FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月11日に観劇したアメリカンコミックシアターの旗揚げ公演。
3作一気という暴挙に出ましたけど、期待に違わぬ出来でした。

その感想です。


ネタばれ含みます。






デッド編
改正健康法によりジャンクフード規制下の東京。
ジャンクフードは規制され、刺激の強い食品やスパイスは厳しく規制されていた。
そんな中、レストランへネットで見たと脱法ラーメンを食べにきた主人公のOL埴井。
彼女はナチュラル過ぎる、刺激の無い家庭に育ち、そんな人生につまらなさを感じて、刺激を求めていた。
だが、レストランは脱法フードの提供店として、既に都の諜報局の調査対象となっており、美しすぎる東京都知事の指揮のもと、小浦課長と久野市しのぶが潜入していた。
レストランのコック・フューリーは警戒しつつも脱法ラーメンを提供しようとするが、そこへ警察が踏込み、主人公ごと捕らえられる…。

物語は不摂生なジャンクフードライフに鋭いメスを入れた、なんとも、ますもとたくやさんらしいテーマです。
(って言って好いのかな?)

他の作品もそうだけど、とにかくキャラクターが魅力的。
ジャンクフード界の総元締めドナルド・スマイリー、その手下のミルキー。
扮装は完全にマ○ドナルドのキャラクターからの丸パクリだけど…、すごく魅力的なキャラクターに仕上がってました。
上原拓馬さん演じるスマイリーの狂気に満ちた流し目とニヒルな笑い。(すっごく印象に残りました。)
(前半には二丁拳銃の修士さんが演じてたそうです。)
菅原夕さん演じるミルキーの妖しい動きと、顔に似合わず意外と残忍な性格が絶妙。
すっかり魅了されました。
さらにあのカーネルまでも登場します。(笑)

京王線特別監獄快速なんてのが登場し(架空の存在です←そりゃ知ってるって)その屋根での戦い。
(これは簡単だけど、なかなか好い舞台装置でした。)

主人公はセサミン、イソフラボン、カプサイシン、クロロフィルを味方にカーネルのスパイスの秘密を手に入れようとするのですが、この4人も魅力的。
中世の騎士姿のセサミン。カウガール姿のイソフラボン。ボクサーのカプサイシン。剣の達人のクロロフィル。
なんでこれだけキャラクター違うのって突っ込みのひとつも入れたいほど。
中でも紅一点イソフラボンの若狭みなとさん。
お美しいし、スタイル好いし、カッコいい!
写真撮れなかったのが残念でした!

ドナルド・スマイリー、ミルキー、カーネル(サンダース)など、有名ファーストフード店のキャラクターをパロディってて思い切り楽しめます。
また3作全てに登場する桜田門とガチ野のコンビが登場しますが、片や漢気あふれる硬派のデカ長と、オカマキャラなガチ野。
些細な発言を、下ネタっぽく受け取って、大げさに反応するガチ野(瀬尾卓也さん)最高でした。
美しすぎる都知事(高嶋みあり)と共に、まるで『宇宙犬作戦』を髣髴させるキャラクターたちがストーリーを盛り上げています。
事実、僕の観た前日アットムービーの方々が観に来られたらしいのですが、そこでもそういう突っ込みがあったそうです。
(『宇宙犬作戦』は、ますもとたくやさんメインライターで、アットムービー製作)

黒子姿の小浦課長(谷戸亮太さん)の進化ぶりとその進化ゆえの苦悩が妙に面白く、またその部下高岡純さん演じる久野市しのぶのカッコよさも最高でした。
(絶対胸の谷間に眼が行ってしまう…「狙い」だったそうですが、目のやり場に困りました。笑)


DVD発売も予定されているようです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
デッド編
改正健康法によりジャンクフード規制下の東京。
ジャンクフードは規制され、刺激の強い食品やスパイスは厳しく規制されていた。
そんな中、レストランへネットで見たと脱法ラーメンを食べにきた主人公のOL埴井。
彼女はナチュラル過ぎる、刺激の無い家庭に育ち、そんな人生につまらなさを感じて、刺激を求めていた。
だが、レストランは脱法フードの提供店として、既に都の諜報局の調査対象となっており、美しすぎる東京都知事の指揮のもと、小浦課長と久野市しのぶが潜入していた。
レストランのコック・フューリーは警戒しつつも脱法ラーメンを提供しようとするが、そこへ警察が踏込み、主人公ごと捕らえられる…。

物語は不摂生なジャンクフードライフに鋭いメスを入れた、なんとも、ますもとたくやさんらしいテーマです。
(って言って好いのかな?)

他の作品もそうだけど、とにかくキャラクターが魅力的。
ジャンクフード界の総元締めドナルド・スマイリー、その手下のミルキー。
扮装は完全にマ○ドナルドのキャラクターからの丸パクリだけど…、すごく魅力的なキャラクターに仕上がってました。
上原拓馬さん演じるスマイリーの狂気に満ちた流し目とニヒルな笑い。(すっごく印象に残りました。)
(前半には二丁拳銃の修士さんが演じてたそうです。)
菅原夕さん演じるミルキーの妖しい動きと、顔に似合わず意外と残忍な性格が絶妙。
すっかり魅了されました。
さらにあのカーネルまでも登場します。(笑)

京王線特別監獄快速なんてのが登場し(架空の存在です←そりゃ知ってるって)その屋根での戦い。
(これは簡単だけど、なかなか好い舞台装置でした。)

主人公はセサミン、イソフラボン、カプサイシン、クロロフィルを味方にカーネルのスパイスの秘密を手に入れようとするのですが、この4人も魅力的。
中世の騎士姿のセサミン。カウガール姿のイソフラボン。ボクサーのカプサイシン。剣の達人のクロロフィル。
なんでこれだけキャラクター違うのって突っ込みのひとつも入れたいほど。
中でも紅一点イソフラボンの若狭みなとさん。
お美しいし、スタイル好いし、カッコいい!
写真撮れなかったのが残念でした!

ドナルド・スマイリー、ミルキー、カーネル(サンダース)など、有名ファーストフード店のキャラクターをパロディってて思い切り楽しめます。
また3作全てに登場する桜田門とガチ野のコンビが登場しますが、片や漢気あふれる硬派のデカ長と、オカマキャラなガチ野。
些細な発言を、下ネタっぽく受け取って、大げさに反応するガチ野(瀬尾卓也さん)最高でした。
美しすぎる都知事(高嶋みあり)と共に、まるで『宇宙犬作戦』を髣髴させるキャラクターたちがストーリーを盛り上げています。
事実、僕の観た前日アットムービーの方々が観に来られたらしいのですが、そこでもそういう突っ込みがあったそうです。
(『宇宙犬作戦』は、ますもとたくやさんメインライターで、アットムービー製作)

黒子姿の小浦課長(谷戸亮太さん)の進化ぶりとその進化ゆえの苦悩が妙に面白く、またその部下高岡純さん演じる久野市しのぶのカッコよさも最高でした。
(絶対胸の谷間に眼が行ってしまう…「狙い」だったそうですが、目のやり場に困りました。笑)


DVD発売も予定されているようです。
スポンサーサイト

【2014/10/17 22:33】 | 観劇
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。