FC2ブログ
CDJ2018207.jpg
親戚が一堂に会した様な雰囲気…(笑)



7月27日(金)

第3回 うどんパーティーin札幌 開催。

前日仕込んだ うどん玉と鍋、麺棒を持って、家族でタクシーに乗り、札幌市西区発寒の遠藤木型さんへ。

早速準備して、12:00から社員の方々に食べて頂きました。
CDJ2018203.jpg




さて、第2ラウンド。

CUEファン数人と、吉田ひでおさんとお仲間の鶴岡さん、そして吉田さんのお弟子さん(お名前聞きぞびれた… そして終了間際にお仲間の山田氏参加)、北海道の素材を使って素敵な和紙を作っていらっしゃる『紙びより』の東野さんで2次会開始。

いつもの厚節うどん、釜バターうどん 等をお見舞いしました。

CDJ2018202.jpg
鰹の厚節を使った簡単 厚節うどん

CDJ2018201.jpg
和風カルボナーラ 釜バターうどん


紙びより』さんの作品。

風合いが独特のものが多くて、北海道大好きなCUEファンの友人のみならず、遠藤社長や吉田ひでおさんたちにも知って欲しかったんです。

『ゆきふみ』なんて、北の動物フィギュアたちの為にある様な素敵な作品だし。

東野さん、お忙しい中、ご参加本当にありがとうございました。




僕の手打うどんですが、皆さんに美味しいと言ってもらえてありがたい限り。

18:00近くまで話し込んでしまい、気付けば、予約のお店に間に合うかどうかの時間にお開きにしました。

宿まで遠藤社長に送って頂いたのですが、お互いに色々意見交換出来たのは良かったと思っています。


今回再会した鶴岡さん、『大泉様の驚きジャパン2』の大泉少年のヘッドを作った張本人。

すばらしい出来だったんですが、番組中ではほんの一瞬しか映っていませんでした。(残念)

見せて頂いた写真。

本当に似てたんですよ。

昔、イナダ組のパンフレット製作の為に、吉田ひでおさんが取ったライフマスクを基に製作されたそうです。

エイジング処理をして、製作していたら、若かりし頃の大泉さんがTVに映ってて、違うって一瞬焦ったそうな。

元々は遠藤さんの元に来た話らしいのですが、吉田さんにバトンタッチして、さらに鶴岡さんへと見事なチームワークで完成させた模様。

こんなチームワークが出来ると素晴らしいなぁって思っていただけに、感動しきりでした。

CDJ2018206.jpg

CDJ2018205.jpg

CDJ2018208.jpg

CDJ2018204.jpg
右端の夕張メロン
吉田ひでおさんの差し入れだったのですが、送り主はあのメロン熊
最高に美味しいメロンでした。
あまりの甘さにメロンめろん(なんちゃって…)



CDJ2018209.jpg

CDJ2018210.jpg


この日夜は、ススキノの『古典家』を予約していたのですが、家族3人水入らず。

最も昼のうどんが意外と効いていて、悔しいけど、数品を頼んだだけでした。

でもいずれも美味しかったな。

CDJ2018211.jpg
古典家さん

CDJ2018212.jpg

CDJ2018213.jpg
野菜不足になりがちだったもんだから…

CDJ2018214.jpg
蛸のざんぎ

CDJ2018215.jpg
つき出し

CDJ2018216.jpg
もちろんざんぎも美味い

CDJ2018217.jpg

CDJ2018218.jpg

CDJ2018219.jpg
料理はどれも外れなし…
以上、MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2にて撮影

CDJ2018221.jpg

CDJ2018222.jpg

CDJ2018223.jpg
以上、minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 絞り開放にて

続く

最初から読む
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
CDJ2018203.jpg




さて、第2ラウンド。

CUEファン数人と、吉田ひでおさんとお仲間の鶴岡さん、そして吉田さんのお弟子さん(お名前聞きぞびれた… そして終了間際にお仲間の山田氏参加)、北海道の素材を使って素敵な和紙を作っていらっしゃる『紙びより』の東野さんで2次会開始。

いつもの厚節うどん、釜バターうどん 等をお見舞いしました。

CDJ2018202.jpg
鰹の厚節を使った簡単 厚節うどん

CDJ2018201.jpg
和風カルボナーラ 釜バターうどん


紙びより』さんの作品。

風合いが独特のものが多くて、北海道大好きなCUEファンの友人のみならず、遠藤社長や吉田ひでおさんたちにも知って欲しかったんです。

『ゆきふみ』なんて、北の動物フィギュアたちの為にある様な素敵な作品だし。

東野さん、お忙しい中、ご参加本当にありがとうございました。




僕の手打うどんですが、皆さんに美味しいと言ってもらえてありがたい限り。

18:00近くまで話し込んでしまい、気付けば、予約のお店に間に合うかどうかの時間にお開きにしました。

宿まで遠藤社長に送って頂いたのですが、お互いに色々意見交換出来たのは良かったと思っています。


今回再会した鶴岡さん、『大泉様の驚きジャパン2』の大泉少年のヘッドを作った張本人。

すばらしい出来だったんですが、番組中ではほんの一瞬しか映っていませんでした。(残念)

見せて頂いた写真。

本当に似てたんですよ。

昔、イナダ組のパンフレット製作の為に、吉田ひでおさんが取ったライフマスクを基に製作されたそうです。

エイジング処理をして、製作していたら、若かりし頃の大泉さんがTVに映ってて、違うって一瞬焦ったそうな。

元々は遠藤さんの元に来た話らしいのですが、吉田さんにバトンタッチして、さらに鶴岡さんへと見事なチームワークで完成させた模様。

こんなチームワークが出来ると素晴らしいなぁって思っていただけに、感動しきりでした。

CDJ2018206.jpg

CDJ2018205.jpg

CDJ2018208.jpg

CDJ2018204.jpg
右端の夕張メロン
吉田ひでおさんの差し入れだったのですが、送り主はあのメロン熊
最高に美味しいメロンでした。
あまりの甘さにメロンめろん(なんちゃって…)



CDJ2018209.jpg

CDJ2018210.jpg


この日夜は、ススキノの『古典家』を予約していたのですが、家族3人水入らず。

最も昼のうどんが意外と効いていて、悔しいけど、数品を頼んだだけでした。

でもいずれも美味しかったな。

CDJ2018211.jpg
古典家さん

CDJ2018212.jpg

CDJ2018213.jpg
野菜不足になりがちだったもんだから…

CDJ2018214.jpg
蛸のざんぎ

CDJ2018215.jpg
つき出し

CDJ2018216.jpg
もちろんざんぎも美味い

CDJ2018217.jpg

CDJ2018218.jpg

CDJ2018219.jpg
料理はどれも外れなし…
以上、MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2にて撮影

CDJ2018221.jpg

CDJ2018222.jpg

CDJ2018223.jpg
以上、minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 絞り開放にて

続く

最初から読む
スポンサーサイト

【2018/08/14 18:46】 | 旅行記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック