FC2ブログ
大阪はうどん文化だと言われます。

その言葉そのものにうそはないのですが、詳細に言うとだしのうどんの文化というべきだと思います。

ブームに乗って、その魅力が全国に喧伝された讃岐うどん。

大阪がだしのうどんなのに対して、こちらは麺が主役のうどんです。
「東京のうどんなんか汁が黒うて喰えるかい!」

関西(特に大阪)の人たちの関東圏のうどんをくさした言い方ですが、同じ様な事は香川の人たちも他の地域のうどんと称する食べ物に対していだいている様です。

四国生まれの僕は、同じ関西圏だから同じだろうと思っていたのですが、大阪でうどんを食べると、なぜか美味しくない。

だしはまあまあだけど、肝心のうどんが美味しくない…。

大阪の人たちはうどんは大阪のものと自慢するけど、まず美味しいうどんに当たらないのです。

四国生まれといっても僕の故郷は愛媛県。
讃岐うどんの名は知っていても本場香川ほど美味いうどんがある訳じゃない。

それでも何か違う…。


地元香川のTV局などが盛んに取り上げる様になった讃岐うどんのお店情報を基に、弟が連れて行ったある驚愕のうどん屋。
そこで初めて讃岐うどんの何たるかの一端を知る事が出来たのはもう10年以上昔の事。

そのうどん屋とは仲南町にある、山懐にたたずむ一軒のうどん屋でした。


素朴なうどんながら、その麺の腰たるや衝撃でした。

実家で時々両親が見様見真似で作っていたものが、単なるうどん粉の塊としか思えないほど、その麺はつややかでエッジが利いていて、噛めば噛むほど腰の強さが味わえる。

何だこれ!?


それまで関西のふにゃふにゃのうどんしか知らなかった女房も
「初めてうどんがおいしいと思った。」
と言わしめたほどの一品でした。

やまうちというその店のうどんに魅せられて、実家への往復の際にうどん屋めぐりをするのが、それからの趣味となったのはHPにも書いたとおりです。


いろいろ食べ歩くうちに、讃岐うどんの麺にたいするこだわりが判るようになって来ました。

大阪だと、うどんはだしで食べるもの。
だからメニューは基本的にかけうどんしかありません。
(夏場のざるうどんなどを除く)

いろいろメニューはありますが、そのほとんどはトッピング、もしくはサイドメニューの差です。


これは取りも直さず、だし重視、だし偏重のうどんである事の証です。


ところが讃岐うどんときたら、

かけうどん(あつあつ、ひやあつ、ひやひや)
ぶっかけうどん(あつあつ、ひやあつ、ひやひや)
だしうどん/ざるうどん
おろしうどん
醤油うどん
しっぽくうどん
釜上げうどんなどなど

メニューが豊富というよりも、うどんと言う麺をいかにして食べるかという事がメニューな訳です。
中にはだしすらなく、その辺においてある醤油で食えと言うお店もある始末。
大阪だったら喧嘩になりますな。

うどんの麺そのものが主役なので、その食べ方は千差万別。
食べ方は食べる人が工夫してくださいというスタンスなのです。

従って、香川の人たちの他地域のうどんに対する評価もおのずと、うどんと言う麺が腰があって美味しいかと言う事になってくる。

まあ、間違いではないですが、麺文化として比べると面白い事になってきます。


ただ良く考えてみると、それも一辺倒な評価の仕方かとは思います。
(個人的には腰のあるうどんの方が美味しいと評価していますが…)

沖縄に行った際、琉球そばを食べましたが、麺そのものは腰が無くて美味しくない、しかしだしは美味しい。
逆に三大ラーメンのひとつ、喜多方ラーメンは麺に腰があって本当に気に入りました。

うどん、あるいは麺料理のほとんどが、だしと麺の組み合わせが多いので評価が分かれるのは仕方の無い事でしょう。

じゃ、関西人の言う汁の黒い東京のうどんって。

これは使われている材料の差。

基本的に関西(西日本)は白味噌、うすくち醤油の文化圏ですが、関東(東日本)は赤味噌、こいくち醤油の文化圏。
自然使う調味料が異なる訳で、それぞれに適した食材が発達してきたのです。

蕎麦は、信州をはじめ関東では美味しいですが、実は関西で蕎麦の美味しいところを見つけるのはなかなか難しいのです。
それというのもそもそも蕎麦そのものが、寒冷地に適した作物である事によりますが、関西風のうすくち醤油だと蕎麦の風味にだしの味が負けてしまう様です。

うどんとおなじ小麦粉を使う、きしめんや、ほうとうは逆に、こいくち醤油や赤味噌の強い味に負けない様に、麺そのものが太く大きくなる様に工夫されています。

要はその土地その土地に合わせた食材と調味料が生んだその土地独特の食べ物って事です。

関西人に言わせるときしめんなんてって事になるのですが、本場で食べるきしめんは美味しいものです。
(お店によっては大阪のうどんよりも、はるかに…)


だから、他の地域に行ったら、先入観をなるたけ取り払って、その土地の美味しいといわれているお店に行ってみる事です。

中にはとんでもないものが無くも無いですが、大抵は満足できるものにありつける筈です。
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
「東京のうどんなんか汁が黒うて喰えるかい!」

関西(特に大阪)の人たちの関東圏のうどんをくさした言い方ですが、同じ様な事は香川の人たちも他の地域のうどんと称する食べ物に対していだいている様です。

四国生まれの僕は、同じ関西圏だから同じだろうと思っていたのですが、大阪でうどんを食べると、なぜか美味しくない。

だしはまあまあだけど、肝心のうどんが美味しくない…。

大阪の人たちはうどんは大阪のものと自慢するけど、まず美味しいうどんに当たらないのです。

四国生まれといっても僕の故郷は愛媛県。
讃岐うどんの名は知っていても本場香川ほど美味いうどんがある訳じゃない。

それでも何か違う…。


地元香川のTV局などが盛んに取り上げる様になった讃岐うどんのお店情報を基に、弟が連れて行ったある驚愕のうどん屋。
そこで初めて讃岐うどんの何たるかの一端を知る事が出来たのはもう10年以上昔の事。

そのうどん屋とは仲南町にある、山懐にたたずむ一軒のうどん屋でした。


素朴なうどんながら、その麺の腰たるや衝撃でした。

実家で時々両親が見様見真似で作っていたものが、単なるうどん粉の塊としか思えないほど、その麺はつややかでエッジが利いていて、噛めば噛むほど腰の強さが味わえる。

何だこれ!?


それまで関西のふにゃふにゃのうどんしか知らなかった女房も
「初めてうどんがおいしいと思った。」
と言わしめたほどの一品でした。

やまうちというその店のうどんに魅せられて、実家への往復の際にうどん屋めぐりをするのが、それからの趣味となったのはHPにも書いたとおりです。


いろいろ食べ歩くうちに、讃岐うどんの麺にたいするこだわりが判るようになって来ました。

大阪だと、うどんはだしで食べるもの。
だからメニューは基本的にかけうどんしかありません。
(夏場のざるうどんなどを除く)

いろいろメニューはありますが、そのほとんどはトッピング、もしくはサイドメニューの差です。


これは取りも直さず、だし重視、だし偏重のうどんである事の証です。


ところが讃岐うどんときたら、

かけうどん(あつあつ、ひやあつ、ひやひや)
ぶっかけうどん(あつあつ、ひやあつ、ひやひや)
だしうどん/ざるうどん
おろしうどん
醤油うどん
しっぽくうどん
釜上げうどんなどなど

メニューが豊富というよりも、うどんと言う麺をいかにして食べるかという事がメニューな訳です。
中にはだしすらなく、その辺においてある醤油で食えと言うお店もある始末。
大阪だったら喧嘩になりますな。

うどんの麺そのものが主役なので、その食べ方は千差万別。
食べ方は食べる人が工夫してくださいというスタンスなのです。

従って、香川の人たちの他地域のうどんに対する評価もおのずと、うどんと言う麺が腰があって美味しいかと言う事になってくる。

まあ、間違いではないですが、麺文化として比べると面白い事になってきます。


ただ良く考えてみると、それも一辺倒な評価の仕方かとは思います。
(個人的には腰のあるうどんの方が美味しいと評価していますが…)

沖縄に行った際、琉球そばを食べましたが、麺そのものは腰が無くて美味しくない、しかしだしは美味しい。
逆に三大ラーメンのひとつ、喜多方ラーメンは麺に腰があって本当に気に入りました。

うどん、あるいは麺料理のほとんどが、だしと麺の組み合わせが多いので評価が分かれるのは仕方の無い事でしょう。

じゃ、関西人の言う汁の黒い東京のうどんって。

これは使われている材料の差。

基本的に関西(西日本)は白味噌、うすくち醤油の文化圏ですが、関東(東日本)は赤味噌、こいくち醤油の文化圏。
自然使う調味料が異なる訳で、それぞれに適した食材が発達してきたのです。

蕎麦は、信州をはじめ関東では美味しいですが、実は関西で蕎麦の美味しいところを見つけるのはなかなか難しいのです。
それというのもそもそも蕎麦そのものが、寒冷地に適した作物である事によりますが、関西風のうすくち醤油だと蕎麦の風味にだしの味が負けてしまう様です。

うどんとおなじ小麦粉を使う、きしめんや、ほうとうは逆に、こいくち醤油や赤味噌の強い味に負けない様に、麺そのものが太く大きくなる様に工夫されています。

要はその土地その土地に合わせた食材と調味料が生んだその土地独特の食べ物って事です。

関西人に言わせるときしめんなんてって事になるのですが、本場で食べるきしめんは美味しいものです。
(お店によっては大阪のうどんよりも、はるかに…)


だから、他の地域に行ったら、先入観をなるたけ取り払って、その土地の美味しいといわれているお店に行ってみる事です。

中にはとんでもないものが無くも無いですが、大抵は満足できるものにありつける筈です。
スポンサーサイト




【2011/10/15 16:20】 | ひとりごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック