FC2ブログ
HK215.jpg


今年5月に公開された問題作!
HK変態仮面。


(写真はサムネイルなのでクリックすると拡大できます。)
鈴木亮平主演で、『33分探偵』『プロゴルファー花』『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『コドモ警察』など数々のヒットドラマを制作してきた福田雄一監督作品。

バカバカしくって、それでいて結構深くて面白い作品でした。

ポスターを見て、「う~む! 机上に再現したい…」

そう思ったのが運のつき。

幸か不幸か、NACSの安田顕さんが実に重要な、いい役で出演しているし…。

あの安田さんが作りたい!


いろいろ予定していたものもあったのですが、勢いで製作開始!

シーンは悩んだものの、やはり、最初の対決シーンで、しかも、ポスターのポーズを彷彿とさせるものにしました。


いつもの様に、データ作りして、MODELAでレジン切削して、ポージング。

バカバカしさに抱腹絶倒しながらの製作になりました。

主演の変態仮面…。

熱演にもかかわらず、顔出ししないと言う潔さ。

対して安田さんは…


HK01.jpg
まずはPoserでデータ作り。

HK02.jpg
こちらは偽変態仮面。

HK02A.jpg
全身だとこんな感じ…

HK03.jpg
いつもの様にバスタブ切削のデータ。

HK04.jpg
そして、こちらはその上から切削するデータ。

52504.jpg
変態仮面のデータ切削!

52505.jpg
上半身を切削し、貼り合わせたところ

52506.jpg
後ろ側から…

52507.jpg
下半身のデータ切削

178560034_624_v1369660428.jpg
切削した下半身を貼り合わせ、ポーズ検討。

178560205_624_v1369660489.jpg
後ろ側から

178560680_624_v1369660628.jpg
どうですかね?


こんなシチュエーションが堪らず、一気に作った感じです。


ポーズには細心の注意を払って作ったつもり。


問題だったのは、主演の鈴木亮平さんと、安田顕さんの身長差。

10センチ近く違うのです。

フィギュアにしても約1センチ。

これではいくらなんでも偽変態仮面が負けてしまう。

映像では、それとなく処理して、身長差をフォローしてあまり目立たなくしていますけども。

そこはポーズの方で工夫して、あまり違和感が無いようにしつつ、両者の力関係を出すようにしてみました。

映画のネタバレになってしまいますが、変態パワーで押しまくる戸渡先生(安田顕)VS 変態になると力を発揮するけど変態ではない変態仮面の人間模様も何とか表現したかったのですが… どうでしょうね?

178568774_624_v1369663619.jpg
こちらは偽変態仮面こと、戸渡先生の切削データ。

178734815_624_v1369839006.jpg
彫り上げるとこんな感じ。

178574767_624_v1369666832.jpg
変態仮面の加工中。

178735930_624_v1369839725.jpg
変態仮面と偽変態仮面の比較しながらサイズ検討します。

178736063_624_v1369839837.jpg
切削し終わった偽変態仮面の上半身。

178805379_624_v1369927421.jpg
ボディの厚みが不足していると判断して、プラバンで少し厚み調整。

178846653_624_v1369993761.jpg
ポーズとサイズの検討中!

続く
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
鈴木亮平主演で、『33分探偵』『プロゴルファー花』『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『コドモ警察』など数々のヒットドラマを制作してきた福田雄一監督作品。

バカバカしくって、それでいて結構深くて面白い作品でした。

ポスターを見て、「う~む! 机上に再現したい…」

そう思ったのが運のつき。

幸か不幸か、NACSの安田顕さんが実に重要な、いい役で出演しているし…。

あの安田さんが作りたい!


いろいろ予定していたものもあったのですが、勢いで製作開始!

シーンは悩んだものの、やはり、最初の対決シーンで、しかも、ポスターのポーズを彷彿とさせるものにしました。


いつもの様に、データ作りして、MODELAでレジン切削して、ポージング。

バカバカしさに抱腹絶倒しながらの製作になりました。

主演の変態仮面…。

熱演にもかかわらず、顔出ししないと言う潔さ。

対して安田さんは…


HK01.jpg
まずはPoserでデータ作り。

HK02.jpg
こちらは偽変態仮面。

HK02A.jpg
全身だとこんな感じ…

HK03.jpg
いつもの様にバスタブ切削のデータ。

HK04.jpg
そして、こちらはその上から切削するデータ。

52504.jpg
変態仮面のデータ切削!

52505.jpg
上半身を切削し、貼り合わせたところ

52506.jpg
後ろ側から…

52507.jpg
下半身のデータ切削

178560034_624_v1369660428.jpg
切削した下半身を貼り合わせ、ポーズ検討。

178560205_624_v1369660489.jpg
後ろ側から

178560680_624_v1369660628.jpg
どうですかね?


こんなシチュエーションが堪らず、一気に作った感じです。


ポーズには細心の注意を払って作ったつもり。


問題だったのは、主演の鈴木亮平さんと、安田顕さんの身長差。

10センチ近く違うのです。

フィギュアにしても約1センチ。

これではいくらなんでも偽変態仮面が負けてしまう。

映像では、それとなく処理して、身長差をフォローしてあまり目立たなくしていますけども。

そこはポーズの方で工夫して、あまり違和感が無いようにしつつ、両者の力関係を出すようにしてみました。

映画のネタバレになってしまいますが、変態パワーで押しまくる戸渡先生(安田顕)VS 変態になると力を発揮するけど変態ではない変態仮面の人間模様も何とか表現したかったのですが… どうでしょうね?

178568774_624_v1369663619.jpg
こちらは偽変態仮面こと、戸渡先生の切削データ。

178734815_624_v1369839006.jpg
彫り上げるとこんな感じ。

178574767_624_v1369666832.jpg
変態仮面の加工中。

178735930_624_v1369839725.jpg
変態仮面と偽変態仮面の比較しながらサイズ検討します。

178736063_624_v1369839837.jpg
切削し終わった偽変態仮面の上半身。

178805379_624_v1369927421.jpg
ボディの厚みが不足していると判断して、プラバンで少し厚み調整。

178846653_624_v1369993761.jpg
ポーズとサイズの検討中!

続く
スポンサーサイト




【2014/01/01 22:40】 | 模型製作
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック