FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いコンパクトカメラ…
(と、言うより大衆機と言った方が良いのかな?)

22308668_901553946669200_1872836506121178490_n.jpg
増えていくばかりのカメラたち…(苦笑)


最近、ハードオフでレンズ修理の練習用に、古い安価なレンズ探しにジャンク箱を漁っていたら、こうしたレンズは殆ど見つからなかったのですが、僕が生まれた頃に大ヒットしたCanon Canonetやら、minolta Hi-matic等の当時のコンパクトカメラが、ジャンク箱に転がっているのをしばしば見かけました。

ふと気になって手にとって見てみると、数百円からせいぜい2千円程度までの値がつけられて売られてます。
もちろん状態の良いものは、より価値の高い商品の棚に飾られているのですが…。
ジャンク箱のカメラたちはどちらかというと、商品というよりも、打ち捨てられたガラクタといった感じで、カメラとしては、既に壊れているものが殆どで、ファインダーがダメだったり、シャッターが動かなかったり、電池室が腐食していたりと、もう使えそうにもありません。
当然、ジャンクであり、部品取り用と割り切られて売られているものです。
しかしながら、良くみると意外な事に、レンズは無事でクリアだったりします。

良く良く調べてみると、当時のこうしたカメラは、メーカーのカメラ販売の主力であり、その搭載レンズは交換こそ出来ないものでしたが、各社各様ながら、当時のカメラメーカーの技術の粋を尽くしたものでした。

と、言う事は、これ等のカメラのレンズを上手く取り外して使えれば、当時のカメラメーカーのレンズを安価にコレクション出来るかも…?

調べてみると、何事にも先達はいるもので、こうしたカメラのレンズをミラーレスカメラの交換レンズに改造している人たちがいる事が解りました。

打ち捨てられたカメラたちのレンズ。
出来るかどうか判りませんが、改造して交換レンズに再生してみるつもり。

ただ、こうしたレンズ、シャッター内蔵なので、その辺の改造は結構大変なんですよね。
幸い、同じフォーマットの35mm版フルサイズのSONY α7シリーズはフランジバックも短いですし、上手くライカMマウントにでも改造出来れば交換レンズの一員に加えられます。

1960年代頃までのカメラなら、カメラ前部の金属製のレンズボードにレンズを取り付けているだけの構造なので、それさえ取り外せれば何とかなりそう。

22449857_903754553115806_604563453642813278_n.jpg
左からKONICA C35 EF、YASHICA ELECTRO 35、minolta Hi-matic
これ前部で2000円以下!

21761729_890122254479036_2974790129796232931_n.jpg
左からOLYMPUS 35DC、minolta Hi-matic7s、YASHICA Linx14
同じフォーマットとは思えないほど大きさが違います。

21430544_880844755406786_5995446442225539284_n.jpg
一世を風靡したCanon Canonet



びっくりしたのは、ぐっと軽量化の進んだカメラ。
1970年代になって、軽量小型のジャーニーコニカが大ヒットして以降、プラスチック製ボディの文字通りコンパクトカメラが作られ際して始め、そうしたカメラではレンズもプラスチックボディの一部にされている様です。
先日minolta Hi-matic AFを分解してみたら、プラスチックボディに金属製のレンズボードを裏打ちしただけで、鏡筒すらなく(プラスチックの前カバーが鏡筒と兼用の造り)、敢えなくカメラバラバラ事件となってしまいました。
まあ、その当時のカメラは軽量化のみならず、低価格化も進み、ストロボ内蔵になり、レンズも小口径のものに変更されつつあった様です。

21317569_881897605301501_3464613136085796259_n.jpg
minolta Hi-maitic AF
オートフォーカスカメラです。さすがにプラボディで取り付く島も無いです…

21314323_881897771968151_6790334341779331107_n.jpg
レンズボードはプラボディの裏打ちの金属板だし、鏡筒もプラ製。
さすがにどうにもならず…

21314476_881897825301479_2061539055138176660_n.jpg
あわれ Hi-maitic AF はバラバラに…
部品の何がしかは何かに使うかも…


ですから、狙い目は1960年代までの大衆機。
その殆どは、ダブルガウス型のレンズの様ですが、中には不思議な型のレンズも混じってそうです。

見事に再生交換レンズとなるのか?

もしくはマッドサイエンティストの餌食となって、カメラごとバラバラに分解されてしまうのか?

何とかスキルを上げて甦らせたいものです。


21231163_880408622117066_4267937281565635504_n.jpg
YASHICA ELECTRO 35から外したYASHINON 45mm F1.7
オールドレンズファンなら一度は名を聞いた事のある富岡光学製のレンズです。
これを知ってから、試してみる価値はあるかなぁと思い始めました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ジャンク箱のカメラたちはどちらかというと、商品というよりも、打ち捨てられたガラクタといった感じで、カメラとしては、既に壊れているものが殆どで、ファインダーがダメだったり、シャッターが動かなかったり、電池室が腐食していたりと、もう使えそうにもありません。
当然、ジャンクであり、部品取り用と割り切られて売られているものです。
しかしながら、良くみると意外な事に、レンズは無事でクリアだったりします。

良く良く調べてみると、当時のこうしたカメラは、メーカーのカメラ販売の主力であり、その搭載レンズは交換こそ出来ないものでしたが、各社各様ながら、当時のカメラメーカーの技術の粋を尽くしたものでした。

と、言う事は、これ等のカメラのレンズを上手く取り外して使えれば、当時のカメラメーカーのレンズを安価にコレクション出来るかも…?

調べてみると、何事にも先達はいるもので、こうしたカメラのレンズをミラーレスカメラの交換レンズに改造している人たちがいる事が解りました。

打ち捨てられたカメラたちのレンズ。
出来るかどうか判りませんが、改造して交換レンズに再生してみるつもり。

ただ、こうしたレンズ、シャッター内蔵なので、その辺の改造は結構大変なんですよね。
幸い、同じフォーマットの35mm版フルサイズのSONY α7シリーズはフランジバックも短いですし、上手くライカMマウントにでも改造出来れば交換レンズの一員に加えられます。

1960年代頃までのカメラなら、カメラ前部の金属製のレンズボードにレンズを取り付けているだけの構造なので、それさえ取り外せれば何とかなりそう。

22449857_903754553115806_604563453642813278_n.jpg
左からKONICA C35 EF、YASHICA ELECTRO 35、minolta Hi-matic
これ前部で2000円以下!

21761729_890122254479036_2974790129796232931_n.jpg
左からOLYMPUS 35DC、minolta Hi-matic7s、YASHICA Linx14
同じフォーマットとは思えないほど大きさが違います。

21430544_880844755406786_5995446442225539284_n.jpg
一世を風靡したCanon Canonet



びっくりしたのは、ぐっと軽量化の進んだカメラ。
1970年代になって、軽量小型のジャーニーコニカが大ヒットして以降、プラスチック製ボディの文字通りコンパクトカメラが作られ際して始め、そうしたカメラではレンズもプラスチックボディの一部にされている様です。
先日minolta Hi-matic AFを分解してみたら、プラスチックボディに金属製のレンズボードを裏打ちしただけで、鏡筒すらなく(プラスチックの前カバーが鏡筒と兼用の造り)、敢えなくカメラバラバラ事件となってしまいました。
まあ、その当時のカメラは軽量化のみならず、低価格化も進み、ストロボ内蔵になり、レンズも小口径のものに変更されつつあった様です。

21317569_881897605301501_3464613136085796259_n.jpg
minolta Hi-maitic AF
オートフォーカスカメラです。さすがにプラボディで取り付く島も無いです…

21314323_881897771968151_6790334341779331107_n.jpg
レンズボードはプラボディの裏打ちの金属板だし、鏡筒もプラ製。
さすがにどうにもならず…

21314476_881897825301479_2061539055138176660_n.jpg
あわれ Hi-maitic AF はバラバラに…
部品の何がしかは何かに使うかも…


ですから、狙い目は1960年代までの大衆機。
その殆どは、ダブルガウス型のレンズの様ですが、中には不思議な型のレンズも混じってそうです。

見事に再生交換レンズとなるのか?

もしくはマッドサイエンティストの餌食となって、カメラごとバラバラに分解されてしまうのか?

何とかスキルを上げて甦らせたいものです。


21231163_880408622117066_4267937281565635504_n.jpg
YASHICA ELECTRO 35から外したYASHINON 45mm F1.7
オールドレンズファンなら一度は名を聞いた事のある富岡光学製のレンズです。
これを知ってから、試してみる価値はあるかなぁと思い始めました。
スポンサーサイト

【2017/10/27 23:55】 | カメラ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。