FC2ブログ
また佐用町に出張に行きました。
佐用町の名物といえばホルモン焼きうどん。

otafuku04.gif
前回は『おにぎりあたためますか』で紹介されていた『一力』に行ってみましたが、今回は別のお店へ。
『お多福』というお店です。

otafuku01.gif

佐用町では町おこしの為に『ホルモン焼きうどん』を大々的にPRしていますが、ここのお店の看板にもTV・JTB『るるぶ』でも紹介される有名店と書かれてありました。
はてさてお味の方は、ここのお店、一般的なホルモンに限らず、いくつかのお肉を組み合わせしたり出来る様です。
メニューに書かれてあった二人前のお奨めメニューにして見ました。
うどん3玉、あばら、豚、ホルモン各一人前の組み合わせで、1920円。

otafuku03.gif

otafuku02.gif

食べてみて思ったけど、僕の好みとしてはホルモンだけの方が良かったみたい。

しかし、満足の焼きうどんでした。


追記を閉じる▲

【2011/04/13 14:32】 | 食べあるき
トラックバック(0) |
会津坂下に仕事で出張しました。
最近のマイブームと言えば、『おにぎりあたためますか』などで紹介されたその地方のお店を訪ねる事。
会津と言えば、近くに日本三大ラーメンのひとつ、喜多方ラーメンで有名な喜多方市があります。
『おにぎりあたためますか』でも紹介されていて、当然、そのお店に行く計画だったのですが…。

bannai01.gif
『おにぎりあたためますか』で紹介されていたのは『まこと食堂』。
調べてみると、まるで香川のうどん屋さんよろしく、朝早く開店し、夕方には閉店してしまうという至って健康的なお店です。
仕事の予定は土日仕事で、月曜日には移動する予定。
夜が駄目ならと、月曜日なら大丈夫かなと調べると

「えっ!?」

月曜休業!!

行ってみたかったなぁ。

おいしそうだったもの…。

仕方が無いので他のお店を調べてみました。

なになに?
『まこと食堂』は喜多方ラーメン御三家と言われている!?

と言う事は他に有名店がふたつはあると言う事だ。

月曜朝から営業のお店を調べると果たしてありました…。

『坂内食堂』

チャーシューが名物の様で、『まこと食堂』の様にラーメンとソースカツ丼の組み合わせと言った裏技は無い様ですが、なかなか評判のお店の様です。
結局、このお店に行く事に決めて、車を走らせました。

場所は市役所の裏!

喜多方市に入ると至る所にラーメン屋さんの看板が立ち並びます。
まるで、ラーメン以外は無いぞと言わんばかり。

喜多方市の中心街は狭くて道も複雑で正直迷いましたが、何とか無事たどり着く事が出来ました。

時間帯によっては行列覚悟の店だそうですが、朝早いこの時間では問題ない様子。

早速、ラーメンを注文。

ネギチャーシューメンを頼みました。

bannai02.gif


魚介系のあっさりしたスープにやや太目の縮れ麺がいい感じ。
なんだかんだと、会津に来て2回もラーメンを食べたにも拘らず、一味違う。
非常においしいラーメンでした。

日本三大ラーメンは一応制覇しましたが、喜多方ラーメンが一番好みかな。
他のラーメンの様に尖ったところが無くて好感が持てるのです。

どこか讃岐うどんに通じるものを感じました。

お土産にラーメンを買って帰って家族に食べさせましたが、おいしいと好評でした。


追記を閉じる▲

【2011/03/02 21:59】 | 食べあるき
トラックバック(0) |
DSC02329.gif

あげうどんを初めて買ったのは、確かまだ高松道が全線開通する前の事でした。
帰省してのUターン中に、府中湖PAの売店で発見し、気になって買ってみたのが初めての事。
袋を開けて食べ始めたところ、不思議なうまさでつい、手が伸びて止まらない。
まだ小さかった娘に渡したところ、食べると手を出して催促されました。

意外なうまさと、リーズナブルな価格に会社の土産に買ったところ大好評。

女房の友人にプレゼントしたら、彼女のお姉さんがすっかりハマッてしまい、その後箱買いしたそうです。

最近は自分用に買う事は少なくなりましたが、今回の怒涛の四国ツアーで同行したミリィさんご夫妻に出したところ、やはり魔力のスナック。

「やばい、やばい…。」

と言いつつも、手が伸びていました。

妙にハマッてしまうんです。このお菓子。

DSC02330.gif


追記を閉じる▲

【2010/10/21 23:29】 | 食べあるき
トラックバック(0) |
piccoro003.gif


大阪キタでカレーと言えば『ピッコロ』です。

まあ、他にカレー屋さんが無い訳ではないのですが…
大阪キタといえばJR大阪駅を中心としたエリアを指しますが、昔から大阪キタに出かけてカレーを食べたくなったら大抵『ピッコロ』に行っていました。
(時間的な余裕が無い場合には『サンマルコ』なんてのもありですが…)

ここの本店。
大阪梅田の地下街、ホワイティ梅田にあり、JR大阪駅、地下鉄御堂筋線梅田駅、阪急梅田駅に囲まれた一角にあります。
とにかく小さい店で、席数はカウンターの6席のみ。
昼食時には並ばなければならないことも多くて、最近は、もっぱら持ち帰りです。

ここ最近改装されて随分と綺麗になりましたが、昔はすぐ横には公衆トイレに入る通路があって、中のお客が食べ終わるまで、トイレの通路の脇でじっと待たねばなりませんでした。

チームナックスのカレー王子こと、音尾琢真さんが大阪に来る度に立ち寄っているのは知っていたのですが、先日「スリーベルズ」の公演で大阪に来た早々に行っていたので、僕も「スリーベルズ」観劇後、つい触発されて買って帰りました。

ここのカレーは2種類で、ビーフカレーとチキンカレーが昔からの定番です。
(今は、ハヤシライスやシーフードカレーもあるようですが…)
どちらも大きなお肉の塊が入っていて、じっくり煮込まれた濃厚な味わいが魅力です。

最近は各地に支店が出来、僕の住む西宮の阪急西宮ガーデンズにも支店があって、昔よりは身近になりました。

改装されてからは中で食べた事が無いので、どうなっているのか判りませんが、昔はカレーを頼むと、ごはんとは別にカレールーのみが入った深皿が出てきて、突合せにサラダと3種のピクルス(白菜とラッキョウ、きゅうり)が付いてきました。

当時、ラッキョウは食べられなかったのですが、学生時代貧乏だったし、ここのカレーはビーフカレー1000円、チキンカレーが900円していたので、残すのも悔しくて、食べたところ、その美味しさにすっかりハマッた思い出があります。
正直ここのラッキョウは小粒でしかも美味しいと思います。

今日は、ビーフカレーの大盛を持ち帰り。
美味しかった。

piccoro001.gif

piccoro002.gif


追記を閉じる▲

【2010/09/12 23:02】 | 食べあるき
トラックバック(0) |
rosyouki01.gif


僕にとって、神戸の食べ物店と言えば、神戸元町5丁目の豚饅頭 老祥紀です。
神戸の中華街である南京町にも同名の老祥記(字が一字異なります。)があるのですが、僕にとってはあくまで、元町5丁目の老祥紀こそが神戸元祖の豚饅頭です。
近頃は女房に頼んで買って来て貰ってばかりで、お店のほうにはすっかりご無沙汰と言う事が多いのですが、不思議と友人が神戸に来た際には連れて行く事の多いお店です。

最近、娘と神戸に遊びに行った際、久々に立ち寄ってきました。

僕が神戸に出て来た頃から食べに行っていますから、既に四半世紀になります。
先代のご主人がお元気だった頃からの馴染みのお店。
実は女房と知り合うよりも前からのおつき合いになります。

おかげで結婚して、娘が出来て、その娘の成長ぶりも知ってくれているそんなお店です。

ここの豚饅頭の特徴はなんといっても昔ながらの手作りの皮。
一般に売られているいわゆる豚まんの皮は単なる蒸しパンですが、ここ老祥紀の豚饅頭の皮は、中華料理の手法を頑なに守っていて歯ごたえがあって、とても美味しいのです。

rosyouki02.gif


神戸南京街の老祥記は、遠縁の親戚には当たるそうなのですが、先代のご主人に聴いた話だと商売の考え方の差で仲たがいしたとの事。
南京街の老祥記ではセイロがひとつで、お客さんは豚饅頭を買う為に店の前に行列を作って並んで待たねばなりません。
それも宣伝になるから良いのだと言うのが、南京街のご主人の主張ですが、元町5丁目のご主人はお客さんに喜んでもらってなんぼだ!と、セイロもふたつで待つ事はありません。
南京街は周りに中華料理店も沢山あって賑やかなのですが、やはり観光客向けです。
行列も観光の内だから好いのでしょうけど…。

やっぱり地元に住んでいる人間としては、5丁目の老祥紀を秘かに応援してしまいます。

また、あくまで個人的な感想ですが、南京街老祥記の豚饅頭は、蒸し時間が短いからか、皮が固くて中の具となじんでいない様な気が僕はしています。

娘も小さい頃からの老祥紀の豚饅頭の大ファンなのですが、まだ2~3歳の幼い頃、老祥紀で豚饅頭を買って帰った際、女房の持つ豚饅頭の包みに鼻を近づけて「いい匂い…。」と言ってたのがかわいくて、カメラを持っていれば写真に撮りたい風景だったと最近、弟に聞かされました。
DSC01167.gif


僕にとっての神戸の味。
それはやっぱり、老祥紀の豚饅頭なのでした。


追記を閉じる▲

【2010/08/30 22:16】 | 食べあるき
トラックバック(0) |