FC2ブログ
映画の試写会が当たって、女房ともども観に行ってきました。

『焼肉ドラゴン』

焼肉屋の話ですが、不思議と焼肉食べたくはならない映画でした。(笑)


素晴らしい映画だったので、多くの人に見て欲しい映画です。
実は映画の舞台、我が家からそう遠くない場所の話だったのにびっくり。

コマーシャルから、てっきり大阪の鶴橋あたりの話かと思っていたら…


伊丹空港近くのある場所の話。


映画を観ている時にはそうも思ってはいなかったのですが…

なんかやけに近い場所あたりの話だよなぁ…

とは感じていたのですが…。


元は話題となった同名の演劇の映画化です。


予備知識無しに観たのですが、映画で興味を持ってしまって、帰って調べてみると

「えっ?」

「なんと?」

「ええっっ!!!」


とびっくりするくらい近くの話なのでした。


まだ公開前なのでネタバレはしたくないので、公開後に改めて感想はまとめます。


さて、

気になった、いや、気にならなかったのはその言葉。


見事な方言。


ひとくくりにするのは難しいかも知れないですが、少なくとも日本語は どストレートの摂津言葉。

住んでる地元そのものの方言なのですが、まったく違和感が無くってスムーズに物語りに入っていけました。



聞けばとんでもないほど、演者さんたちは修正をさせられたそうです。

もともと大泉洋さんなんて、関西弁の物まねのうまい人でしたが、ここまで流暢だったっけ…

というより、もろ地元民じゃんってくらい…の演技でしたが、その裏では手厳しい指摘と修正が繰り返しされたのだとか。


しかし、そのおかげで違和感なく映画の世界に浸れました。


やはり、言葉は大事です。


作品世界にのめり込ませる為にも。


先日の映画と、こと言葉に対しての取り組みが雲泥の差だったので、特にそう思えてなりませんでした。


『焼肉ドラゴン』6月22日公開です。


ぜひご覧ください。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2018/06/10 16:50】 | ひとりごと
トラックバック(0) |