FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日、伊野市の道の駅でもある土佐和紙工芸村CRAUDに宿泊し、たっぷりとお風呂でくつろいでから出発。

仁淀川沿いのこの道の駅、温泉でないにもかかわらず、その昔、道の駅西の横綱になった事もある、なかなかいい設備の整ったお宿なのです。


udon2045.jpg
土佐和紙工芸村CRAUD






udon2046.jpg
目の前には仁淀川が広がります。

すぐ近くには沈下橋(潜水橋)があるので、行ってみる事にしました。

udon2047.jpg
仁淀川の沈下橋

台風の多い高知では、増水した川の流れに対してわざと橋を沈める事で、被害の増大を防ぐ工夫をした橋なのです。
ここ仁淀川だけじゃなく、四万十川でも有名ですよね。

udon2048.jpg
欄干が無いので、渡るのは結構勇気がいります。

ひとしきり沈下橋を体験したあとは、この日最初の試練の場所へ

僕が運転手の為、写真が一枚も無いのが残念ですが、ここは映像でも、写真でもおそらくその恐怖は味わえないと思いますが、第35番 清滝寺へ。
それなりの運転技術の持ち主じゃないとお奨めできませんが、ここの登り道は本当にスリリングです。
その為かどうか、水曜どうでしょうのお遍路では必ずその風景が出てきます。
でもあの恐怖感は味わえないんですよね。
クルマ一台通るのがやっとの曲がりくねった見通しの悪い細道を駆け上がっていくのですから。
特に今回は3台のクルマでの行動で、案の定、何度かピンチがありました。
が、さすが、全員無事に登る事ができました。

udon2049.jpg
第35番 清滝寺

udon2050.jpg
小坊主さんもお出迎え。


udon2051.jpg
リーダーよろしく「ありがたい!」

udon2052.jpg
絶景だもの…(笑)

その6に続く
最初から読む
スポンサーサイト


追記を閉じる▲






udon2046.jpg
目の前には仁淀川が広がります。

すぐ近くには沈下橋(潜水橋)があるので、行ってみる事にしました。

udon2047.jpg
仁淀川の沈下橋

台風の多い高知では、増水した川の流れに対してわざと橋を沈める事で、被害の増大を防ぐ工夫をした橋なのです。
ここ仁淀川だけじゃなく、四万十川でも有名ですよね。

udon2048.jpg
欄干が無いので、渡るのは結構勇気がいります。

ひとしきり沈下橋を体験したあとは、この日最初の試練の場所へ

僕が運転手の為、写真が一枚も無いのが残念ですが、ここは映像でも、写真でもおそらくその恐怖は味わえないと思いますが、第35番 清滝寺へ。
それなりの運転技術の持ち主じゃないとお奨めできませんが、ここの登り道は本当にスリリングです。
その為かどうか、水曜どうでしょうのお遍路では必ずその風景が出てきます。
でもあの恐怖感は味わえないんですよね。
クルマ一台通るのがやっとの曲がりくねった見通しの悪い細道を駆け上がっていくのですから。
特に今回は3台のクルマでの行動で、案の定、何度かピンチがありました。
が、さすが、全員無事に登る事ができました。

udon2049.jpg
第35番 清滝寺

udon2050.jpg
小坊主さんもお出迎え。


udon2051.jpg
リーダーよろしく「ありがたい!」

udon2052.jpg
絶景だもの…(笑)

その6に続く
最初から読む
スポンサーサイト

【2013/11/05 19:27】 | うどんツアー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。