FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省ついでに、またまたうどん屋巡りをしてきました。

今回は昨年の『大泉ワンマンショー』で大泉さんも行っていた『手打ち十段 うどんバカ一代』


CA3F0404.gif
ここの名物は『釜バターうどん』!?

釜バターってなんだ。

およそうどんにあるまじきネーミング…。


疑心暗鬼で寄りましたが…。

出発が遅れ、到着したのは昼直前。
開いている駐車場にクルマを停め、いざお店へ。

行列は無かったのですが、中に入るとほぼ満員。

すぐさま注文の列に並んで
数あるメニューの中から、まずは無難にぶっかけと、そして名物『釜バター』を注文してみました。

DSC03336.gif

左上が冷やしのぶっかけの中、右下が釜バター小
判りにくいけどぶっかけのトッピングにたこ天を乗せたのですが、小さなたこの姿上げでした…。

結構量が多い。
小も普通の店の1.5倍くらいある感じ。

さてお味は、


ぶっかけはまあまあ。
標準的…


そして名物、そしてこの店発祥とうたっている釜バターうどん。

釜揚げの上にブラックペッパーとバターが載っており、玉子とだし醤油で食べるらしい。

「要は釜玉の変化球か…。」

そう思って、玉子を割り入れ、だしをかけて豪快に混ぜました。


DSC03337.gif

玉子を割り入れ、だしをかけて豪快に混ぜたところ。




一口すすったその瞬間、



「やられた…」


まるで和風のカルボナーラ。


すべてが絶妙…。


讃岐うどんの奥深さは常々感じていたけれど、まさかこんな食べ方を工夫してくるとは。

かけうどん、ぶっかけうどんは概ね標準的なうどんでしたが、この釜バターひとつでこの店は存在価値あり。

新たなうどんの可能性を感じさせてくれるお店でした。


DSC03339.gif

お店にはワンマンショーで訪れた時のサインがありました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ここの名物は『釜バターうどん』!?

釜バターってなんだ。

およそうどんにあるまじきネーミング…。


疑心暗鬼で寄りましたが…。

出発が遅れ、到着したのは昼直前。
開いている駐車場にクルマを停め、いざお店へ。

行列は無かったのですが、中に入るとほぼ満員。

すぐさま注文の列に並んで
数あるメニューの中から、まずは無難にぶっかけと、そして名物『釜バター』を注文してみました。

DSC03336.gif

左上が冷やしのぶっかけの中、右下が釜バター小
判りにくいけどぶっかけのトッピングにたこ天を乗せたのですが、小さなたこの姿上げでした…。

結構量が多い。
小も普通の店の1.5倍くらいある感じ。

さてお味は、


ぶっかけはまあまあ。
標準的…


そして名物、そしてこの店発祥とうたっている釜バターうどん。

釜揚げの上にブラックペッパーとバターが載っており、玉子とだし醤油で食べるらしい。

「要は釜玉の変化球か…。」

そう思って、玉子を割り入れ、だしをかけて豪快に混ぜました。


DSC03337.gif

玉子を割り入れ、だしをかけて豪快に混ぜたところ。




一口すすったその瞬間、



「やられた…」


まるで和風のカルボナーラ。


すべてが絶妙…。


讃岐うどんの奥深さは常々感じていたけれど、まさかこんな食べ方を工夫してくるとは。

かけうどん、ぶっかけうどんは概ね標準的なうどんでしたが、この釜バターひとつでこの店は存在価値あり。

新たなうどんの可能性を感じさせてくれるお店でした。


DSC03339.gif

お店にはワンマンショーで訪れた時のサインがありました。
スポンサーサイト

【2012/03/19 22:57】 | 讃岐うどん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。