FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、札幌から夕張へ。高速を利用する事も考えましたが、意外にナビの到着時間に差は無いので、一般道で移動しました。

ナビの計算だと、おおよそ2時間の行程でしたが約1時間半で着く事が出来ました。

DSC03791.gif
会場となった合宿の宿 ひまわり


会場である合宿の宿ひまわりについて、早速、受付をしていると受付奥のソファーで手を振っていらっしゃる方が…。
事務局の崎田さんと、伊藤龍太郎さんでした。
今回、お世話になるおふたりなのですが、今回が初対面…。

早速打合せしましたが、予想以上にコアな話になりそうでした。
崎田さんの準備の良さには驚きましたが、『ライトフライト』も『totsugi式』も『スパマロット』もご覧になっていたそうで、『ライトフライト』はDVDを、『totsugi式』、『スパマロット』はパンフもお持ちでした。
そういえば部屋クリーンのフィギュアが『totsugi式』のパンフレットに写っていたよなと思い出して、実物を引っ張り出したところ、

「それも見せましょう。」

(なんて自由なんだろ… 笑)



打合せが終了して、一旦、部屋に移動する途中、会場を確認しました。

CA3F0751.gif
会場となった208号室


その後、開校式に参加しました。

笑ってしまったのは、夕張市長が登場するタイミングでメロン熊が登場した事。
そして、メロン熊があまりに愛嬌を振りまくので、司会の女性がメロン熊に市長が入っていると勘違いしてしまい、市長の出る幕が無くなった事。
その後、改めて日本一高齢化の進んだ街の日本一若い市長の挨拶となりました。

星雲賞の発表は一種異様な雰囲気。
賞の引渡しの段取りが狂ってしまった様子で、プレゼンター補助をしていた崎田さんは段上に上がったり下がったり。
今回の副賞のボルタフィギュア(ボルトで出来た人形)が重いので、大変な思いをしたそうです。

初参加の身には、途中付いて行きかねる場面も幾つかありましたが、何とか無事終了。

CA3F0753.gif
星雲賞授賞式


さて宿泊場所として、あてがわれた部屋は8人部屋。
部屋に現れたのは結局、僕を含め5人だけでしたが、同室の人と挨拶しました。
ほとんどの方がゲスト出演者で、作家、ライターさんたちでした。

製作したフィギュアをお見せたのですが、一様にその出来に驚かれた様子でした。
会場内のディラーズに出すか、もしくはオークションに出したら、絶対金になるから「これ、売れば良いのに。」と真剣に薦められました。

本当は売りたい気持ちでいっぱいなんですが、肖像権や著作権が絡むから難しいとしか答えられませんでした。
(オフィス・キューさんには迷惑かけたくないですしね。)


バイキング形式の夕食の後、20:30からそれぞれの部会が始まりました。
それにしてもデザートに出された夕張メロンの甘い事といったら…。

CA3F0757.gif
デザートの夕張メロンがとにかく甘かった…


事務局の崎田さんから、手作りプラネタリウムがすごいよと伺っていたので、20:00からの上演に行ったのですが、観客が僕を含め2名。
プラネタリウムを作られたヒゲキタさんも、ちょっとびっくりの展開だった様子。
しかし、充分に楽しめました。

市販の鉄鍋に合計6000個もの穴を開け、中に裸電球を入れただけの投影機に農業用シートのドームを組み合わせただけの手作りプラネタリウムで、チープ感満載なのですが、実力はなかなかのものでした。
今回、特にSF大会だからと言う事で、3D映像を見せますと言って、例の赤青の色眼鏡を渡されました。

そして、それをかけて観たのですが、これは凄かった。

国際宇宙ステーション、初音ミク、キングギドラ、土星、スターウォーズの巨大戦艦などなど、作者手作りの造形物が目の前に飛び出してきて見えるのです。
最後にはブラックホール(否、ブロックだけにブロックホールでした)に呑み込まれ、更に原子モデルの中に取り込まれて終了。
これはなかなかどうして見ごたえのある展示でした。

CA3F0761.gif
手作りプラネタリウム

DSC03769.gif
素晴らしい3Dを見せてくださったヒゲキタさん


さて、どこか分会に行こうかと思ったのですが、どこも入り辛くて、結局自分の出番の準備にいそしんでいました。


続く
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
DSC03791.gif
会場となった合宿の宿 ひまわり


会場である合宿の宿ひまわりについて、早速、受付をしていると受付奥のソファーで手を振っていらっしゃる方が…。
事務局の崎田さんと、伊藤龍太郎さんでした。
今回、お世話になるおふたりなのですが、今回が初対面…。

早速打合せしましたが、予想以上にコアな話になりそうでした。
崎田さんの準備の良さには驚きましたが、『ライトフライト』も『totsugi式』も『スパマロット』もご覧になっていたそうで、『ライトフライト』はDVDを、『totsugi式』、『スパマロット』はパンフもお持ちでした。
そういえば部屋クリーンのフィギュアが『totsugi式』のパンフレットに写っていたよなと思い出して、実物を引っ張り出したところ、

「それも見せましょう。」

(なんて自由なんだろ… 笑)



打合せが終了して、一旦、部屋に移動する途中、会場を確認しました。

CA3F0751.gif
会場となった208号室


その後、開校式に参加しました。

笑ってしまったのは、夕張市長が登場するタイミングでメロン熊が登場した事。
そして、メロン熊があまりに愛嬌を振りまくので、司会の女性がメロン熊に市長が入っていると勘違いしてしまい、市長の出る幕が無くなった事。
その後、改めて日本一高齢化の進んだ街の日本一若い市長の挨拶となりました。

星雲賞の発表は一種異様な雰囲気。
賞の引渡しの段取りが狂ってしまった様子で、プレゼンター補助をしていた崎田さんは段上に上がったり下がったり。
今回の副賞のボルタフィギュア(ボルトで出来た人形)が重いので、大変な思いをしたそうです。

初参加の身には、途中付いて行きかねる場面も幾つかありましたが、何とか無事終了。

CA3F0753.gif
星雲賞授賞式


さて宿泊場所として、あてがわれた部屋は8人部屋。
部屋に現れたのは結局、僕を含め5人だけでしたが、同室の人と挨拶しました。
ほとんどの方がゲスト出演者で、作家、ライターさんたちでした。

製作したフィギュアをお見せたのですが、一様にその出来に驚かれた様子でした。
会場内のディラーズに出すか、もしくはオークションに出したら、絶対金になるから「これ、売れば良いのに。」と真剣に薦められました。

本当は売りたい気持ちでいっぱいなんですが、肖像権や著作権が絡むから難しいとしか答えられませんでした。
(オフィス・キューさんには迷惑かけたくないですしね。)


バイキング形式の夕食の後、20:30からそれぞれの部会が始まりました。
それにしてもデザートに出された夕張メロンの甘い事といったら…。

CA3F0757.gif
デザートの夕張メロンがとにかく甘かった…


事務局の崎田さんから、手作りプラネタリウムがすごいよと伺っていたので、20:00からの上演に行ったのですが、観客が僕を含め2名。
プラネタリウムを作られたヒゲキタさんも、ちょっとびっくりの展開だった様子。
しかし、充分に楽しめました。

市販の鉄鍋に合計6000個もの穴を開け、中に裸電球を入れただけの投影機に農業用シートのドームを組み合わせただけの手作りプラネタリウムで、チープ感満載なのですが、実力はなかなかのものでした。
今回、特にSF大会だからと言う事で、3D映像を見せますと言って、例の赤青の色眼鏡を渡されました。

そして、それをかけて観たのですが、これは凄かった。

国際宇宙ステーション、初音ミク、キングギドラ、土星、スターウォーズの巨大戦艦などなど、作者手作りの造形物が目の前に飛び出してきて見えるのです。
最後にはブラックホール(否、ブロックだけにブロックホールでした)に呑み込まれ、更に原子モデルの中に取り込まれて終了。
これはなかなかどうして見ごたえのある展示でした。

CA3F0761.gif
手作りプラネタリウム

DSC03769.gif
素晴らしい3Dを見せてくださったヒゲキタさん


さて、どこか分会に行こうかと思ったのですが、どこも入り辛くて、結局自分の出番の準備にいそしんでいました。


続く
スポンサーサイト

【2012/07/11 21:24】 | 日本SF大会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。