FC2ブログ
オートフォーカスの罠…

写真を撮って、オートフォーカスのカメラなのにピントが…

って事ありません?
例えばツーショットの写真。
肝心な主役二人はボケボケで後ろのワケの判んないものにピントが合っているとか…

DSC00823.jpg
肝心の前の人じゃなく後にピントが合ってしまった例。


現在のオートフォーカスって、今から30年程前に技術的に確立されて製品化されたものです。
その後の改良で、大幅にスピードアップは果たしましたが、残念ながら、人の目の様に完璧とは行きません。
カメラのオートフォーカスにはいろいろタイプがありますが、デジタルカメラになって、現在は撮像センサーにフォーカス用のセンサーを埋め込んだものとなり、その多くは位相差検出方式といって、ピントのずれを検出して、それを合わせていく方式が主流です。

基本的にレンズを通った光の像からピントを検出するので、極端なずれは無い方式です。

ただ、この方式もレンズの明るさからの影響を受ける事がありますし、測距センサーの配置の関係で、うまくピントあわせできない事があるのです。

y_a58_AFsensor.jpg
測距センサーのイメージ
概ね画面の中央に位置しています。
(注:SONYのHPより転載)


標準レンズ~広角レンズなら、あまり問題は生じないのですが、やはり、望遠レンズの場合には条件がシビアになります。

被写界深度が浅いし、ブレは大きくなるし、被写体を拡大して撮影する訳ですから…

冒頭に書いたツーショットの時のピントのずれ。

多くのオートフォーカスカメラの場合、測距センサーは画面の中央に位置しています。

高性能なカメラの場合、位置検出の性能を高めていたり、高い性能を誇りますが、多くのカメラの場合、やはり、画面の中心に撮りたいものを持ってくるというスタンスなので、勢いツーショットみたいに画面の中央に撮りたいものがいない場合にはフォーカスを外すのです。

じゃあ、どうするのか?

多くのカメラの場合、シャッターボタン半押しでオートフォーカスがスタートします。

まず、撮りたいものへピントを合わせてから、構図を決めて撮影します。

この時、シャッターボタンの押し具合でフォーカスロック(オートフォーカスした状態が止まる機能)がうまく作動するカメラだと問題ないのですが、シャッターボタンの押し具合でこれがずれたり、うまく行かないカメラがあります。

基本的にこうした難しいシチュエーションの場合、ファインダーでよく確認しておく必要があります。

また、望遠レンズにはフォーカスロック用のボタンが付いたモデルもあり、一旦ピントを合わせた後、そのボタンを押しながらシャッターを切るとピントのずれを防ぐ事のできるものもあります。

DSC01015.jpg
フォーカスロックボタンのついた望遠レンズの例


シャッター半押しでフォーカスロックの出来ない場合、必要に応じてマニュアルフォーカスに切り替えるなどの方法が必要になりますが、いずれにしろ、ファインダーでの確認をしっかり行う事がピントを外さない秘訣です。

続く

最初から読む
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
例えばツーショットの写真。
肝心な主役二人はボケボケで後ろのワケの判んないものにピントが合っているとか…

DSC00823.jpg
肝心の前の人じゃなく後にピントが合ってしまった例。


現在のオートフォーカスって、今から30年程前に技術的に確立されて製品化されたものです。
その後の改良で、大幅にスピードアップは果たしましたが、残念ながら、人の目の様に完璧とは行きません。
カメラのオートフォーカスにはいろいろタイプがありますが、デジタルカメラになって、現在は撮像センサーにフォーカス用のセンサーを埋め込んだものとなり、その多くは位相差検出方式といって、ピントのずれを検出して、それを合わせていく方式が主流です。

基本的にレンズを通った光の像からピントを検出するので、極端なずれは無い方式です。

ただ、この方式もレンズの明るさからの影響を受ける事がありますし、測距センサーの配置の関係で、うまくピントあわせできない事があるのです。

y_a58_AFsensor.jpg
測距センサーのイメージ
概ね画面の中央に位置しています。
(注:SONYのHPより転載)


標準レンズ~広角レンズなら、あまり問題は生じないのですが、やはり、望遠レンズの場合には条件がシビアになります。

被写界深度が浅いし、ブレは大きくなるし、被写体を拡大して撮影する訳ですから…

冒頭に書いたツーショットの時のピントのずれ。

多くのオートフォーカスカメラの場合、測距センサーは画面の中央に位置しています。

高性能なカメラの場合、位置検出の性能を高めていたり、高い性能を誇りますが、多くのカメラの場合、やはり、画面の中心に撮りたいものを持ってくるというスタンスなので、勢いツーショットみたいに画面の中央に撮りたいものがいない場合にはフォーカスを外すのです。

じゃあ、どうするのか?

多くのカメラの場合、シャッターボタン半押しでオートフォーカスがスタートします。

まず、撮りたいものへピントを合わせてから、構図を決めて撮影します。

この時、シャッターボタンの押し具合でフォーカスロック(オートフォーカスした状態が止まる機能)がうまく作動するカメラだと問題ないのですが、シャッターボタンの押し具合でこれがずれたり、うまく行かないカメラがあります。

基本的にこうした難しいシチュエーションの場合、ファインダーでよく確認しておく必要があります。

また、望遠レンズにはフォーカスロック用のボタンが付いたモデルもあり、一旦ピントを合わせた後、そのボタンを押しながらシャッターを切るとピントのずれを防ぐ事のできるものもあります。

DSC01015.jpg
フォーカスロックボタンのついた望遠レンズの例


シャッター半押しでフォーカスロックの出来ない場合、必要に応じてマニュアルフォーカスに切り替えるなどの方法が必要になりますが、いずれにしろ、ファインダーでの確認をしっかり行う事がピントを外さない秘訣です。

続く

最初から読む
スポンサーサイト




【2014/01/09 23:34】 | kumaのカメラ講座
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック