FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UVTOPCOR000.jpg


今はカメラ事業から撤退してしまったカメラメーカーにトプコン(TOPCON)という会社があります。
現在は、土木用の測量機器や眼科医療機器などを作っている会社です。


歴史は古く昭和7年(1932年)創業。
元々は日本陸軍の測量機器や照準機器などを製造する為に作られた国策会社でした。

戦後、民生品製造会社としてカメラ製造をスタートさせるのですが、昭和56年(1981年)に一般用カメラ市場からは撤退しています。

その間、各種のカメラを製造していますが、35mmフィルム使用のカメラとしていち早く一眼レフの製造に参入したメーカーでもあり、1963年に世界初のTTL開放測光方式を取り入れたカメラ TOPCON RE superを発表するなどその技術力は高く評価されていました。


ただ、直線主体のデザインで、個人的にはなんかへんちくりんなカメラのイメージが強かったのですが、三菱の創始者 岩崎弥太郎氏の甥 小弥太氏が創設し、日本海軍の光学機器一切を取り仕切っていた日本光学(現 Nikon 戦艦 大和に搭載された世界最大の15m測距儀は日本光学製でした。)同様、兵器メーカーの作らしいと言えばそういえるかも知れません。
当時は、陸のトーコー(東京光学)・海のニッコー(日本光学)と並び称されていたとの事です。

Nikonも最初の一眼レフカメラ Nikon Fのシャッターボタンの位置が独特で、その為に指が曲がってしまったプロカメラマンもいたという逸話が残されており、扱いにクセはあるものの、その堅牢さには定評がありました。

TOPCON製もかなり堅牢なカメラだった様です。
『アサヒカメラ』のテストレポートに大きく重い、しかし頑丈で「軍用カメラ」と揶揄されたという話も残っているとか…。

そんなTOPCONのカメラ…

主力の一眼レフカメラのシリーズは口径が小さい、しかもマイナーなエキザクタマウントを採用していた事もあり、まず興味はありませんでした。

ところが、出張の移動の途中に覗いた大垣のハードオフで、ジャンク品コーナーに沢山のフィルムカメラと共に箱に入れられているカメラを見ていたらTOPCONのカメラがあったのです。

TOPCON uni?

はて??

見た目は一眼レフですが、レンズを覗くと

「ん?」

レンズ内にシャッター幕が…

「何だ!これ?」

値札が付いていなかったので、安かったら買ってみようかなと思いました。

そのジャンク箱は殆どが540円のカメラばかりで、他にも気になった540円のカメラ2台(MAMIYA 35とRICOH ELENICA 35)と共にカウンターへ持って行きました。

「これ、幾らなんでしょう?」

店員さんも

「ん?」

値札が無いのを確認して、

「どの箱にありました?」

と聞いてきたので、

「この箱ですよ。」

とジャンク箱を指差すと

「540円で良いです。」


やった!!


ウソは一切言っていないのですが、正直、心の中ではガッツポーズしていました。(笑)

一応、一眼レフだし、壊れてはいそうだけど、レンズはクリアだったし、2,000円以下だったら買おうかと思っていましたから。

持ち帰って調べてみると、レンズシャッター式の一眼レフカメラでTOPCONの廉価版シリーズのカメラのひとつでした。

UVTOPCOR001.jpg
大垣のハードオフでゲットした3台

UVTOPCOR002.jpg
TOPCON uni

UVTOPCOR003.jpg
レンズマウントの後ろ側にレンズシャッターが付いています。


しかし、ちゃんとシリーズ展開もされていた様で、UV TOPCORという名のシリーズの交換レンズもあるとの事。

ハードオフで手に入れたカメラは、残念ながら既に故障していてうんともすんとも動かず、お亡くなりになっている様でしたが、試してみたいのはそのレンズ。

しかも、シリーズ展開しているという事なら、他のはどうなんだろう?

