FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きです。

DSC05101.jpg
ホンダ全盛時代の1989年のチャンピオンマシン。マクラーレン・ホンダMP4/5。
懐かしのCカーも登場。

DSC05430.jpg
こちらは日産R-90CK 1990年のルマンでは見事ポールポジションを獲得した当時の最速マシン。


DSC05437.jpg
こちらは日産シルビア・ターボC。タイヤがダメで、デモランできなかったのは残念。


DSC05436.jpg
マツダ767 ロータリーターボエンジンを搭載して独特のサウンドで知られました。後継車の767Bは日本車初のルマン優勝車。


DSC05441.jpg
ムーンクラフトの由良拓也氏が開発したC2マシン。MCSグッピー。独特の風貌で、何となく可愛らしい。


DSC05941.jpg
マツダ767 走り出すと独特なターボサウンドが響く!!


DSC05448.jpg
こちらは1986年にホンダが初めてエンジンビルダーとして記念すべきチャンピオンとなったマシン。ウィリアムズ・ホンダFW11。


DSC05706.jpg
去年からエキシビションマッチとして、開始された星野一義VS中嶋悟のF1対決!
今年はマシンを変え、ティレル019とウィリアムズ・ホンダFW11での勝負。
ホンダ・ターボの圧勝かと思われましたが…


DSC05718.jpg
スタートの説明を聞き間違えて、一周目にスローダウンしてしまった星野さん。
それを見てこれはすっかりマシントラブルだろうと思って、猛スピードで駆け抜けた中嶋さん。
レースに敗れた星野さん。ヘルメットも脱がずに発した第一声は「ふざけんじゃねぇよ!」
叫んでました。(笑)
チャンピオンベルトをもらった中嶋さんはご満悦…。
どうやらこの戦いまだまだ続く模様です…。

その3に続く
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
懐かしのCカーも登場。

DSC05430.jpg
こちらは日産R-90CK 1990年のルマンでは見事ポールポジションを獲得した当時の最速マシン。


DSC05437.jpg
こちらは日産シルビア・ターボC。タイヤがダメで、デモランできなかったのは残念。


DSC05436.jpg
マツダ767 ロータリーターボエンジンを搭載して独特のサウンドで知られました。後継車の767Bは日本車初のルマン優勝車。


DSC05441.jpg
ムーンクラフトの由良拓也氏が開発したC2マシン。MCSグッピー。独特の風貌で、何となく可愛らしい。


DSC05941.jpg
マツダ767 走り出すと独特なターボサウンドが響く!!


DSC05448.jpg
こちらは1986年にホンダが初めてエンジンビルダーとして記念すべきチャンピオンとなったマシン。ウィリアムズ・ホンダFW11。


DSC05706.jpg
去年からエキシビションマッチとして、開始された星野一義VS中嶋悟のF1対決!
今年はマシンを変え、ティレル019とウィリアムズ・ホンダFW11での勝負。
ホンダ・ターボの圧勝かと思われましたが…


DSC05718.jpg
スタートの説明を聞き間違えて、一周目にスローダウンしてしまった星野さん。
それを見てこれはすっかりマシントラブルだろうと思って、猛スピードで駆け抜けた中嶋さん。
レースに敗れた星野さん。ヘルメットも脱がずに発した第一声は「ふざけんじゃねぇよ!」
叫んでました。(笑)
チャンピオンベルトをもらった中嶋さんはご満悦…。
どうやらこの戦いまだまだ続く模様です…。

その3に続く
スポンサーサイト

【2013/03/05 21:56】 | F1
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。