FC2ブログ
model001.gif


続きです。

僕のフィギュア製作で大きな役割をしてくれるのがPoserというコンピューターソフトです。

僕は美術系の学校に行った訳でもなく、独学でやっているので、実は人体のデッサンについてはあまり自信がありません。

そこで、それを手助けしてもらう為に3次元コンピュータグラフィックソフトのお世話になるという訳です。

model002.gif
3次元人体モデル作成ソフト Poser

3次元コンピュータグラフィックソフトにもいろいろあるのですが、Poserは人体モデル専用のソフトで比較的安価(数千円程度)なのとメーカーオリジナルの人体キャラクターだけではなくサードパーティ(いわゆる社外品)の人体モデルもPoser準拠となっているものが多数有り、人体モデルのみならず、衣服、髪型、全身ポーズ、手のポーズ、小物類(背景となる建物や風景から兵器や、髪飾りや帽子、イヤリングの様なアクセサリー類まで)が揃っており、多少追加費用を惜しまなければこうしたアイテムも簡単に手に入ります。

ほぼ同様の人体モデル作成ソフトとしてDAZ3Dというものもあります。
こちらはソフトそのものは無料のフリーソフトなのですが、例えば人体モデル、アクセサリー類は購入する必要が有り、Poser並みにアイテムをそろえようとすると実は結構費用がかかります。
また、英語版しかないのも厄介なところで、インターフェイスがわかりにくいので僕は使っていません。

ありがたい事に、PoserとDAZ3Dの人体モデルは間接の位置等細かな点は異なるものの、どちらのソフト上でも扱えるのでPoser上でDAZ3Dの人体モデルを動かしたり、あるいは逆にDAZ3D上でPoserの人体モデルを動かせます。

DAZ3の人体モデルは男性モデルがMichael、女性モデルがVictoriaといいますが、Poserのモデルに比べ、細かな変更が可能で、これが判ってからはもっぱらこのモデルを基に、モデリングを行っています。

例えばモーフ機能。

顔の形を細かく変えて基準モデルから全く違う顔を作る事が出来ます。

model003a.gif
DAZ3Dの男性基準モデル Michael4

これをいろいろモーフさせて

model004a.gif
まずは鈴井社長

model005a.gif
大泉洋さん

model006a.gif
戸次重幸さん

model007a.gif
安田顕さん

model008a.gif
森崎博之さん

model009a.gif
音尾琢真さん


残念な事に基の人体モデルが、標準的な白人の体型、頭の形なので、制限もあってなかなか似てこないモデルもあります。
特に鼻の形や、唇がこちらの思う様にならなくていらいらさせられる事もありますが、今のところこうして作ったモデルを基にフィギュアの原型を作っています。
最終的に完成した原型に手を加えるので大きな問題にはなりません。

その3に続く

最初から読む。
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
僕は美術系の学校に行った訳でもなく、独学でやっているので、実は人体のデッサンについてはあまり自信がありません。

そこで、それを手助けしてもらう為に3次元コンピュータグラフィックソフトのお世話になるという訳です。

model002.gif
3次元人体モデル作成ソフト Poser

3次元コンピュータグラフィックソフトにもいろいろあるのですが、Poserは人体モデル専用のソフトで比較的安価(数千円程度)なのとメーカーオリジナルの人体キャラクターだけではなくサードパーティ(いわゆる社外品)の人体モデルもPoser準拠となっているものが多数有り、人体モデルのみならず、衣服、髪型、全身ポーズ、手のポーズ、小物類(背景となる建物や風景から兵器や、髪飾りや帽子、イヤリングの様なアクセサリー類まで)が揃っており、多少追加費用を惜しまなければこうしたアイテムも簡単に手に入ります。

ほぼ同様の人体モデル作成ソフトとしてDAZ3Dというものもあります。
こちらはソフトそのものは無料のフリーソフトなのですが、例えば人体モデル、アクセサリー類は購入する必要が有り、Poser並みにアイテムをそろえようとすると実は結構費用がかかります。
また、英語版しかないのも厄介なところで、インターフェイスがわかりにくいので僕は使っていません。

ありがたい事に、PoserとDAZ3Dの人体モデルは間接の位置等細かな点は異なるものの、どちらのソフト上でも扱えるのでPoser上でDAZ3Dの人体モデルを動かしたり、あるいは逆にDAZ3D上でPoserの人体モデルを動かせます。

DAZ3の人体モデルは男性モデルがMichael、女性モデルがVictoriaといいますが、Poserのモデルに比べ、細かな変更が可能で、これが判ってからはもっぱらこのモデルを基に、モデリングを行っています。

例えばモーフ機能。

顔の形を細かく変えて基準モデルから全く違う顔を作る事が出来ます。

model003a.gif
DAZ3Dの男性基準モデル Michael4

これをいろいろモーフさせて

model004a.gif
まずは鈴井社長

model005a.gif
大泉洋さん

model006a.gif
戸次重幸さん

model007a.gif
安田顕さん

model008a.gif
森崎博之さん

model009a.gif
音尾琢真さん


残念な事に基の人体モデルが、標準的な白人の体型、頭の形なので、制限もあってなかなか似てこないモデルもあります。
特に鼻の形や、唇がこちらの思う様にならなくていらいらさせられる事もありますが、今のところこうして作ったモデルを基にフィギュアの原型を作っています。
最終的に完成した原型に手を加えるので大きな問題にはなりません。

その3に続く

最初から読む。
スポンサーサイト




【2011/10/10 19:27】 | 模型製作
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック