FC2ブログ
所有していたものの、永らく防湿庫の肥やしになっていたレンズ。

結構あるものですが、これもそうしたレンズのひとつ。

minolta MC ROKKOR-PF 85mm F1.7

mc8501.jpg


購入した当時は、これの MD ROKKOR 版が欲しくて、探したものの見つからず、悔しい思いをしていました。

実は、その minolta MD ROKKOR 85mm F1.7 は確かに生産されたものの、生産開始後すぐに後継モデルの minolta MD ROKKOR 85mm F2にモデルチェンジしてしまい、生産本数がかなり少なかった様なのです。

折角、モデルチェンジしたにも関わらず、開放絞り値が半絞り暗くなった事から、各レビューでの描写性能の評価は高かったものの、僕の入手候補からは外れてしまいました。

その後、αシリーズの登場と共に MINOLTA AF 85mm F1.4 が登場したのですが、マニュアルフォーカスレンズのシリーズには、遂にこうした高性能レンズは出ませんでした。

minolta MD ROKKOR 85mm F1.7 を手に入れられなかった悔しさもあったのですが、それ以上に minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 を同時に持っていただけに、このレンズを取り出す必然性が低かったのも確かです。

VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 は開放F値ではやや劣るものの、シャープモードにすると、ソフトフォーカスと、通常描写の、それはそれは綺麗な描写をしますから、持ち出すのには2度美味しいレンズだったのです。


永い事、防湿庫の肥やしになっていたこのレンズですが、最近、minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 のあまりに妖しい描写に惹かれてから、そう言えば、これはどうなんだろうと、思い出したという訳です。

そもそも、minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 も SONY α7 と組み合わせて、初めてその魅力を再認識したぐらいですから、僕の評価基準なんて本当にあいまいですから…


試してみたところ、色合いはいかにも ROKKOR といった、濃厚な色が綺麗に出ます。

そして、ボケ味の柔らかさときたら…

心底惚れ直しました。


本当に良いレンズだと思います。


いつかは MINOLTA AF 85mm F1.4G をと思っていたのですが、このレンズの再評価が固まるまでは、手出しをすまいと思い始めました。

だから、まだしばらく購入は先回しになりそうです。


mc8502.jpg
京都 車折神社にて

mc8503.jpg
京都 車折神社にて

mc8504.jpg
京都 車折神社にて

mc8505.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて

mc8506.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて

mc8507.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


購入した当時は、これの MD ROKKOR 版が欲しくて、探したものの見つからず、悔しい思いをしていました。

実は、その minolta MD ROKKOR 85mm F1.7 は確かに生産されたものの、生産開始後すぐに後継モデルの minolta MD ROKKOR 85mm F2にモデルチェンジしてしまい、生産本数がかなり少なかった様なのです。

折角、モデルチェンジしたにも関わらず、開放絞り値が半絞り暗くなった事から、各レビューでの描写性能の評価は高かったものの、僕の入手候補からは外れてしまいました。

その後、αシリーズの登場と共に MINOLTA AF 85mm F1.4 が登場したのですが、マニュアルフォーカスレンズのシリーズには、遂にこうした高性能レンズは出ませんでした。

minolta MD ROKKOR 85mm F1.7 を手に入れられなかった悔しさもあったのですが、それ以上に minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 を同時に持っていただけに、このレンズを取り出す必然性が低かったのも確かです。

VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 は開放F値ではやや劣るものの、シャープモードにすると、ソフトフォーカスと、通常描写の、それはそれは綺麗な描写をしますから、持ち出すのには2度美味しいレンズだったのです。


永い事、防湿庫の肥やしになっていたこのレンズですが、最近、minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 のあまりに妖しい描写に惹かれてから、そう言えば、これはどうなんだろうと、思い出したという訳です。

そもそも、minolta VARI-SOFT ROKKOR 85mm F2.8 も SONY α7 と組み合わせて、初めてその魅力を再認識したぐらいですから、僕の評価基準なんて本当にあいまいですから…


試してみたところ、色合いはいかにも ROKKOR といった、濃厚な色が綺麗に出ます。

そして、ボケ味の柔らかさときたら…

心底惚れ直しました。


本当に良いレンズだと思います。


いつかは MINOLTA AF 85mm F1.4G をと思っていたのですが、このレンズの再評価が固まるまでは、手出しをすまいと思い始めました。

だから、まだしばらく購入は先回しになりそうです。


mc8502.jpg
京都 車折神社にて

mc8503.jpg
京都 車折神社にて

mc8504.jpg
京都 車折神社にて

mc8505.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて

mc8506.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて

mc8507.jpg
京都 長岡京 柳谷観音にて
スポンサーサイト

【2018/12/03 23:18】 | オールドレンズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック