FC2ブログ
さて、本題に戻りましょう。

どこまで書いたっけ…。

そうそう。神戸空港での遅延事件。

CA3F0748.gif

妖精さんたちも飛ばない飛行機に恨めしげ…


なんとか2時間近く空港に足止めをくらった為、今回会うのを楽しみにしていたおふたりにはツイッターでその故を連絡しました。

本当に残念。

ただ、月末に札幌再訪するので、一縷の望みを託しました。


新千歳空港に降り立ったのは11時過ぎ。

手荷物を取って、到着ゲートを出てレンタカー会社に到着したのは既に12時でした。
慌ててチェックインしてクルマを借り出し、いざ、札幌へ。

どうしても行ってみたいレストランがあったのです。


それは、

CA3F0749.gif

TEAM NACSファンなら知らぬ人はいない有名店。カリー軒

いつも、札幌に行けてもCDJの時ばかりだし、決まってそんな時は大行列。
泣く泣くあきらめていたのですが、こんな機会だからどうしても寄っておきたかったのです。

(本当の事を言うと、お断りした方はお仕事中の時間だし、初対面だしムリにはお願いできないと思って、同じ札幌市内ですが泣く泣く行くのをあきらめたのでした。)

さて、カリー軒。

チームナックスを日に影に応援してきた彼らの心のふるさと的レストラン。

そこのハンバーグは絶品と聞いていたのです。
店内には彼らのスクラップブック、グッズの展示棚があり、彼らのサインをはじめ、訪れた有名人のサインが所狭しと飾ってあります。
(店内は撮影禁止!)

行った目的は当然、ハンバーグなのですが、実は別の目的がありました。

続く


追記を閉じる▲

【2012/07/10 23:05】 | 日本SF大会
トラックバック(0) |
先にSFは嫌いじゃないと書きましたが、むしろ、子供の頃から大好きでした。
古典的なジュール・ベルヌに始まって、小説はあまり読んでいないと言えるかも知れませんが、映画、TVドラマシリーズなどはかなり観た口だと思います。

TVドラマだと円谷プロの特撮シリーズの『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』は夢中で見ていましたし、アンダーソン夫妻の作った『サンダーバード』や『謎の円盤UFO』(これはオープニングナレーションを全て暗記していたほど…)『キャプテン・スカーレット』、『ジョー90』。
当時は『宇宙大作戦』のタイトルだった『スタートレック』。(これはカーク船長や、バルカン星人のミスター・スポックが出てくる第1シリーズを訳も判らず見ていました。)
他にも『タイムトンネル』とかありましたし…、

映画となると、小松左京氏原作の『日本沈没』を始め、東宝の特撮シリーズ『緯度ゼロ大作戦』とか『海底戦艦』、洋物だと『ブレードランナー』、『バトルランナー』、『ターミネーター』などから、古典的な『禁断の惑星』、『SFアンドロメダ』、『バーバレラ』、『猿の惑星』シリーズなどなど。

DSC03822.gif

手元にはこんなDVDも


しかし、年齢を重ねる毎に科学技術が急速に進歩して行き、現実社会とSFとの境界線があいまいになって、新しい技術をふんだんに投じた機械や電子機器が世の中にあふれていき、子供の頃の様な感動がなくなっていました。

映画の世界でも、例えばスパイ映画だったはずの007が宇宙に飛び出してしまい、SF物そのものはアニメや、コメディに占拠される様になっていって、すっかり足が遠のいてしまったのです。

SFが嫌いになったのじゃなく、SFの持つ世界感が変わってきたのじゃないかとも思います。



ところで、『宇宙犬作戦』。

テレビ東京系の深夜枠で放送されたこの番組。
基本路線はSFファンに絶大な人気を誇るスタートレック(宇宙大作戦)のパロディながら、なかなか奥深い作品に仕上がっていました。

出演陣が、以前『ザ・クイズショウ』でも共演した戸次重幸さんと片桐仁さんのコンビ、制作はアットムービーとくれば、やっぱりNACSファンとしては外せないところ。
(逆に言えばこの時点でシゲさん主演で無ければ見なかったかも知れない…汗。)
全編を見終わって、ストーリーも魅力的でしたが、高梨臨さん演じるオハナの可愛らしさに魅了されていました。
更に、こうしたスペースものにはかかせない宇宙船やら、メカやらもあるので、いつか作りたいと願っていたのは事実です。

そんな中、TEAM NACS 5D企画で、戸次さんと片桐仁さんが『totsugi式』で共演するとなると、このフィギュアを作ってプレゼントしたいと願うのも無理からぬ話でしょう。
そんな経緯で『宇宙犬作戦』フィギュアの完成を見た訳です。


続く


追記を閉じる▲

【2012/07/10 22:32】 | 日本SF大会
トラックバック(0) |
そもそも、なぜ日本SF大会に行ったのか。

説明が要りますね。

ま、SFは嫌いじゃないんだけど、ハッキリ言ってマニアとは言えないであろう僕。

その僕がどうしてこの大会に行ったのかと言うと…

すべてはこの方々のせい(おかげ?)なのです。

inu181a.gif

以前、ここのブログで上げた宇宙犬作戦フィギュアの製作記を見た、番組制作に係られた脚本家ますもとたくやさんが、昨年日本SF大会に出席された事に端を発します。
昨年『宇宙犬作戦』は日本SF大会最高の名誉である星雲賞にノミネートされ、惜しくも受賞は逃がしたものの高い評価を受けたそうです。
そして、その場にますもとさんも呼ばれていたそうなのですが、その第2弾をやるという事で、ますもとさんにオファーが来て、たまたま僕のブログを見て喜んでくださった、ますもとさんから僕に来ませんかというお誘いが来たのです。

7月末には家族旅行で北海道行くのだけど、これは別。

それに7月末では行きたいけれども行けない場所に行っておけるかも知れない。

そんなこんなで、行く方向で検討し始めました。


当初、ますもとさんからの提案は

①僕の工房(ったってただの賃貸マンションの一室)を訪問して、フィギュアの製作工程を、ますもとさんが取材してその映像をSF大会で流す。

②僕がその大会に出席して、映像では足りないところ、お客さんからの質問を受ける。

③僕の作ったフィギュアの展示。

④僕の作ったフィギュアを使って、ますもとさんがモーションアニメ風の『宇宙犬作戦2』を作るというものでした。

特に犬作戦ファンとしては④に惹かれましたし、僕の作ったものがお役に立てるならと大歓迎しました。


最初、半信半疑だったのですが、事務局からも連絡が来て、天にも上る思い。

しかしながら、肝心の日本SF大会を知らない僕。


調べました。

今回で51回を数える由緒ある大会だと判りました。

しかし、会の内容がよく判らない。

まあ、ますもとさんも行くだろうから心配ないか。

と軽~く考えていました。


続く


追記を閉じる▲

【2012/07/10 00:13】 | 日本SF大会
トラックバック(0) |
このところすっかり更新も出来ませんでしたが、これが理由でした。

この準備に追われ、とても余裕を持ってブログ更新も出来なかったのです。


怒涛の一週間。

製作に追われ、最後には果たして持ち込めるかどうかさえ危ぶまれた宇宙犬作戦フィギュア。

何とか3セットを完成させ、無事北海道夕張まで遠征してきました。

それにしても夕張は…。

遠かった。


出品するフィギュアが完成したのが、当日の深夜1時すぎ。

慌ててプレゼント用に準備した『部屋クリーン』フィギュア2セット、SFというくくりという事で無理やりぶち込んだ『ライトフライト』フィギュア1体。そして完成したばかりの『宇宙犬作戦』3セットを梱包し、一応全ての準備が終わったのが、なんと2時過ぎ。

更に資料写真をいくつか取り出してUSBメモリーに入れ、着替え、カメラその他の準備がすべて終わったのが、3時半。

飛行機が7時半出発なので、5時半起き…。

2時間しか眠れない。

最悪飛行機で寝られるからまあいいか。

そして、5時半過ぎに起きだして、クルマに荷物を載せ、神戸空港へ。

小雨の降る中、初めて利用するスカイマークのシステムに戸惑いながらも、チェックインを済ませ、壊れるといけないからと機内持ち込みにしたフィギュアの梱包が入った袋とカメラバッグを持って、あまり美味しくもない讃岐うどんを食べて(明らかに僕の作る方が上手いと思った…)手荷物検査を済ませて何とか時間通りに待合ロビー6番ゲートへ。

DSC03757.gif
懐かしい全日空時代のカラーリングが施されたANA機がいました。

到着が9時半だから、荷物受け取りしてレンタカーを借りて、札幌到着は11時過ぎ。

前々からお会いしたかった方を訪ねた上で、カリー軒に行って昼食。13時過ぎに移動して、会場の夕張着が15時。

完璧だ!

頭の中でスケジュールの確認をしつつ、搭乗案内を待つものの一向にアナウンスがない。

おっかしいなぁ。

と思っていたら…。

「スカイマークご利用のお客様にご連絡いたします。7時35分発スカイマーク171便は機材に故障箇所が見つかり修理の為、今しばらく出発が遅れます。」

えっ!!

スケジュールが、 僕の完璧なスケジュールが…


10分か!? 遅れるのは15分か!? それとも30分???


しばらくして再びアナウンスが、

「スカイマークご利用のお客様にご連絡いたします。7時35分発スカイマーク171便は機材交換の為、出発が遅れます。出発予定時刻は9時10分を予定しております。」


1時間45分も遅延って。

どうなる、この旅行。


DSC03759.gif

こいつのせいで…


続く


追記を閉じる▲

【2012/07/09 23:33】 | 日本SF大会
トラックバック(0) |