FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子の消費量が全国的に見て多かった事から、餃子の聖地になった感のある宇都宮市。

仕事で行く機会があり、宇都宮の夢餃子、宇都宮餃子館、天王…。幾つか餃子のお店に行って見たのですが…。

何だかなぁ…。



基本、にんにく入りの焼き餃子。
パンチがある訳でもなく、なんか味がぼやけててイマイチ。

正直感動するほどおいしくはない。

さぬきうどんの様にこりゃすごいと感動する様な餃子にはついにめぐり合えませんでした。


何を言っているんだ!!

日本一の餃子だぞ!!

お前、おいしい餃子を知らないんじゃないか?




いえいえ、中国本土はともかく台湾、香港では感動するほどおいしい餃子を食べていますし、神戸や札幌でもそれはそれはおいしい餃子に出会っています。

宇都宮が餃子の街とあれほど全国に喧伝する割に、あまりにもおそまつな餃子しかないのに愕然としたのです。

いろいろ考えてみたのですが、そもそも宇都宮で出されている餃子そのものがおかしいと思います。


中国北部の郷土料理である餃子。
豚肉や海老のひき肉を野菜と混ぜ皮に包んだ物ですが、そもそも現地の餃子にはにんにくは入っていません。
にんにくが入っているのは日本式の餃子というべきなのでしょう。

それと日本で食べられる餃子と言えば一般には焼き餃子です。
しかし、中国では餃子とは蒸し餃子か水餃子で食べるものであり、焼き餃子は本来、前の日の残り物となった蒸し餃子を食べる為に再調理した物なのです。

良く焼き餃子を作る際に皮をもちっとカリッとさせる為に、水を入れて蒸すのはその再現にすぎません。

少なくともにんにく入りの日本風の焼き餃子という事で言えば、王将の餃子の方がパンチが効いていて宇都宮の店のものより安くておいしいし。

例えば水餃子に関してなら、神戸の上海餃子ははるかな高みにいる感じ。

札幌の銭函あおぞら餃子は大きな焼き餃子の中につまったキャベツの歯ごたえが楽しいし、水餃子は皮がプリプリしていて食感が面白い。

神戸の群愛飲茶の蒸し餃子だと肉汁のスープが素晴らしかったし…。フカヒレ入りの金魚の蒸し餃子なんて味も良ければ見た目だけでも感動したし…。

台湾や香港のお店となると語る事が多すぎて困るくらい。


つまり、語るべき物が無いんだ!


餃子は庶民の味。

確かにそうなのだけど、同じ庶民の味と言ってもさぬきうどんの感動に比べるとはるかに劣る。

これは歴史の無さなのか?

それともマスコミに踊らされた仇花なのか…


もしかしたら、悲しい歴史?

昔、満州に多くの日本人達が開拓民として渡りましたが、その多くが戦後死線を彷徨いながら苦労して引き上げてきました。
宇都宮にもたくさんそうした人達がいた様で、その人達が現地で作り方を教わった餃子を食べ始めたのが、今の宇都宮餃子の発祥なのだそうです。

全国各地にそうした人たちはいたと思うけど、たまたま宇都宮には多かった様子。
そもそも日本国内じゃ働き口が無く、口減らしの為に移民した人たちが多かったし、おそらくは飲まず食わずで満州に渡り、例え残り物ではあっても出してくれた餃子はおいしかったはず…。
やがて戦争に負けてソ連軍、中国軍から命からがら逃げてきた人たちの心の味だったのかも。


ただ、僕の期待が大きすぎたのか、少なくとも感動させられる様な味の餃子に出会えなかったのだけは間違いないです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

何だかなぁ…。



基本、にんにく入りの焼き餃子。
パンチがある訳でもなく、なんか味がぼやけててイマイチ。

正直感動するほどおいしくはない。

さぬきうどんの様にこりゃすごいと感動する様な餃子にはついにめぐり合えませんでした。


何を言っているんだ!!

日本一の餃子だぞ!!

お前、おいしい餃子を知らないんじゃないか?




いえいえ、中国本土はともかく台湾、香港では感動するほどおいしい餃子を食べていますし、神戸や札幌でもそれはそれはおいしい餃子に出会っています。

宇都宮が餃子の街とあれほど全国に喧伝する割に、あまりにもおそまつな餃子しかないのに愕然としたのです。

いろいろ考えてみたのですが、そもそも宇都宮で出されている餃子そのものがおかしいと思います。


中国北部の郷土料理である餃子。
豚肉や海老のひき肉を野菜と混ぜ皮に包んだ物ですが、そもそも現地の餃子にはにんにくは入っていません。
にんにくが入っているのは日本式の餃子というべきなのでしょう。

それと日本で食べられる餃子と言えば一般には焼き餃子です。
しかし、中国では餃子とは蒸し餃子か水餃子で食べるものであり、焼き餃子は本来、前の日の残り物となった蒸し餃子を食べる為に再調理した物なのです。

良く焼き餃子を作る際に皮をもちっとカリッとさせる為に、水を入れて蒸すのはその再現にすぎません。

少なくともにんにく入りの日本風の焼き餃子という事で言えば、王将の餃子の方がパンチが効いていて宇都宮の店のものより安くておいしいし。

例えば水餃子に関してなら、神戸の上海餃子ははるかな高みにいる感じ。

札幌の銭函あおぞら餃子は大きな焼き餃子の中につまったキャベツの歯ごたえが楽しいし、水餃子は皮がプリプリしていて食感が面白い。

神戸の群愛飲茶の蒸し餃子だと肉汁のスープが素晴らしかったし…。フカヒレ入りの金魚の蒸し餃子なんて味も良ければ見た目だけでも感動したし…。

台湾や香港のお店となると語る事が多すぎて困るくらい。


つまり、語るべき物が無いんだ!


餃子は庶民の味。

確かにそうなのだけど、同じ庶民の味と言ってもさぬきうどんの感動に比べるとはるかに劣る。

これは歴史の無さなのか?

それともマスコミに踊らされた仇花なのか…


もしかしたら、悲しい歴史?

昔、満州に多くの日本人達が開拓民として渡りましたが、その多くが戦後死線を彷徨いながら苦労して引き上げてきました。
宇都宮にもたくさんそうした人達がいた様で、その人達が現地で作り方を教わった餃子を食べ始めたのが、今の宇都宮餃子の発祥なのだそうです。

全国各地にそうした人たちはいたと思うけど、たまたま宇都宮には多かった様子。
そもそも日本国内じゃ働き口が無く、口減らしの為に移民した人たちが多かったし、おそらくは飲まず食わずで満州に渡り、例え残り物ではあっても出してくれた餃子はおいしかったはず…。
やがて戦争に負けてソ連軍、中国軍から命からがら逃げてきた人たちの心の味だったのかも。


ただ、僕の期待が大きすぎたのか、少なくとも感動させられる様な味の餃子に出会えなかったのだけは間違いないです。
スポンサーサイト

【2012/04/08 13:39】 | 食べあるき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。