FC2ブログ




数年前から色々集めていたオールドレンズ。

中でも今はなきカメラメーカーの純正レンズ。

少しはラインナップが揃ってきたので、撮り比べしてみました。

第1弾は Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5 と、MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

ペトリ製とミランダ製のレンズ

あまりまともな評価は見かけない日本製レンズです。

標準レンズの評価はそれなりにネット上でも見かけるのですが、その他の焦点距離のものとなるとほぼ皆無。

あくまでも個人的な感想ではあるのですが…



そもそも、開放絞り値が半絞り MIRANDA の方が明るいので、厳密な比較じゃないのですが…

たまたま持ち出したのが、この2本でしたので…

それぞれに独自のレンズマウントを採用しているレンズの為に、使うとなると多少なりとも工夫が必要になってくるレンズです。

Petri の方は、ジャンクカメラから、マウント部品を取り外して作った自作のヘリコイド付きマウントアダプターを使用。

MIRANDA の方はたまたまこのレンズを入手した際に付いていたマウントアダプターを改造して作った自作のヘリコイド付きマウントアダプターを使用しています。

本当は他のレンズも試してみたかったのですが、図らずも風景写真を撮ろうと持ち出した 28mmレンズ同士の比較になってしまいました。



PVSM001.jpg
左 Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5  右 MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8
弱小メーカーでマウントアダプターもほとんど発売されておらず、使うには工夫が必要なレンズたちです。





彩度が高く、空間の拡がりを感じさせるどちらかというとバター臭い描写の Petri に対して、水墨画の様などこか淡い東洋的な発色、描写の MIRANDA といった印象。

同じ風景が、かくも違って見えるのかね?

といった感じさえします。

今回は高松市の栗林公園で比較テストしてみました。

天気は晴れたり、曇ったり…


使用カメラは Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5 が SONY α7、 MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8 が SONY α7Ⅱ

クリエイティブスタイルは、ビビットで設定は同じにしています。




レンズは開放絞り

ヘリコイド付きマウントアダプター使用の為、近接撮影ではレンズの悪い癖が出まくっているとは思います。


PVSM003.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM004.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM005.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM006.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM007.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM008.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM009.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM010.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM011.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM012.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM013.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM014.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM015.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM016.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM017.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM018.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM019.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5
逆光ぎみに撮ると Petri は不思議な虹色のフレアーが出ます。

PVSM020.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8
MIRANDAは… 内面の遮光処理が良くないのかな?

PVSM021.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM022.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8

PVSM023.jpg
Petri Petri CC AUTO 28mm F3.5

PVSM024.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8
でも、そんな MIRANDA ですが、広角レンズには比較的珍しいぐるぐるボケが出せます。
これは魅力! (あくまで個人的にですけど。)



PVSM025.jpg

PVSM026.jpg

PVSM027.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8 にて
使い方によるでしょうけど、これは魅力です。


PVSM028.jpg

PVSM029.jpg
MIRANDA AUTO MIRANDA 28mm F2.8 にて
まるで金田一耕助の世界に入り込んだ様な描写もできます。

こうして比べてみると、意外に Petri のレンズは現代的に見えてきます。
それに比べて MIRANDA の妖しさったら… 


どちらが良いかではなく、それぞれ被写体に応じて使い分けるのが良い様で…


昔はカメラメーカーを決めると、そのマウント縛りでそのメーカーのレンズしか使えなかったのですが、ミラーレスカメラだと、こんな比較も出来ますねぇ。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト




【2020/01/29 23:59】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |