FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく手に入れたα7。

もともと、ビンボーなので、なかなか発売早々に買うなんて事は無いのですが、今回ばかりは発表直後にソニーストア大阪で実機を触り、発売翌日には手に入れてました。

AA7017.jpg
α7+minolta SRマウントアダプター+NewMD24-35mmF3.5ZOOMレンズ


ちなみに、α7にはα7Rという姉妹機がありますが、これは似て非なるものといえるでしょう。
α7は2400万画素機なのに対して、α7Rは3600万画素機。
違いはそれだけではなく、ローパスレスフィルターの有無や電子先幕シャッターの有無とか、結構違いがあります。

でも僕が重視したのは軽快さ。
α7が、通常2.5コマ、最高5コマの連写可能なのに対して、α7Rは通常1.5コマ。
そもそも画素数が違うし、機動性で劣ると判断してα7にしました。
国内市場ではα7Rの方が人気のようですが、気にしてません。

AA7018.jpg
ようやく対角魚眼レンズもデジタル化?

さて、そんなα7
ようやく届いたマウントアダプターを装着し、minoltaレンズを取り付けて
「いざ!」
撮影しようと思って大きな問題にぶち当たりました。

ピントあわせが難しい!

そうなのです。
α7のビューファインダーは電子ファインダー。
つまりビデオと一緒。
かなり高細密なビューファインダーではあるのですが、ピントの山が掴めない。

従来の光学式ファインダーなら見やすかったけど、意外にチラつきがあって、ピントが合わない。

これには焦りました。

そこで考えられる手をいろいろ試してみました。

AA7019.jpg
カメラ付属のアイカップ

AA7020.jpg
古いMINOLTA製のアイカップに変更。
光が横から差し込まずピントあわせは少しやり易いかも…

AA7021.jpg
同じくMINOLTA製のアングルファインダーVn
拡大表示が使えるかなと思ったら、単にビューファインダーの画像のドットが大きくなるだけでピントあわせは解決出来ず。

購入したヨドバシカメラ梅田の担当者に確認したところ、ピーキング機能ってのを教えてくれました。

これは、ピントの合ったところの色が変わって、ピントの山をファインダー上で表示してくれるというもの。
色も赤、黄、白と変えられるので、条件に拠って色を変えればかなり使えそう。
実際テストしてみたら上々の結果を得られました。

DSC00183.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5

DSC00186.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5
サイズは1/4にしていますが、クリックすると拡大します。

さすがフルサイズ!
古のレンズが蘇りました。

DSC00236.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5
フルサイズならではのボケ味。

しかも、このカメラ、暗い場所にも強いのが魅力!

DSC00238.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5

DSC00240.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5

そして、この後、ようやくピント問題は解消するのですが、それはまたの話。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


ちなみに、α7にはα7Rという姉妹機がありますが、これは似て非なるものといえるでしょう。
α7は2400万画素機なのに対して、α7Rは3600万画素機。
違いはそれだけではなく、ローパスレスフィルターの有無や電子先幕シャッターの有無とか、結構違いがあります。

でも僕が重視したのは軽快さ。
α7が、通常2.5コマ、最高5コマの連写可能なのに対して、α7Rは通常1.5コマ。
そもそも画素数が違うし、機動性で劣ると判断してα7にしました。
国内市場ではα7Rの方が人気のようですが、気にしてません。

AA7018.jpg
ようやく対角魚眼レンズもデジタル化?

さて、そんなα7
ようやく届いたマウントアダプターを装着し、minoltaレンズを取り付けて
「いざ!」
撮影しようと思って大きな問題にぶち当たりました。

ピントあわせが難しい!

そうなのです。
α7のビューファインダーは電子ファインダー。
つまりビデオと一緒。
かなり高細密なビューファインダーではあるのですが、ピントの山が掴めない。

従来の光学式ファインダーなら見やすかったけど、意外にチラつきがあって、ピントが合わない。

これには焦りました。

そこで考えられる手をいろいろ試してみました。

AA7019.jpg
カメラ付属のアイカップ

AA7020.jpg
古いMINOLTA製のアイカップに変更。
光が横から差し込まずピントあわせは少しやり易いかも…

AA7021.jpg
同じくMINOLTA製のアングルファインダーVn
拡大表示が使えるかなと思ったら、単にビューファインダーの画像のドットが大きくなるだけでピントあわせは解決出来ず。

購入したヨドバシカメラ梅田の担当者に確認したところ、ピーキング機能ってのを教えてくれました。

これは、ピントの合ったところの色が変わって、ピントの山をファインダー上で表示してくれるというもの。
色も赤、黄、白と変えられるので、条件に拠って色を変えればかなり使えそう。
実際テストしてみたら上々の結果を得られました。

DSC00183.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5

DSC00186.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5
サイズは1/4にしていますが、クリックすると拡大します。

さすがフルサイズ!
古のレンズが蘇りました。

DSC00236.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5
フルサイズならではのボケ味。

しかも、このカメラ、暗い場所にも強いのが魅力!

DSC00238.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5

DSC00240.jpg
使用レンズはMINOLTA New MD ZOOM 35-70mmF3.5

そして、この後、ようやくピント問題は解消するのですが、それはまたの話。
スポンサーサイト

【2013/12/02 23:19】 | カメラ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。