FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に本能寺の変… やっとここまでたどり着きました。





本能寺の変

1582年(天正10年)に起こった本能寺の変について、はっきりしている点。
それは、織田信長の最も信任厚かった武将のひとり、明智光秀が織田信長を京都本能寺に襲い、殺してしまったという事。
その事件の詳細については多くの事実が判っていますが、では光秀がなぜ信長に謀反を起したのか、その原因については全く不明です。
過去、いろいろな説が飛び交っていますが、いずれも決定的な根拠と目される証拠は今のところ見つかっていません。


本能寺の変の時の状況

信長麾下の有力武将達はこの時、

柴田勝家以下、前田利家、佐々成政、佐久間盛政らは北陸方面で上杉氏と戦闘中。

滝川一益は関東方面で北条氏らと戦闘中。

丹羽長秀、織田信孝(信長の三男)は四国攻撃の準備の為、大阪で兵を集めている状態。

徳川家康は武田氏滅亡に成功し、駿河の国(現在の静岡県東部)を信長より賜った事へのお礼として安土にて接待を受けた後、堺を観光中。

そして秀吉は毛利氏との決戦の為、備中高松城で包囲戦の真っ最中でした。

その他の遊撃軍は西国毛利氏との決戦か、四国攻めの準備に取り掛かっている最中であり、京都は有力な軍団がいない全くの空白地帯だったのでした。

これはそれだけ信長が光秀以下を信頼していた証しともいえます。


事件の経緯

光秀は、安土城において武田氏との戦いで長年労のあった徳川家康の接待役を務めました。
しかし、備中高松城攻めで毛利本軍の出陣を知った秀吉の要請を受け、信長自身が中国に出陣する事になり、光秀はその増援部隊のひとつとして参加する事になります。
光秀は接待役を途中解任されて、近江の居城 坂本城、次いで居城 丹波亀山城に移り、出陣の準備を進めました。

一方、信長は5月29日に、小姓を中心とする僅かの供回りを連れ、安土城を出発します。
同日、京 本能寺に入り、信長の嫡男 織田信忠は妙覚寺に入り、ここで軍勢の集結を待ちます。
翌6月1日、信長は本能寺で茶会を開いています。

同じ6月1日の夕方、光秀は1万3,000人の兵を率いて丹波亀山城を出陣し京に向かいます。
備中高松城包囲軍の応援として向かうのであれば、本来西に進むはずですが、将兵達には上様の閲兵を受けると説明をし、京都に向け出陣したと言われています。
下級武士たちは徳川家康を打ち倒すのだとの説明がされていたとの史料もあるようです。

そして、老いの坂を超え、翌2日未明、桂川を渡ったところで光秀は「敵は本能寺にあり」と宣言し洛中に突撃したのです。
6月2日早朝(4時ごろとする説あり)、明智軍は本能寺を完全に包囲します。

物音に目覚めた信長が小姓の森蘭丸に訪ね、様子をうかがわせました。
小姓衆は最初下々の者の喧嘩だと思っていたのですが、本能寺はすでに敵勢に包囲されており多くの旗が見えていました。
「敵は水色桔梗(明智光秀の家紋)」と森蘭丸に報告され、信長は光秀謀反と知るのです。
信長に蘭丸らは脱出を勧めますが、光秀の性格、軍勢を熟知していた信長は光秀の手から逃れる事は不可能と悟り、「是非に及ばず」言い捨てると、弓を持ち表で戦いますが弦が切れ、次に槍を取り敵を突き伏せたといわれます。
しかし殺到する兵から槍傷を受け、防戦を断念。
女衆に逃げるよう指示して奥に篭り、信長は森蘭丸に火を放たせ、自刃したと言われます。
結局焼け跡から、信長の遺骸は発見されませんでした。


光秀は事件前、愛宕権現に参篭し、5月28日~29日にかけ連歌の会を催しています。
この時、光秀の発句が「時は今 天が下知る 五月哉」というものでした。

「時は今 天が下知る 五月哉」

明智光秀は、美濃の守護大名であった土岐氏(とき)の末裔であり、その私が天下を知る(治める)との心情を含めたと解釈されており、既にこの時点で謀反の志があったとされています。


以上、史実のみ。

この事件を安土で知った明智光秀の娘婿 明智秀満(あけち ひでみつ)は城を抜け出し本拠地の坂本城へ逃げますが、秀吉方の軍の追捕を避け、琵琶湖を馬で渡って帰ったといわれています。
坂本城に帰り着いた彼は城兵を逃がし、追撃してきた堀直政に城の宝物を明け渡した後、城に火をかけ自害しています。
ドラマ『明智光秀~神に愛されなかった男』で洋ちゃんが演じていましたね。

原因についてはいずれ時間があったらその際に。

その12に続く
スポンサーサイト


追記を閉じる▲





本能寺の変

1582年(天正10年)に起こった本能寺の変について、はっきりしている点。
それは、織田信長の最も信任厚かった武将のひとり、明智光秀が織田信長を京都本能寺に襲い、殺してしまったという事。
その事件の詳細については多くの事実が判っていますが、では光秀がなぜ信長に謀反を起したのか、その原因については全く不明です。
過去、いろいろな説が飛び交っていますが、いずれも決定的な根拠と目される証拠は今のところ見つかっていません。


本能寺の変の時の状況

信長麾下の有力武将達はこの時、

柴田勝家以下、前田利家、佐々成政、佐久間盛政らは北陸方面で上杉氏と戦闘中。

滝川一益は関東方面で北条氏らと戦闘中。

丹羽長秀、織田信孝(信長の三男)は四国攻撃の準備の為、大阪で兵を集めている状態。

徳川家康は武田氏滅亡に成功し、駿河の国(現在の静岡県東部)を信長より賜った事へのお礼として安土にて接待を受けた後、堺を観光中。

そして秀吉は毛利氏との決戦の為、備中高松城で包囲戦の真っ最中でした。

その他の遊撃軍は西国毛利氏との決戦か、四国攻めの準備に取り掛かっている最中であり、京都は有力な軍団がいない全くの空白地帯だったのでした。

これはそれだけ信長が光秀以下を信頼していた証しともいえます。


事件の経緯

光秀は、安土城において武田氏との戦いで長年労のあった徳川家康の接待役を務めました。
しかし、備中高松城攻めで毛利本軍の出陣を知った秀吉の要請を受け、信長自身が中国に出陣する事になり、光秀はその増援部隊のひとつとして参加する事になります。
光秀は接待役を途中解任されて、近江の居城 坂本城、次いで居城 丹波亀山城に移り、出陣の準備を進めました。

一方、信長は5月29日に、小姓を中心とする僅かの供回りを連れ、安土城を出発します。
同日、京 本能寺に入り、信長の嫡男 織田信忠は妙覚寺に入り、ここで軍勢の集結を待ちます。
翌6月1日、信長は本能寺で茶会を開いています。

同じ6月1日の夕方、光秀は1万3,000人の兵を率いて丹波亀山城を出陣し京に向かいます。
備中高松城包囲軍の応援として向かうのであれば、本来西に進むはずですが、将兵達には上様の閲兵を受けると説明をし、京都に向け出陣したと言われています。
下級武士たちは徳川家康を打ち倒すのだとの説明がされていたとの史料もあるようです。

そして、老いの坂を超え、翌2日未明、桂川を渡ったところで光秀は「敵は本能寺にあり」と宣言し洛中に突撃したのです。
6月2日早朝(4時ごろとする説あり)、明智軍は本能寺を完全に包囲します。

物音に目覚めた信長が小姓の森蘭丸に訪ね、様子をうかがわせました。
小姓衆は最初下々の者の喧嘩だと思っていたのですが、本能寺はすでに敵勢に包囲されており多くの旗が見えていました。
「敵は水色桔梗(明智光秀の家紋)」と森蘭丸に報告され、信長は光秀謀反と知るのです。
信長に蘭丸らは脱出を勧めますが、光秀の性格、軍勢を熟知していた信長は光秀の手から逃れる事は不可能と悟り、「是非に及ばず」言い捨てると、弓を持ち表で戦いますが弦が切れ、次に槍を取り敵を突き伏せたといわれます。
しかし殺到する兵から槍傷を受け、防戦を断念。
女衆に逃げるよう指示して奥に篭り、信長は森蘭丸に火を放たせ、自刃したと言われます。
結局焼け跡から、信長の遺骸は発見されませんでした。


光秀は事件前、愛宕権現に参篭し、5月28日~29日にかけ連歌の会を催しています。
この時、光秀の発句が「時は今 天が下知る 五月哉」というものでした。

「時は今 天が下知る 五月哉」

明智光秀は、美濃の守護大名であった土岐氏(とき)の末裔であり、その私が天下を知る(治める)との心情を含めたと解釈されており、既にこの時点で謀反の志があったとされています。


以上、史実のみ。

この事件を安土で知った明智光秀の娘婿 明智秀満(あけち ひでみつ)は城を抜け出し本拠地の坂本城へ逃げますが、秀吉方の軍の追捕を避け、琵琶湖を馬で渡って帰ったといわれています。
坂本城に帰り着いた彼は城兵を逃がし、追撃してきた堀直政に城の宝物を明け渡した後、城に火をかけ自害しています。
ドラマ『明智光秀~神に愛されなかった男』で洋ちゃんが演じていましたね。

原因についてはいずれ時間があったらその際に。

その12に続く
スポンサーサイト

【2012/06/16 13:02】 | ひとりごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。