FC2ブログ
この度の台風21号、並びに大震災の被害にあわれ亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また甚大な被害に合われた方々の少しでも早い復旧を願っています。
幸い、ブログに書いた方々は、台風21号、並びに大震災の被害は(停電等はあったものの)ほぼ無く、札幌、函館いずれの友人たちは無事でした。
ウチも台風被害は被って、8時間の停電を経験しましたが、無事日常に戻りました。
むしろ、観光に大打撃を被っているとの事、皆さん是非北海道へ!!


さて、すっかり、出張やら、台風やらで、間が開いてしまいましたが続きです。

CDJ2018401.jpg
函館 金森倉庫前 あいにく函館山は雲に呑まれていました。


7月29日(日)

札幌を離れ、函館へ

家族にとっては初めての函館


昨夜が遅かった事もあり、また、友人のひとりは台風が近づく中、大阪へ帰るとの事。

幸い、こちらは快晴そのもの。
移動ルートだったので、最初に石山緑地に行きました。

元々は札幌軟石の石切り場だったものを、整備して公園としたものです。

独特の雰囲気が楽しめて、特にコスプレーヤーには人気だそうです。

『軟石や』の小原さんから伺った話だと『ポケモンGO』ではレアキャラがゲット出来るのだとか。

せっかくだからと、娘がやってみると、レアキャラ登場したそうです。

CDJ2018402.jpg

CDJ2018403.jpg

CDJ2018404.jpg

CDJ2018405.jpg

CDJ2018406.jpg

CDJ2018407.jpg

CDJ2018408.jpg

CDJ2018409.jpg

CDJ2018410.jpg

CDJ2018411.jpg

CDJ2018412.jpg
石山公園 初夏にはキャンドルナイトと言う幻想的なイベントも行われます。




しばし、散策してから『軟石や』さんへ

まだ開店前でしたが、少しだけ、お店の中を見せてもらいました。

ただ、女房、娘共に前日来の疲れが溜まってて、テンション低かったのが残念!!

また、改めて来ます。


CDJ2018413.jpg
羊蹄山は今回も恥ずかしがって全景を見せてくれませんでした。



中山峠辺りで雲が増え始めました。洞爺湖前で、酷いとろ臭い運転の軽自動車に行く手を阻まれ、後は大渋滞。

 対向車が現れたら、所かまわずブレーキを踏む!
 カーブに入ると必要も無い場所でブレーキを踏む!
 危ないったらありゃしない。
 ちゃんとバックミラー見て、出来れば道を譲ってよね(怒)


虻田洞爺湖ICから高速に乗ったのですが、このICではETCレーンの機械が故障中。

仕方ないのでETCカードで処理して高速に入りました。

大沼公園ICで降りたのですが、一般出口へ向かうと、

料「車載器が無いのですか?」
私「いえ、付いていますよ。」
料「料金所でETCレーン使わなかったのですか?」
私「そうしたかったんですが、ICの機械が故障していたらしくETCレーンを使えなかったんです。」
料「そうですか、ご迷惑をお掛けしました。」

こんなやりとりがあった後、ETC割引として処理されました。



その後、一路、大沼公園へ。

『沼の家』の大沼団子が欲しかったからなのですが、景色も綺麗で、ここは絶対、天気の好い季節にもう一度来なけりゃならないなと心に誓いました。

CDJ2018414.jpg
大沼公園近くの踏切にて

CDJ2018415.jpg
沼の家 大沼団子を買いました。
(団子の写真が行方不明…笑)


お昼ご飯を『味の花園』の手打ち蕎麦にする計画だったのですが、移動に時間が掛かり、かなり遅くなっており、また夜の予定も変わってしまったので、連絡を取って先に『ウエノヤマ技巧』さんへ行く事にしました。



その前に近くの四稜郭へ。

予想以上に小さくて、びっくりでした。

わずか数百人で一夜にして作ったとの事。

さもありなん。

五稜郭を補佐する要塞の予定だったのですが、果たして効果があったのかどうか…

CDJ2018416.jpg

CDJ2018417.jpg
想像していた予想以上に小さかった四稜郭
実際、土塁の要塞ですからねぇ



『ウエノヤマ技巧』の上野山さんは鋳物木型を始め、素敵な作品を作られている方です。

タコストーブ(ダルマストーブ)の復活をしたり、今年の函館野外劇に登場するB-29の1/10スケール模型を作られたのも、上野山さんです。

最も、その仕上げと、塗色は作りたいものとは違っていて、少々不満だったらしいですけど…


『ウエノヤマ技巧』では、猫3匹と、ヤギのゆきちゃんが出迎えてくれました。

先だって、もう1頭いたヤギのつぶちゃんは亡くなってしまったのですが、ゆきちゃん元気でした。

好きな草を見つけると、頑として動きません。

CDJ2018421.jpg

CDJ2018422.jpg
ヤギのゆきちゃん

CDJ2018423.jpg
猫もいます。
娘が手懐けられていました…(笑)



ひとつわがままをお願いして、上野山さんに函館東照宮に案内してもらいました。

あの函館戦争当時をイメージした大砲型のポン菓子器を見たかったからです。


しかし、それ以上に、名誉宮司のキャラクターの方が素晴らしかったです。(笑)

出来る事なら、今度ゆっくりお話してみたい。(話が長くなりそうで、怖くはあるけど…)

CDJ2018418.jpg

CDJ2018419.jpg

CDJ2018420.jpg
函館戦争当時の大砲をモチーフにしたポン菓子機
素晴らしいクオリティです。




函館市はあまり、地域の観光資源に対して関わってくれないとの事。

高田屋嘉平の記念館も数年前に館長が亡くなってから、放置のままだとか。

折角の資源なのにねぇ。

大泉さんのお兄さんに頑張ってもらわないとダメなのかな?(冗談)


17:00から予定がある上野山さんと分かれ、駅前のホテル方向へ、時間が遅くなったのと、雲が出てきたので今日の観光は諦めてざるを得ませんでした。

でもせっかくなので、金森れんが倉庫群へ

女房と娘はいろいろ物色してましたが、札幌からの運転疲れで駐車場のクルマでひと眠り。

彼女らは幾つかお気に入りをゲットしたらしく、その後ホテルにチェックイン。

CDJ2018425.jpg

CDJ2018426.jpg





夕食は『味の花園』さんへ。

新蕎麦には、まだ2月ほど有る為、風味が落ちていると残念がっていましたが、それでも蘭越産の蕎麦美味しかったです。

奥さんの素敵な押し花のパネルを頂き、大喜び。

どこに飾るか思案中。


CDJ2018427.jpg
味の花園さんの蘭越産十割そば
新そば直前でしたが、それでも風味が強くて美味しいおそばでした。

CDJ2018428.jpg
素敵なご夫婦と。
2卓の小さなお店からスタートしてここまでされたそうです。



店を出てから、さすがに笠雲に隠れた函館山からの夜景は諦め、旧市街を少しクルマで廻って夜景を楽しみました。

漁火、綺麗だったな。

CDJ2018430.jpg
船見坂からの夜景

CDJ2018429.jpg
イカ釣り漁船の漁火

続く

最初から読む
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
移動ルートだったので、最初に石山緑地に行きました。

元々は札幌軟石の石切り場だったものを、整備して公園としたものです。

独特の雰囲気が楽しめて、特にコスプレーヤーには人気だそうです。

『軟石や』の小原さんから伺った話だと『ポケモンGO』ではレアキャラがゲット出来るのだとか。

せっかくだからと、娘がやってみると、レアキャラ登場したそうです。

CDJ2018402.jpg

CDJ2018403.jpg

CDJ2018404.jpg

CDJ2018405.jpg

CDJ2018406.jpg

CDJ2018407.jpg

CDJ2018408.jpg

CDJ2018409.jpg

CDJ2018410.jpg

CDJ2018411.jpg

CDJ2018412.jpg
石山公園 初夏にはキャンドルナイトと言う幻想的なイベントも行われます。




しばし、散策してから『軟石や』さんへ

まだ開店前でしたが、少しだけ、お店の中を見せてもらいました。

ただ、女房、娘共に前日来の疲れが溜まってて、テンション低かったのが残念!!

また、改めて来ます。


CDJ2018413.jpg
羊蹄山は今回も恥ずかしがって全景を見せてくれませんでした。



中山峠辺りで雲が増え始めました。洞爺湖前で、酷いとろ臭い運転の軽自動車に行く手を阻まれ、後は大渋滞。

 対向車が現れたら、所かまわずブレーキを踏む!
 カーブに入ると必要も無い場所でブレーキを踏む!
 危ないったらありゃしない。
 ちゃんとバックミラー見て、出来れば道を譲ってよね(怒)


虻田洞爺湖ICから高速に乗ったのですが、このICではETCレーンの機械が故障中。

仕方ないのでETCカードで処理して高速に入りました。

大沼公園ICで降りたのですが、一般出口へ向かうと、

料「車載器が無いのですか?」
私「いえ、付いていますよ。」
料「料金所でETCレーン使わなかったのですか?」
私「そうしたかったんですが、ICの機械が故障していたらしくETCレーンを使えなかったんです。」
料「そうですか、ご迷惑をお掛けしました。」

こんなやりとりがあった後、ETC割引として処理されました。



その後、一路、大沼公園へ。

『沼の家』の大沼団子が欲しかったからなのですが、景色も綺麗で、ここは絶対、天気の好い季節にもう一度来なけりゃならないなと心に誓いました。

CDJ2018414.jpg
大沼公園近くの踏切にて

CDJ2018415.jpg
沼の家 大沼団子を買いました。
(団子の写真が行方不明…笑)


お昼ご飯を『味の花園』の手打ち蕎麦にする計画だったのですが、移動に時間が掛かり、かなり遅くなっており、また夜の予定も変わってしまったので、連絡を取って先に『ウエノヤマ技巧』さんへ行く事にしました。



その前に近くの四稜郭へ。

予想以上に小さくて、びっくりでした。

わずか数百人で一夜にして作ったとの事。

さもありなん。

五稜郭を補佐する要塞の予定だったのですが、果たして効果があったのかどうか…

CDJ2018416.jpg

CDJ2018417.jpg
想像していた予想以上に小さかった四稜郭
実際、土塁の要塞ですからねぇ



『ウエノヤマ技巧』の上野山さんは鋳物木型を始め、素敵な作品を作られている方です。

タコストーブ(ダルマストーブ)の復活をしたり、今年の函館野外劇に登場するB-29の1/10スケール模型を作られたのも、上野山さんです。

最も、その仕上げと、塗色は作りたいものとは違っていて、少々不満だったらしいですけど…


『ウエノヤマ技巧』では、猫3匹と、ヤギのゆきちゃんが出迎えてくれました。

先だって、もう1頭いたヤギのつぶちゃんは亡くなってしまったのですが、ゆきちゃん元気でした。

好きな草を見つけると、頑として動きません。

CDJ2018421.jpg

CDJ2018422.jpg
ヤギのゆきちゃん

CDJ2018423.jpg
猫もいます。
娘が手懐けられていました…(笑)



ひとつわがままをお願いして、上野山さんに函館東照宮に案内してもらいました。

あの函館戦争当時をイメージした大砲型のポン菓子器を見たかったからです。


しかし、それ以上に、名誉宮司のキャラクターの方が素晴らしかったです。(笑)

出来る事なら、今度ゆっくりお話してみたい。(話が長くなりそうで、怖くはあるけど…)

CDJ2018418.jpg

CDJ2018419.jpg

CDJ2018420.jpg
函館戦争当時の大砲をモチーフにしたポン菓子機
素晴らしいクオリティです。




函館市はあまり、地域の観光資源に対して関わってくれないとの事。

高田屋嘉平の記念館も数年前に館長が亡くなってから、放置のままだとか。

折角の資源なのにねぇ。

大泉さんのお兄さんに頑張ってもらわないとダメなのかな?(冗談)


17:00から予定がある上野山さんと分かれ、駅前のホテル方向へ、時間が遅くなったのと、雲が出てきたので今日の観光は諦めてざるを得ませんでした。

でもせっかくなので、金森れんが倉庫群へ

女房と娘はいろいろ物色してましたが、札幌からの運転疲れで駐車場のクルマでひと眠り。

彼女らは幾つかお気に入りをゲットしたらしく、その後ホテルにチェックイン。

CDJ2018425.jpg

CDJ2018426.jpg





夕食は『味の花園』さんへ。

新蕎麦には、まだ2月ほど有る為、風味が落ちていると残念がっていましたが、それでも蘭越産の蕎麦美味しかったです。

奥さんの素敵な押し花のパネルを頂き、大喜び。

どこに飾るか思案中。


CDJ2018427.jpg
味の花園さんの蘭越産十割そば
新そば直前でしたが、それでも風味が強くて美味しいおそばでした。

CDJ2018428.jpg
素敵なご夫婦と。
2卓の小さなお店からスタートしてここまでされたそうです。



店を出てから、さすがに笠雲に隠れた函館山からの夜景は諦め、旧市街を少しクルマで廻って夜景を楽しみました。

漁火、綺麗だったな。

CDJ2018430.jpg
船見坂からの夜景

CDJ2018429.jpg
イカ釣り漁船の漁火

続く

最初から読む
スポンサーサイト

【2018/09/13 14:18】 | 旅行記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック