、やれ「ボケ」てるだの。


XDSC04824.jpg
アジサイ こんぺいとう(ブルー系)
ソフトフォーカスなんだから、と威張ってみても、そこは所詮へっぽこカメラマン。
確たる自信は無い訳で…

85mmの画角のつかみ方もおかしければ、フォーカスの捉え方もおかしい。
出来上がるのは、ただただピンボケの何やらもやもやした写真ばかり…

その真価を思い知ったのはSONYがα7というカメラを発売してくれたおかげ。

長年、防湿庫の片隅で眠っていたこのレンズを、神戸ルミナリエに連れて行って、冗談半分にファインダーをのぞいた時、

思わずため息が…

強い輝度差のある時にそのベールの様な柔らかい描写が初めて活かせるのだと知りました。

フィルム時代には、撮影して、現像して、プリントされて、そのプリントもサービスプリントじゃ真価はわからないものなのです。

こうして、ようやくバリソフト85mmは手放せないレンズになってくれました。


XDSC04825.jpg
アジサイ こんぺいとう(ピンク系)

XDSC04819.jpg
アジサイ マジカルアメジスト

XDSC04827.jpg
アジサイ マリンブルー

XDSC04794.jpg
長谷ボタン園にて

XDSC04796.jpg
長谷ボタン園にて

XDSC04799.jpg
長谷ボタン園にて

XDSC02495.jpg
神戸ルミナリエ2014

XDSC02444.jpg
神戸ルミナリエ2014

XDSC02471.jpg
神戸ルミナリエ2014

XDSC00601.jpg
神戸ルミナリエ2015

XDSC00605.jpg
神戸ルミナリエ2015

まあ、好みの問題もあるとは思いますけど、僕はこのレンズ大好きです。
(完璧に自己満足…笑)


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2016/06/21 00:02】 | レンズ
トラックバック(0) |