FC2ブログ
Meyer-Optik Domiplan 50mm F2.8のその後

いろいろありましたが、結局マウント改造しました。

domi030.jpg
Meyer-Optik Domiplan 50mm F2.8 EXKTA

α7/α7Ⅱを購入して使わなくなったMINOLTA MD→Aマウントアダプターを利用して、これを卓上旋盤でぶった切り、MDマウントを残して、それにPxico製のM42ヘリコイドアダプターをネジ止めし、M42→Eマウントアダプターを取り付けてMINOLTA MDレンズ群をSONY Eマウントに取り付けられるヘリコイドアダプターを作りました。
その時は見つけられなかったのですが、後でネット調べたら商品化されているものもありました。(想定した予算以上でしたけど…)

domi020.jpg
左がPixco製ヘリコイドアダプター、右がMD→MAマウントアダプター

domi021.jpg
卓上旋盤でアダプターをぶった切って…

domi041.jpg
作ったのがこちら
自作のMINOLTA MD→SONY Eマウントヘリコイド付きアダプター

domi042.jpg
ここまで延ばす事が出来、マクロ撮影が可能です。

domi043.jpg
SONY α7に装着

domi044.jpg
元々Meyer-Optik Domiplan 50mm F2.8の最短撮影距離は0.7mなので、これでかなり自由度が増しました。

domi045.jpg
少し削りこんだM42→SONY Eマウントアダプターの改造品をネジ止めしただけですが、機能性は充分
…無駄な穴が多い事は見なかった事にして…(笑)



こちらはほんの少しオーバーインフになる様に作ってあります。

Domiplanの方はエキザクタマウントにM42→MDマウントアダプターを改造したものを取り付け。
このマウントアダプターはPxicoのアルミ製のものを卓上旋盤で厚みを調整し、中央部にエキザクタマウントが貫通できる様に改造した上でネジ穴を開けたもので、Domiplanのマウント部にネジ止めしてあります。

最初、寸法合わせで問題なかろうと思っていたのですが、微妙に無限遠が出ず、数度の調整削りを施して、何とか無限遠が出る様になりました。
(まだ若干足りていない様で、条件によっては絞り込まないと難しい時も…笑)

まあ、このレンズらしさを活かそうとしたら、どちらかというと近接撮影の方が向いているので、無駄な努力だったかも知れませんが…


追記を閉じる▲

【2017/04/03 22:54】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |