FC2ブログ
続きその4

pai502.jpg
ベストポジション!




最初から読みたい方はこちら





こうして出来上がったパーツを油粘土で作った土台に乗せ、周りを型取り用ブロックで囲ってシリコンゴムでゴム型を作りました。

今回は、いろいろな資料を基に、重力式の注型方式を採りました。

pai045.jpg
まずは各パーツの配置を検討します。

pai046.jpg
油粘土の上にパーツを置いて、ヘラで慎重に分割箇所に隙間が出来ないようにします。

pai047.jpg
シリコンゴムを流し込んでゴム型を作ります。

pai048.jpg
シリコンゴムが固まったらひっくり返して油粘土を取り除きます。

pai049.jpg
シリコンゴムの表面にワセリンを塗りつけて、シリコンゴム同士がくっつかない様にします。
そしてまたしてもシリコンゴムを流してシリコンゴム型の完成。

180gくらいかなと思ったら、若干足りなくて、あわてて20g作って足しましたが、間一髪間に合いました。

注型品は気泡もほとんど無く満足すべき出来上がりでした。

勢い付いて3セットを注型。

早速製作にかかりました。

pai050.jpg
キャスティング中。
シリコンゴム型に丁寧にベビーパウダー(要するに滑石の微粉末)を表面に綺麗に塗布したら、ほとんど気泡なく複製できます。

pai051.jpg
複製中。

pai052.jpg
複製後はこんな感じ。
最初からこれだけうまく行ったのは初めてでした。

pai056.jpg
若干バリは付いていますが、綺麗に抜けています。

pai057.jpg
原型と複製と。

pai058.jpg
いやぁ、悪そうだぁ!!(笑)

その5に続く



注)これ等、フィギュアは個人的な趣味で製作したものです。

版権は当然ながらHTB、水曜どうでしょう、クリエイティブオフィスキューに所属します。

ですから、双熊堂本舗、及び、HTB、水曜どうでしょう、クリエイティブオフィスキューに問い合わせはしないでくださいね。

お願いします。
スポンサーサイト





追記を閉じる▲





こうして出来上がったパーツを油粘土で作った土台に乗せ、周りを型取り用ブロックで囲ってシリコンゴムでゴム型を作りました。

今回は、いろいろな資料を基に、重力式の注型方式を採りました。

pai045.jpg
まずは各パーツの配置を検討します。

pai046.jpg
油粘土の上にパーツを置いて、ヘラで慎重に分割箇所に隙間が出来ないようにします。

pai047.jpg
シリコンゴムを流し込んでゴム型を作ります。

pai048.jpg
シリコンゴムが固まったらひっくり返して油粘土を取り除きます。

pai049.jpg
シリコンゴムの表面にワセリンを塗りつけて、シリコンゴム同士がくっつかない様にします。
そしてまたしてもシリコンゴムを流してシリコンゴム型の完成。

180gくらいかなと思ったら、若干足りなくて、あわてて20g作って足しましたが、間一髪間に合いました。

注型品は気泡もほとんど無く満足すべき出来上がりでした。

勢い付いて3セットを注型。

早速製作にかかりました。

pai050.jpg
キャスティング中。
シリコンゴム型に丁寧にベビーパウダー(要するに滑石の微粉末)を表面に綺麗に塗布したら、ほとんど気泡なく複製できます。

pai051.jpg
複製中。

pai052.jpg
複製後はこんな感じ。
最初からこれだけうまく行ったのは初めてでした。

pai056.jpg
若干バリは付いていますが、綺麗に抜けています。

pai057.jpg
原型と複製と。

pai058.jpg
いやぁ、悪そうだぁ!!(笑)

その5に続く



注)これ等、フィギュアは個人的な趣味で製作したものです。

版権は当然ながらHTB、水曜どうでしょう、クリエイティブオフィスキューに所属します。

ですから、双熊堂本舗、及び、HTB、水曜どうでしょう、クリエイティブオフィスキューに問い合わせはしないでくださいね。

お願いします。
スポンサーサイト




【2013/04/27 22:42】 | 模型製作
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック