FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状ではまだその被害がどれくらいの規模なのかも特定できていないし、ましてや決死の救助を行っている段階なので安易な事は言えませんけれども…。
被災された人々に心からお見舞い申し上げます。
今回の大地震、16年前に阪神・淡路大震災に見舞われた身にとっては、とても他人事とは思えません。

地震の規模は僕の経験した震災よりも大きく、広範囲に渡っており、しかも想像を絶する大津波のせいで多くの方々が被災された事に息も詰まる思いです。

僕の勤めている会社の東京営業所は通勤が出来ず、ほぼ機能停止している状態だし、宮城県にある協力会社では幸い人命を損なう事は無かったものの、3mにも達した津波で工場設備が浸水し、その復旧に追われている状況と聞いており、仕事にも影響が出てきています。

避難した人達にとっても、冷え込みの激しい時期だし、灯りひとつ無い真っ暗な闇の中で、余震におびえながら暖をとる事も出来ない…。
その状況は阪神・淡路大震災の時と変わりません。

今回は阪神・淡路大震災の時の様に、無能ぶりをさらけだした当時の政府の対応とは異なり、そこそこ政府の対応も早く評価できると感じています。
(一部に批判はあったものの、これは何時だってそういう批判ばかりしている人はいます…)

相変わらず腹立たしいのは東京のマスコミで、被災者に対する不躾そのものの失礼千万な質問や、心無い発言。

いつまでたっても自分達のいる東京からしか物を見ることの出来ない偏狭な視点。

マスコミの中にいる人たちは、いつまでたっても何ひとつ学ばない人たちなのだと感じてしまいます。

自分達が日頃、原発を受け入れている福島県の人々の犠牲の上に快適な生活を送っているにもかかわらず、関係各位の対応にただ不満をぶちまけるなど、言語道断でしょう。



今回、凄いなと感じたのがネットの力。
それもツイッターの威力でした。

僕の友人の数人は関東にいたのですが、彼らの無事を確認できたのもツイッターのおかげ。

阪神・淡路大震災の頃には想像も出来ない情報の交換方法のおかげで、いくらかなりとも早期に安否確認できた事に凄さを感じました。


まだまだ寒い日が続き、被災地での生活は困難を極める事だと思います。

しかし少しでも、彼らの為に出来る事には協力していきたい。


いま出来る事となると…。

とにかく自分達の生活をちゃんと送る事。

そして余力があれば義援金を送る。

マスコミは当てになりません。
結局は視聴率稼ぎで、ニュースにならなくなるとマスコミは見向きもしないから。

だから、ひとりでも語り継いで、とにかく関心をつないで行くこと。

いまはそれが一番大事だと思います。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今回の大地震、16年前に阪神・淡路大震災に見舞われた身にとっては、とても他人事とは思えません。

地震の規模は僕の経験した震災よりも大きく、広範囲に渡っており、しかも想像を絶する大津波のせいで多くの方々が被災された事に息も詰まる思いです。

僕の勤めている会社の東京営業所は通勤が出来ず、ほぼ機能停止している状態だし、宮城県にある協力会社では幸い人命を損なう事は無かったものの、3mにも達した津波で工場設備が浸水し、その復旧に追われている状況と聞いており、仕事にも影響が出てきています。

避難した人達にとっても、冷え込みの激しい時期だし、灯りひとつ無い真っ暗な闇の中で、余震におびえながら暖をとる事も出来ない…。
その状況は阪神・淡路大震災の時と変わりません。

今回は阪神・淡路大震災の時の様に、無能ぶりをさらけだした当時の政府の対応とは異なり、そこそこ政府の対応も早く評価できると感じています。
(一部に批判はあったものの、これは何時だってそういう批判ばかりしている人はいます…)

相変わらず腹立たしいのは東京のマスコミで、被災者に対する不躾そのものの失礼千万な質問や、心無い発言。

いつまでたっても自分達のいる東京からしか物を見ることの出来ない偏狭な視点。

マスコミの中にいる人たちは、いつまでたっても何ひとつ学ばない人たちなのだと感じてしまいます。

自分達が日頃、原発を受け入れている福島県の人々の犠牲の上に快適な生活を送っているにもかかわらず、関係各位の対応にただ不満をぶちまけるなど、言語道断でしょう。



今回、凄いなと感じたのがネットの力。
それもツイッターの威力でした。

僕の友人の数人は関東にいたのですが、彼らの無事を確認できたのもツイッターのおかげ。

阪神・淡路大震災の頃には想像も出来ない情報の交換方法のおかげで、いくらかなりとも早期に安否確認できた事に凄さを感じました。


まだまだ寒い日が続き、被災地での生活は困難を極める事だと思います。

しかし少しでも、彼らの為に出来る事には協力していきたい。


いま出来る事となると…。

とにかく自分達の生活をちゃんと送る事。

そして余力があれば義援金を送る。

マスコミは当てになりません。
結局は視聴率稼ぎで、ニュースにならなくなるとマスコミは見向きもしないから。

だから、ひとりでも語り継いで、とにかく関心をつないで行くこと。

いまはそれが一番大事だと思います。
スポンサーサイト

【2011/03/17 22:10】 | ひとりごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。