ふと気になってヤフオクで見てみたら…

35mm F3.5、100mm F4、135mm F4の3本組の交換レンズが4,500円でオークションにかけられていました。

「安っ!?」

商品説明にはカビ有り、クモリ有りとの事だったのですが、少々面白半分で入札したら、あっさりと落札。


数日後には我が家に届いていました。

UVTOPCOR004.jpg

UVTOPCOR005.jpg
ヤフオクであっさり入手できてしまった3本

UVTOPCOR006.jpg
TOPCON uni と交換レンズ


もともと、あまり興味の無いレンズだったのもありますが、壊れてもいいやとばかりに、クリーニングの練習がてらカビをカビキラーで落とし、クリーニングしてみる事に。

レンズの構造も簡単で、簡単に分解できてしまいました。

コーティングもかなり丈夫な様子でしたので、クリーニングをしたのですが、コーティングも剥がれる事無く無事。

しかし、どうしても取れない油膜の様なシミが残るので、意を決して超音波洗浄器を使ってみる事にしました。

元々メガネ、レンズ用だし…

大丈夫…だろ?

工夫しながらチャレンジ数回。

UVTOPCOR009.jpg
超音波洗浄器
意外と威力はあるみたいで、レンズのコバ塗装が剥がれ落ちた事も…


最初は中性洗剤を2滴ほど落として2回洗浄。

更に器を洗ってから、水だけにして2回。

取り出したレンズから水滴をブロワで飛ばしてみたら…

ばっちりクモリも取れ、幸いカビも中までは根を降ろしていなかったらしく、すっかりキレイになりました。

こうなると、可愛くって仕方なくなります。


UV TOPCORのシリーズは廉価版という扱いでもあり、少々おもちゃチックな外観なレンズなのですが、意外と描写の評判は高い様です。

ただ、レンズシャッターという構造上、カメラマウントが特殊なのですが、フランジバックは大きいので改造は出来そう。

絞りはレンズ内にあるのですが、問題は絞りのリングはレンズ側ではなく、カメラ側に付いているという事。

つまり、カメラ側からマウントだけではなく、絞りリングも移植しなければなりません。

比較的構造は簡単なので、購入したものの故障品だったTOPCON uniからレンズマウントとその下の絞りリングを取り外し、いつも通りPixcoのヘリコイド付マクロチューブを利用して改造ヘリコイドマウントアダプターを作る事にしました。

問題はフランジバック。

絞りの調整リングはカメラ側についており、それを移植する事が出来れば、マウントアダプターとして機能します。

多少苦労はしましたが、Pixco M42-M42 ヘリコイド付マクロチューブ 17-31mmにスペーサー代わりのステップアップリング+ステップダウンリングをかませ、更にその前にスペーサーを入れて、何とか完成。

最終的なスペーサーの寸法出しに苦戦しました。

幾らかオーバーインフなのですが、使用上はほぼ問題なし。

レンズ4本なので、ちょっとしたシステムとして充分に機能します。

ただ、レンズリアキャップだけは見つからず、これだけはどうやら自作するしか無い様です。

ヘリコイドマウントアダプターに取り付けて、試写してみると、写りのシャープさ、切れの良さはなかなかのもので、すっかり魅了されてしまいました。

描写の点ではNikonよりも階調が豊かで、ボケ味を含め、こちらの方が好みです。

ただ、レンズの外観だけはどう見てもチープそのもの。

プラスチックむき出しの距離計リングと、印刷された薄い金属板をビスで留めた距離指標は何とも安っぽい。
レンズの所有欲という観点から見ると、これは失敗作としか言い様が無いです。

レンズの描写の素晴らしさと、レンズの外観とが明らかにかけ離れています・・・(笑)。

UVTOPCOR007.jpg

UVTOPCOR008.jpg
完成したマウントアダプター
欲しい人がいるとはとても思えないけど…(笑)



そんなある日、たまたま覗いたハードオフでKenko TELEPLUS(カメラとレンズの間に挟んで焦点距離を倍にするコンバーターレンズ)が幾つかあったので、見ていると、中にTUというタイプが見つかりました。

TU?

はて???

ただ、そのレンズマウント何だか見覚えが…

ひょっとして?


内蔵されているレンズも悪くは無く、売値も300円と格安だったので購入してしまいました。

そして、UV TOPCORに嵌めてみると、ビンゴ!!

何と、UV TOPCORにもこんなものが発売されていたなんて…

おかげで、レンズを買い足す事無く、お安く200mm、270mmレンズが手に入りました。

まあ、開放絞り値F8と暗くはなりますけど、主力レンズでは無いので問題は無いでしょう。

32876006_1038397746318152_7081747316952006656_n.jpg
なんと UV TOPCOR 用のテレプラス
こんなのもあったなんてねぇ…



さて、オークションで入手したレンズですが、レンズキャップも、レンズリアキャップも付いておらず、手軽に持ち出す事が出来なかったのですが、レンズキャップは汎用品を利用するとして、リアキャップはどうにもなりませんでした。

オークションも、中古カメラ店のサイトにも見当たらず、途方に暮れていたのですが、Canonのレンズリアキャップで仮にカバーしているというネット情報があり、Canon FDレンズのリアキャップを使って、自作する事にしました。

汎用品のCanon FDレンズ用のリアキャップを幾つか入手して、それを卓上旋盤で削って改造。
ただ、若干噛み合わせがきつく、多少削りこみが必要でしたが、これは何とかなりました。

ところが、UV TOPCOR 100mm F4はそれで大丈夫だったのですが、他のレンズはいずれもレンズが飛び出しており、上手く嵌まりません。
そこで、もうひとつレンズリアキャップを加工して深さを増して使う事に。

3つ分のレンズリアキャップを切り出して、そこの部分を足す事にして、それをエポキシ接着剤で貼り合わせました。

何とか3本分は作ったので、これでやっと気軽に持ち出せます。

UVTOPCOR010.jpg

UVTOPCOR012.jpg
完成したレンズリアキャップ


UVTOPCOR019.jpg
レンズ洗浄後に起こった珍事
UV TOPCOR 35mm F3.5ですが・・・

UVTOPCOR020.jpg
試写したら…!!!
なんじゃこりゃ!!!

UVTOPCOR021.jpg
何の事はない、レンズの組み間違いしてました。
後群の一枚を前後逆にね…

UVTOPCOR022.jpg
UV TOPCOR 50mm F2

UVTOPCOR023.jpg
UV TOPCOR 100mm F4

UVTOPCOR024.jpg
UV TOPCOR 135mm F4

シャープだし、階調も豊かな好いレンズだと思います。
ただ、鏡筒の作りが何ともチープなのがねぇ…
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
歴史は古く昭和7年(1932年)創業。
元々は日本陸軍の測量機器や照準機器などを製造する為に作られた国策会社でした。

戦後、民生品製造会社としてカメラ製造をスタートさせるのですが、昭和56年(1981年)に一般用カメラ市場からは撤退しています。

その間、各種のカメラを製造していますが、35mmフィルム使用のカメラとしていち早く一眼レフの製造に参入したメーカーでもあり、1963年に世界初のTTL開放測光方式を取り入れたカメラ TOPCON RE superを発表するなどその技術力は高く評価されていました。


ただ、直線主体のデザインで、個人的にはなんかへんちくりんなカメラのイメージが強かったのですが、三菱の創始者 岩崎弥太郎氏の甥 小弥太氏が創設し、日本海軍の光学機器一切を取り仕切っていた日本光学(現 Nikon 戦艦 大和に搭載された世界最大の15m測距儀は日本光学製でした。)同様、兵器メーカーの作らしいと言えばそういえるかも知れません。
当時は、陸のトーコー(東京光学)・海のニッコー(日本光学)と並び称されていたとの事です。

Nikonも最初の一眼レフカメラ Nikon Fのシャッターボタンの位置が独特で、その為に指が曲がってしまったプロカメラマンもいたという逸話が残されており、扱いにクセはあるものの、その堅牢さには定評がありました。

TOPCON製もかなり堅牢なカメラだった様です。
『アサヒカメラ』のテストレポートに大きく重い、しかし頑丈で「軍用カメラ」と揶揄されたという話も残っているとか…。

そんなTOPCONのカメラ…

主力の一眼レフカメラのシリーズは口径が小さい、しかもマイナーなエキザクタマウントを採用していた事もあり、まず興味はありませんでした。

ところが、出張の移動の途中に覗いた大垣のハードオフで、ジャンク品コーナーに沢山のフィルムカメラと共に箱に入れられているカメラを見ていたらTOPCONのカメラがあったのです。

TOPCON uni?

はて??

見た目は一眼レフですが、レンズを覗くと

「ん?」

レンズ内にシャッター幕が…

「何だ!これ?」

値札が付いていなかったので、安かったら買ってみようかなと思いました。

そのジャンク箱は殆どが540円のカメラばかりで、他にも気になった540円のカメラ2台(MAMIYA 35とRICOH ELENICA 35)と共にカウンターへ持って行きました。

「これ、幾らなんでしょう?」

店員さんも

「ん?」

値札が無いのを確認して、

「どの箱にありました?」

と聞いてきたので、

「この箱ですよ。」

とジャンク箱を指差すと

「540円で良いです。」


やった!!


ウソは一切言っていないのですが、正直、心の中ではガッツポーズしていました。(笑)

一応、一眼レフだし、壊れてはいそうだけど、レンズはクリアだったし、2,000円以下だったら買おうかと思っていましたから。

持ち帰って調べてみると、レンズシャッター式の一眼レフカメラでTOPCONの廉価版シリーズのカメラのひとつでした。

UVTOPCOR001.jpg
大垣のハードオフでゲットした3台

UVTOPCOR002.jpg
TOPCON uni

UVTOPCOR003.jpg
レンズマウントの後ろ側にレンズシャッターが付いています。


しかし、ちゃんとシリーズ展開もされていた様で、UV TOPCORという名のシリーズの交換レンズもあるとの事。

ハードオフで手に入れたカメラは、残念ながら既に故障していてうんともすんとも動かず、お亡くなりになっている様でしたが、試してみたいのはそのレンズ。

しかも、シリーズ展開しているという事なら、他のはどうなんだろう?

ふと気になってヤフオクで見てみたら…

35mm F3.5、100mm F4、135mm F4の3本組の交換レンズが4,500円でオークションにかけられていました。

「安っ!?」

商品説明にはカビ有り、クモリ有りとの事だったのですが、少々面白半分で入札したら、あっさりと落札。


数日後には我が家に届いていました。

UVTOPCOR004.jpg

UVTOPCOR005.jpg
ヤフオクであっさり入手できてしまった3本

UVTOPCOR006.jpg
TOPCON uni と交換レンズ


もともと、あまり興味の無いレンズだったのもありますが、壊れてもいいやとばかりに、クリーニングの練習がてらカビをカビキラーで落とし、クリーニングしてみる事に。

レンズの構造も簡単で、簡単に分解できてしまいました。

コーティングもかなり丈夫な様子でしたので、クリーニングをしたのですが、コーティングも剥がれる事無く無事。

しかし、どうしても取れない油膜の様なシミが残るので、意を決して超音波洗浄器を使ってみる事にしました。

元々メガネ、レンズ用だし…

大丈夫…だろ?

工夫しながらチャレンジ数回。

UVTOPCOR009.jpg
超音波洗浄器
意外と威力はあるみたいで、レンズのコバ塗装が剥がれ落ちた事も…


最初は中性洗剤を2滴ほど落として2回洗浄。

更に器を洗ってから、水だけにして2回。

取り出したレンズから水滴をブロワで飛ばしてみたら…

ばっちりクモリも取れ、幸いカビも中までは根を降ろしていなかったらしく、すっかりキレイになりました。

こうなると、可愛くって仕方なくなります。


UV TOPCORのシリーズは廉価版という扱いでもあり、少々おもちゃチックな外観なレンズなのですが、意外と描写の評判は高い様です。

ただ、レンズシャッターという構造上、カメラマウントが特殊なのですが、フランジバックは大きいので改造は出来そう。

絞りはレンズ内にあるのですが、問題は絞りのリングはレンズ側ではなく、カメラ側に付いているという事。

つまり、カメラ側からマウントだけではなく、絞りリングも移植しなければなりません。

比較的構造は簡単なので、購入したものの故障品だったTOPCON uniからレンズマウントとその下の絞りリングを取り外し、いつも通りPixcoのヘリコイド付マクロチューブを利用して改造ヘリコイドマウントアダプターを作る事にしました。

問題はフランジバック。

絞りの調整リングはカメラ側についており、それを移植する事が出来れば、マウントアダプターとして機能します。

多少苦労はしましたが、Pixco M42-M42 ヘリコイド付マクロチューブ 17-31mmにスペーサー代わりのステップアップリング+ステップダウンリングをかませ、更にその前にスペーサーを入れて、何とか完成。

最終的なスペーサーの寸法出しに苦戦しました。

幾らかオーバーインフなのですが、使用上はほぼ問題なし。

レンズ4本なので、ちょっとしたシステムとして充分に機能します。

ただ、レンズリアキャップだけは見つからず、これだけはどうやら自作するしか無い様です。

ヘリコイドマウントアダプターに取り付けて、試写してみると、写りのシャープさ、切れの良さはなかなかのもので、すっかり魅了されてしまいました。

描写の点ではNikonよりも階調が豊かで、ボケ味を含め、こちらの方が好みです。

ただ、レンズの外観だけはどう見てもチープそのもの。

プラスチックむき出しの距離計リングと、印刷された薄い金属板をビスで留めた距離指標は何とも安っぽい。
レンズの所有欲という観点から見ると、これは失敗作としか言い様が無いです。

レンズの描写の素晴らしさと、レンズの外観とが明らかにかけ離れています・・・(笑)。

UVTOPCOR007.jpg

UVTOPCOR008.jpg
完成したマウントアダプター
欲しい人がいるとはとても思えないけど…(笑)



そんなある日、たまたま覗いたハードオフでKenko TELEPLUS(カメラとレンズの間に挟んで焦点距離を倍にするコンバーターレンズ)が幾つかあったので、見ていると、中にTUというタイプが見つかりました。

TU?

はて???

ただ、そのレンズマウント何だか見覚えが…

ひょっとして?


内蔵されているレンズも悪くは無く、売値も300円と格安だったので購入してしまいました。

そして、UV TOPCORに嵌めてみると、ビンゴ!!

何と、UV TOPCORにもこんなものが発売されていたなんて…

おかげで、レンズを買い足す事無く、お安く200mm、270mmレンズが手に入りました。

まあ、開放絞り値F8と暗くはなりますけど、主力レンズでは無いので問題は無いでしょう。

32876006_1038397746318152_7081747316952006656_n.jpg
なんと UV TOPCOR 用のテレプラス
こんなのもあったなんてねぇ…



さて、オークションで入手したレンズですが、レンズキャップも、レンズリアキャップも付いておらず、手軽に持ち出す事が出来なかったのですが、レンズキャップは汎用品を利用するとして、リアキャップはどうにもなりませんでした。

オークションも、中古カメラ店のサイトにも見当たらず、途方に暮れていたのですが、Canonのレンズリアキャップで仮にカバーしているというネット情報があり、Canon FDレンズのリアキャップを使って、自作する事にしました。

汎用品のCanon FDレンズ用のリアキャップを幾つか入手して、それを卓上旋盤で削って改造。
ただ、若干噛み合わせがきつく、多少削りこみが必要でしたが、これは何とかなりました。

ところが、UV TOPCOR 100mm F4はそれで大丈夫だったのですが、他のレンズはいずれもレンズが飛び出しており、上手く嵌まりません。
そこで、もうひとつレンズリアキャップを加工して深さを増して使う事に。

3つ分のレンズリアキャップを切り出して、そこの部分を足す事にして、それをエポキシ接着剤で貼り合わせました。

何とか3本分は作ったので、これでやっと気軽に持ち出せます。

UVTOPCOR010.jpg

UVTOPCOR012.jpg
完成したレンズリアキャップ


UVTOPCOR019.jpg
レンズ洗浄後に起こった珍事
UV TOPCOR 35mm F3.5ですが・・・

UVTOPCOR020.jpg
試写したら…!!!
なんじゃこりゃ!!!

UVTOPCOR021.jpg
何の事はない、レンズの組み間違いしてました。
後群の一枚を前後逆にね…

UVTOPCOR022.jpg
UV TOPCOR 50mm F2

UVTOPCOR023.jpg
UV TOPCOR 100mm F4

UVTOPCOR024.jpg
UV TOPCOR 135mm F4

シャープだし、階調も豊かな好いレンズだと思います。
ただ、鏡筒の作りが何ともチープなのがねぇ…
スポンサーサイト

【2018/05/17 16:19】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。